新着トピックス

2007年08月30日

色と戯れて・・・

co-fuque-070830-1.jpg

MAKI EMOTO@co-fuque cafe
タグ:co-fuque
posted by MusiCafe♪ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花・ハナ・はな

co-fuque-070830-2.jpg

MAKI EMOTO@co-fuque cafe
posted by MusiCafe♪ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOINT ADVENTURE2/Port of Notes

Joint Adventure 2
Joint Adventure 2


 Port of Notesの『JOINT ADVENTURE2』を紹介します。


続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

TUZUMI CAFE #03@カフェサロウ

 TUZUMI DENIMさんの新しいカフェプロジェクトとしてこの7月から始動した『TUZUMI CAFE 』。

 ロカリテさんでの#01、ミドリカフェさんでの#02に引き続き、3回シリーズのトリとなる9月は元町のカフェサロウさんで開催されます。

 TUZUMI DENIMさんがセレクトした居心地のいい空間(カフェ)で、お気に入りのカレーと、お気に入りの音楽と、お気に入りのデニムを楽しめる、月に1度の限定カフェ。毎回定員を超える申し込みがある人気のイベントだそうですよ(ミドリカフェさんでは立ち見枠まで!)。

 今回も、音楽、デニムと共にカフェオリジナルのカレーが用意されています。カフェサロウさん特製カレーは4種類の豆を使った”豆のカレー”ヘルシーで、エスニックな雰囲気がたっぷりですね。

 ご予約はお早めに!


TUZUMI CAFE #03@カフェサロウ〜夜長月、月待ち

日時:2007年9月8日(土)18時30分
場所:カフェサロウ
   神戸市中央区中山手通5丁目1-21
    078-360-5310
料金:\2,500(要予約) *カレー・コーヒー・ライブが含まれます
定員:20名
予約、詳細はコチラ
タグ:ライブ

2007年08月28日

RollMadu<ロールマディ>(梅田 カフェ)

rollmadu-out2.jpg

 今日は西梅田のハービスエント地下2階にあるロールケーキが楽しめるカフェ、RollMadu<ロールマディ>をご紹介します。

 梅田地下道の四つ橋線西梅田駅から直結という好立地にあるRollMadu<ロールマディ>は平日のランチも人気で外に待つ人もいるぐらいです。店内手前のショーケースの中に並んでいるロールケーキを「いつかは食べてみたい♪」と思いながら通り過ぎた・・・なんて方も多いのでは(笑)

rollmadu-cakes.jpg

 実際に入店してみると、やはりその種類の多さにビックリ。
シンプルなものから、嗜好をこらしたものまでこれですぐに選べる人は逆に凄いかも〜

rollmadu-cake1.jpg

 こちらは「レアチーズ」
雪のように白いかわいいロールケーキはしっかりとレアチーズフレーバー。

rollmadu-cake2.jpg

 こちらは「テ・プランタン」
紅茶シフォンのようなふわふわ生地にいちごが爽やかな味わい。甘すぎず、とても食べやすかったです。

rollmadu-tea.jpg

 ケーキには紅茶をと頼んでみましたが、ティーバックなのにはちょっとガッカリ・・・お客さんが多いのは分かるのですが、せっかくなら紅茶にもこだわってほしかったような。

rollmadu-in2.jpg

 スタイリッシュな雰囲気とオレンジの色があざやかなチェアーなどちょっと非日常空間っぽく、近隣のビジネスマンやOLさんからはービスエントで観劇帰りのお客さんまでかなりの人気店のよう。

 ロールケーキ好きの方は一度行ってみると楽しめますよ。

RollMadu<ロールマディ>

■住所 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT B2F
■電話 06-6346-4877
■営業時間 10:30〜22:30(ロールケーキは売り切れ次第終了)
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリー

postcardmuseum-0709-1.JPG

 今日は、9月7、8、9日の3日間王子公園で行われるポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーをご紹介します。

 先日ひとひさんの個展でお会いしたアーティストのホシスミさん(詳しくはアーティストリンクからどうぞ♪)から直々にご紹介いただいたイベント。
ホシスミさんとKonisystem.というブランド名で幅広い制作活動を行っている小西雅さんが中心となって関西の若手アーティストさんを集めたポストカードミュージアムは、このタイトルとなってからは今年で3回目。春に六甲アイランドで行われたMuseum Partyに参加したアーティストさんも多数で、アート好きには見逃せませんね。

 ポストカード販売に加え、終日のブース展示には、ふじたなおこさん白谷若菜さん夕子さん、ホシスミさん&KonisystemさんなどMusicafeでもご紹介したアーティストさんがズラリ!どんな楽しいことが起こるのか、今から楽しみです♪

 アートパフォーマンスのイベントも魅力的!(スケジュール変更の可能性あり)
■じゅんこのさらさらライブ
 ・9日(日)14:00〜 1時間程度
  好きな文字をあなたのイメージに合わせてさらさら書いてくれます。先着10名プレゼント!

■ふじたなおこのちいさな絵本ライブ
 ・8日(土)13:00〜

■未来人、夕子の似顔絵コーナー
 ・8日(土)、9日(日)
  萬福社おっちいの子孫、夕子があなたの似顔絵を書きます。1枚500円〜


postcardmuseum-0709-2.JPG

 さて、今回はちょうど同じ時期(9/5-9/9)に『みやび流押絵120周年展』が同じく原田の森ギャラリー本館2階大展示室で開催されています。
Konisystemこと小西雅さんのご実家でもある伝統のあるみやび流押絵、日頃なかなか目にすることのない和の芸術も堪能できそうで、こちらも楽しみですね。

 暑さは厳しくても、芸術の秋を一足早く堪能できそうなオススメイベントですよ♪


ポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリー

日時 2007年9月7日(金)〜9日(日) 11:00-18:00(最終日は17:00まで) 入場無料
場所 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー 西館3階展示室
    神戸市灘区原田通3-8-30
    п@078-801-1591
    HPはコチラ

イベント詳細はコチラ
タグ:イベント

2007年08月24日

『しろくまフェス!07』〜第五話 海がみえるから夏フェス気分♪ @パンゲア

shirokuma_fes_07.gif

 今日は、明日25日に行われるライブイベント『しろくまフェス!07』〜第五話 海がみえるから夏フェス気分♪ @パンゲアをご紹介します♪

 先日、本町のroundishにて個展を開いた様子をご紹介した女子7人の楽団『リュクサンブール公園』さんが主催している白くまシリーズ。
5月に奈良のカナカナで行われた『しろくま遠足』〜第4話 楽しや奈良の旅に続いて、今回は場所を海の見える堺のカフェ、パンゲアに移して夏らしい弾けたイベントが行われます。

 ライブの演奏者の中で必見と個展のときに教えていただいたのが、名古屋から参加のaICHI(アイチ)さん。一人でスティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、ピアニカ、風船、声・・・と使いきるパフォーマンスの凄さと、投影機を使って視覚的にも幻想的な空間を作り上げるオリジナリティーがその魅力だそうです。
かなり気になるアーティストさんですね。

 他にも、紙切り似顔絵コーナーや占いコーナーなど、ライブもイベントも楽しめてしまう楽しいお祭り。
もちろんリュクサンブール公園さんの生演奏もありますので、ご興味ある方は是非覗いてみてくださいね!


『しろくまフェス!07』〜第五話 海がみえるから夏フェス気分♪ @パンゲア

開催日時:2007年8月25日(土)16:00〜22:00
    (LIVE18:30〜)
     リュクサンブール公園、LinaLina、Rustic pans、aICHI
料金:(LIVE)前売 3500yen 当日4000yen(1drink付)
場所:パンゲア
    堺市堺区戎島町5-9
    TEL:072-222-0024
    HPはコチラ
予約、問い合わせ:パンゲアinfo@pangea-sein.com

イベント詳細はコチラ 


2007年08月23日

こうしまたかえ展『カエルヨ、テネ』@cafe nino

nino-070801.JPG

 今日は、新町のcafe ninoで現在開催されているこうしまたかえ展『カエルヨ、テネ』@cafe ninoをご紹介します。

cafe nino-blackboard.jpg

 店内入って左手の大きな黒板にはこうしまたかえさん自筆のメッセージとイラストが。

cafe nino-takae-koshima2.jpg

 この1月にはco-fuque cafeにて『ヨシヨシ展』を開催したこうしまたかえさん。あのときも、co-fuque cafeの雰囲気にマッチして私のお気に入りの展覧会の一つとなっているのですが、このcafe ninoのコンクリート打ちっぱなしの壁にも、究極にシンプルで、色鮮やかな絵がよく映えます。

 展覧会場では、今回の『カエルヨ、テネ』をはじめ、今までこうしまたかえさんが作ってきた絵本も展示され、自由に見ることができますよ。人物と背景とのバランスの絶妙さは今回も健在。
残り少なくなりましたが、まだ間に合いますよ。落ち着けるcafe ninoでゆっくりと絵本を手に取る時間、ちょっとした贅沢ですね。
 

こうしまたかえ展『カエルヨ、テネ』@cafe nino

期間:2007年8月1日(水)〜9月1日(土) 平日12:00-24:00頃
                    土曜15:00-24:00頃
   *日、祝日、4-6日、12-15日は休みです。
場所:cafe nino
    大阪市西区新町1-8-1諏訪ビル1階
    電話 06-6531-0789
タグ:展覧会

2007年08月22日

cafe nino<カフェ ニノ>(新町 カフェ)

cafe nino-out 2.jpg

 今日は、新町にあるcafe nino<カフェ ニノ>をご紹介します。

 一歩大通りに出れば、昼時になるとサラリーマンやOLで賑わうオフィス街でもある新町ですが、一本中に入っただけで人もまばらになり、シンプルだけどかわいらしい扉が・・・

cafe nino-in1.jpg

 店内は、外の喧騒とは裏腹にこれだけ静かな場所があるのかというぐらい、とても落ち着ける空間。BGMのボサノバを聞きながらおうち感覚でくつろげます。店内奥にはカウンター席があり、昼でもライトダウンしているので、隠れ家的な雰囲気もたっぷり。

cafe nino-sand.jpg

 ランチでいただいたサンドは、サーモンやクリームチーズがたっぷり入ったベーグルサンド¥600 ボリュームもあり美味しかったです。

cafe nino-in2.jpg

 店内入ってすぐのソファー席にすわって、窓側からの光を眺めながら、壁面の棚にある本(マンガ本も豊富にありますよ!)やテーブルに置かれているグルメ本を読んでいると、自分がどこにいるのか忘れてしまうぐらい(笑)。

 都会の隠れ家、オアシスとして、とてもゆっくりと過ごせるカフェですよ。


cafe nino

■住所 大阪市西区新町1-8-1諏訪ビル1階
■電話 06-6531-0789
■営業時間 平日12:00-24:00頃、土曜15:00-24:00頃
■定休日 日曜、祝日
■その日のBGM ボサノバ他
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

本当は常連になりたいんです♪〜100店訪問して・・・後編

 さて、後編はまだ1、2度しか行ったことがないけれど、その1杯に魅せられて常連になりたいぐらい気に入っているお店をピックアップ♪またきっと足を運びたいとの想いを込めて、その魅力を語るとすれば・・・

●御多福珈琲
オタフク-coffee1.jpg
 百万遍の手作り市からスタートした御多福珈琲さん。毎月15日の手作り市に外で飲む淹れたてのコーヒーも美味しいですが、カウンターでマスターや奥様のたぬきちさん、同じくカウンターに集う常連さんたちと楽しく話をしながら飲むコーヒーも美味しいです。クセがなく、ほどよい酸味と深みのある味は個人的にもかなりのお気に入り。
「当店自慢のブレンドコーヒー♪」のために通うファンの一人となりたいですね。

●Casa La PAVONI<カーサ・ラ・パボーニ>
pavoni-coffee1.jpg
 多数の文人にも愛された夙川の老舗喫茶店『PAVONI』を北新地の地に蘇らせたオーナーひでのさんがとても魅力的。悩みでも何でも相談できそうな懐の深さの持ち主です。立杭焼の丸みを帯びたコーヒーカップにたっぷり注がれたコーヒーは、落ち着いた雰囲気の中、あ〜美味しい!と思えます。

●喫茶月森
月森-coffee1jpg.jpg
 凛とした雰囲気の中で流れるBGMの「バイエル」のピアノがお店の雰囲気とぴったり合って、とても懐かしく癒されます。
こちらのコーヒーは、なかなか出会えないぐらいしっかりとした味。オーナーさんの好みでしっかりめにブレンドしてもらっているのだとか。このコーヒーと、評判のドーナツを次は是非♪

●CENTRAL BANCO<セントラルバンコ>
centralbanco-capptutino1.jpg
 とにかくカプチーノの泡がふわっふわっなのは感動モノ。
注文時に砂糖の量をお客様に聞くのも、後から砂糖を入れて泡がつぶれてしまわないようにというこだわりが。カプチーノを飲むなら迷わずココ!とオススメのお店です♪

●Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>
repos de midi-table.jpg
 つい最近の訪問ながら、一目ぼれ状態(笑)
本当にくつろげる椅子と、家の雰囲気がたまらなくいいです。
秋になると、庭の七輪で自家焙煎するというコーヒーを是非飲みたい!そして手土産にマイ手ぬぐいを買って帰りたいような、ココロにカラダに地球に優しいお店。足を伸ばしてでも通いたいな。


 たくさんのお店との出会いの中で、いろんなことを感じてお伝えしてきました。Musicafeはバーチャルなカフェですが、お店がいつでもその場所で営みを続けているように、このWebという場所で立ち寄りたくなったら、いつでも何かに出会えるようなコンテンツを少しずつでもアップし続けていけたら・・・そう思っています。

 コメント、TBとも大歓迎ですので、気軽に書き込みしてみて下さいね。
posted by MusiCafe♪ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

だから通いたくなるのです〜100店訪問して・・・前編

 先日の『Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>』さんの記事で、ちょうどShop Indexに100件の名前が並ぶことになりました。サイトが始まってから1年半ぐらいの間に訪れたこれらのお店のことを思い返していくうちに、Musicafeなりに感じたことを少し綴ってみたいと思います。

 前編は「何度も足を運ぶようになったお店」。
日頃当サイトを愛読してくださっている方ならお気づきかもしれませんが、最初の来店時の記事はcafe【地名】のカテゴリーに分類、2度目以降の訪問はDiaryとしてそのとき食べたメニューであったり、お店のスタッフやオーナーさんとお話したことなどを書いています。

 カフェでお茶をするだけから、いろいろな楽しみ方や他分野への視野を広げてくれたお店たち、Musicafeからのリスペクトも込めて、そのお店の魅力をお伝えするとするならば・・・

●co-fuque cafe
cofuque-sunset2.jpg
 シンガーソングライター秋山羊子さんのCDを関西で販売しているカフェという出会いから始まったコフクさん。
 同カフェのヘビーローテーション『ふちがみとふなと』さんとの出会いや、様々な作家さんの作品とも出会える、好奇心が刺激されるお店です。また、何度でも食べたくなる絶品スイーツや、居心地のいいまったりとした雰囲気、多趣味で奥の深いオーナーまりさんとのトークなどでいつも長居させてもらってます(笑)

●甜蜜蜜
tim-12.jpg
 初来店で目から鱗だった甜蜜蜜さん。あれから随分カフェを訪れても、その感動は失われることはありません。一人でゆっくりとおいしい香港スイーツを楽しみたい、ちょっとした非日常を味わわせてくれる空間はやはり唯一無比。最近でこそマンゴばやりで、どこでもマンゴプリンが食べられるようになりましたが、こちらのマンゴプリンは最高です♪

●一日(ひとひ)
hitohi2.jpg
 手軽に飲める日本茶は多々ありますが、本当においしい日本茶を飲めるというのがとても嬉しい。夏の冷茶は、感動的なおいしさでした。どんどんパワーアップする各種イベントや展覧会、様々なうんちくを持つオーナー遠城さんとお話するのも楽しく、Musicafeにとってもいい刺激になっています♪

●ミドリカフェ
midori-out2.jpg
 とてもくつろげる雰囲気と、チームマイナス6%に参加するなどの環境活動にも熱心なオーガニックカフェ。カラダにやさしいメニューは食べても美味しく、食の安全などへの意識も高まります。紹介するだけで参加できていないのが残念なのですが、いつも独自の視点でのイベントを手がけ、キャンドルナイトなども積極的に行っておられる姿勢が素晴らしいですね。
 そして、音楽のセンスも抜群!よく聞いてみると結構面白い通好みの曲がかかっていて、かつて選曲していただいた曲は今だにかなりのお気に入りです。

●yuddy(ヨディ)
yuddy-tana2.jpg
 開店当初からお気に入りのカフェ。そのゆっくりとくつろげる雰囲気と季節ごとの新作スイーツについついリピートしたくなります。
 そして、こちらのBGMもかなりこだわりがあり、最初はジャズ系が中心かと思いきや、シャンソンだったりとかなり幅広い分野の音楽をも網羅しながら、ほどよいボリュームでさりげなく耳をも楽しませてくれる選曲センスが素晴らしいです。

 
「Musicafe♪1st Anniversary CD 」作成に、快くご協力いただいたこの5つのカフェは、どんどんと魅力を増してパワーアップしています。雑誌にもよく掲載され、こちらで紹介するまでもなく人気の高いお店ばかりなのですが、実際に行かなければ分からないお店の魅力、変化していく姿をこれからも伝え続けていきたいと思える素敵なカフェです。

 トップ画像下のタグからも、今までのそれぞれのカフェの記事が検索できますので、どれだけ通ったかご興味あれば是非ご覧下さい(笑)

 
posted by MusiCafe♪ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

IORhythm(イオリズム)@雲州堂&ma-ma trio Live Report

diningiori-sign.jpg

 昨日ご紹介したイベントスペース『雲州堂』では、毎週木曜日の19:30から投げ銭制の入場無料ライブが行われています。

 IORhythm(イオリズム)と呼ばれるライブは、毎回2組の様々なジャンルや経歴のアーティストたちが登場し、かなり見ごたえがあります。そんなラインナップの中で8月2日に登場したのがトランペット、フリューゲルホルン奏者の道下克己さんが2002年に結成したma-ma trioさん。

 ライブが始まると、かわいいお嬢さんがステージの上に♪
それだけでもなんだかほんわかな雰囲気がする中で、時には抱っこしながら歌うのはバンマスであり、お嬢さんのママであるma-maさん。

 ライブが始まる前に、道下氏から娘を抱っこして歌うときと、そうでないときとは歌声が違うと言われたとの話を伺ったのですが、まさに抱っこをしているときは、母のオーラに包まれた子守唄のような歌声、ゆるやかに音を出す小道具(貝殻)がとても穏やかな気持ちにさせてくれます。

 子どもがステージを降りてからは、ラテンの香り漂うパンチの効いた『ヘイ!カフェイン』などで聞く者を圧倒!太陽のようなおおらかさと、ゴスペルを歌っておられただけあるパワフルボイスにいつの間にか引き込まれていきました。

 お嬢さんと一緒にステージに立つことで、もっと魅力的なボーカルを披露してくれたma-maさん。今後がとても楽しみな素敵なシンガーです。

 そして、バンマスを支えるギターの高橋さんとトランペットの道下さんの二人の演奏ももちろんバッチリ。心がほっとするぽんわか音楽は、雲州堂の落ち着いた雰囲気にぴったり馴染んで、充実したライブを堪能できました。

演奏曲

トリコロールの空
ラム
おんぶ
so far
みつめあう二人
ヘイ!カフェイン
銀ちゃんのラブレター(カバー)
サイダー
消えるかな?
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

dining『IOR?I』&雲州堂(北浜 カフェダイニング、イベントスペース)

diningiori-out.jpg

 今日は北浜にあるカフェダイニング、イベントスペースのdining『IOR?I』&雲州堂をご紹介します。

 北浜駅から難波橋を渡り徒歩5分強のところにあるのは築百年のそろばん問屋の蔵を改装してできた、隠れ家的空間。

 細い石畳の奥には居心地のよいカフェダイニングが広がります。

diningiori-harumaki.jpg

 昼はカフェメニュー、夜は飲むのにピッタリのお料理(こちらは生春巻き)なども充実しています。

雲州堂-sign0805 (7).jpg

 ちょっとしっかり食べたい人には特製のカレーがオススメ。
リーズナブルながら、かなりしっかりとした食べ応えがあり、スパイシーさも大人フレーバー♪

雲州堂-sign0805 (2).jpg

 このdining『IOR?I』からドア一つ向こうに広がる空間が、イベントスペースの『雲州堂』。
各種ライブや毎週木曜の同店オリジナルライブシリーズ『IORhythm<イオリズム>』もこちらで楽しむことができます。

ライブ前の食事も楽しめるようにテーブルの置かれた、昔の家の土間のような空間は、40名も入ればいっぱいになるようなとてもアットホームな雰囲気。興味深いライブやイベントが行われているので要チェックですね♪

雲州堂-sign0805 (6).jpg

 『雲州堂』の壁面には、カフェやインディーズなどで活躍しているミュージシャンたちのCDがずらり。視聴や購買も可能です。

 隠れ家好きにも音楽好きにもうれしい、大人の空間を提供してくれるdining『IOR?I』&雲州堂。かなりオススメですね。


dining『IOR?I』&雲州堂

■住所 大阪市北区菅原町7-2
■電話 06-6361-3964
■営業時間 11:30〜14:00(土.日.祝〜15:00)
      18:00〜24:00(日祝は23:00)    
■定休日 毎月第3月曜
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>(枚方公園 カフェ、雑貨)

repos de midi-out.jpg

 今日は枚方公園にあるとても和めるカフェ、雑貨Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>をご紹介します♪

 ひらぱーの最寄り駅となっている京阪枚方公園駅の北側には江戸時代、東海道56番目の宿場町であった「枚方宿」地区があり、その名残を残す建物なども見られます。Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>も古い町屋を改装し、この3月に誕生したばかりのお店です。

repos de midi-in1.jpg

 まずは玄関でスリッパに履き替えます。左手が雑貨、右手がカフェ。履き心地のいいスリッパでお家へ上がっただけでも不思議とリラックス気分になれますね。

repos de midi-in2.jpg

 昔懐かしい風情の部屋には、アンティークながらそれぞれ違った形のソファーやテーブルが置かれ、オーナーさんのセンスを感じます。
どれをとっても座り心地がとてもよく、お店のゆったりとした空気とオーナーさんが自らセレクトしたという笛やギターなどのBGMに包まれてうたた寝してしまうぐらい・・・(笑)

repos de midi-table.jpg

 各テーブルの上に置かれているのは、呼び鈴。
メニューと一緒に手拭用の手ぬぐいを持ってきてくれます。
「ゆっくりしていって下さいね。」との一言に、ここはゆっくりとくつろいでいいお店なんだな〜と思わずうれしくなりました。
雰囲気からでもそれは充分に感じ取れるのですが、一言添えてもらうだけで「気兼ねなく」ゆっくりしようと思えますよね。

repos de midi-cake.jpg

 「ゴマ風味のしっとりとしたチーズケーキ」をいただきました。
他にもロールケーキなどがあっておいしそうだったのですが、やはりゴマが好きなので・・・
ドリンクメニューには昔懐かしいラムネも。
本当にラムネを飲むのがぴったりのお店。中庭を眺めながら、縁側の席でラムネを飲んで・・・と忘れていた子どもの頃のゆったりした時間が戻ってきそうな場所です。

repos de midi-zakka1.jpg

 雑貨も様々な種類のものが置かれていながら、どこか統一感があるのはさすが。オリジナルエコバック(¥400)もお店のかわいいロゴを一つ一つにオーナーさん自ら印刷した一点ものです。

repos de midi-zakka2.jpg

 アンティークな食器棚にはレトロなものから作家ものまで、ゆっくりとお気に入りを探したい空間。

repos de midi-zakka3.jpg

 さきほど登場した手ぬぐいも、様々な柄のものが販売されています。タオルでもハンカチでもない”手ぬぐい”。使う機会がなさそうですが、おうちで普段遣いにこんなかわいい柄なら持ってみたいですよね。

 こちらのオーナーさんは、元はインテリア関係のお店を経営していたバリバリのキャリアウーマン。カフェでお茶をすることすらほとんどなかったそうですが、仕事を辞めて田舎へ戻ってゆったりとした時間の中で改めてやりたいことが浮かんできたそう。

 現在のお店となる家を見つけたときにここで店をと決めてからは、日頃忙しくしている人が、ちょっとゆっくりとした時間をすごせる場所を作りたいとの思いで店作りをされたそうです。

 ランチをすると忙しくなって、自分の忙しい様子がお客さんに伝わってしまうと、あえてお茶だけのメニューにしたというオーナーさん。ここまで徹底してお客さんの居心地の良さを追求されているお店はなかなかないのではと、お話を聞きながら(とても気さくなオーナーさんなので、笑)素敵な店との出会いにこちらもほっこり気分となり、くつろいだ時間をすごせました。

 くしくもMusicafe♪紹介店舗100店目となったRepos de midi<ルポ・デ・ミディ>さん。キリのいいときに、足を伸ばしてでもオススメしたいお店を紹介できて、この出会いに感謝です。


Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>

■住所 枚方市堤町10-12
■電話 072-843-1525
■営業時間 11:00-18:00
■定休日 日、月曜日(五六市の日<毎月第2日曜日>は営業)
■その日のBGM 店長セレクトのオリジナルコンピレーション夏バージョン
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

PURUNIMA<プルニマ>(難波 インド料理、バー) 

purunima-sign.jpg

 今日は難波の隠れ家インド料理、バーPURUNIMA<プルニマ>をご紹介します。

 キタではインド料理も食べることができ、カフェづかいもできるといえばカンテ・グランデなどが有名ですが、本格的な美味しいインド料理を食べることができ、使い勝手がいい隠れ家とうれしいキーワードがたくさん並ぶ、食通に人気のお店が難波にあるのです♪

 地下鉄難波駅25番出口を出て南へ、スポタカの角を曲がるとこの看板が目印。ビルの3階にあるのがPURUNIMA<プルニマ>です。

purunima-in1.jpg

 店内は、インドの雰囲気はありながらも、落ち着ける感じ。
駅から近いのですが、穴場的な雰囲気がいいですね〜

purunima-lunch.jpg

 ランチは¥650のカレー(サラダ、ドリンク付)からとかなりリーズナブル。でもとてもボリュームがあります。
私はカレー1品(種類や辛さが選べますよ)、サラダ、ナン、ドリンクが付いたトラサセット¥700
まだライトなタイプのセットながら、ナンがとても大きくて美味しく、ナン好きなら堪能すること間違いなし!

 タンドリーチキンやアイスクリーム、カレーがもう一品ついて¥980のプルニマランチなどで普通は満腹になれるでしょうね(笑)
このボリューム、価格、味ならキタから足を運んででもミナミまで食べに来たくなる気持ちがわかります(そういう常連さんも多いそうですよ♪)

purunima-russi.jpg

 選べる飲み物は冷たいラッシー!甘すぎず、さっぱりした酸味が暑い夏にはピッタリです。
ランチは17時までというのもうれしいし、もちろんケーキなどのカフェメニューもあり、ランチからカフェづかい、夜はバーとしてかなり使えるなという印象です。

 美味しいインド料理が食べたい!と思ったら、是非足を運んでみて下さいね♪
 

PURUNIMA<プルニマ>

■住所 大阪市中央区西心斎橋2−5−2 アークコート3F
■電話 06-6211-5772
■営業時間 11:30〜23:00(ランチ〜17:00まで)
■定休日 なし(年末年始は除く)
■その日のBGM インド音楽
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

Lua e Sol/首里フジコ

Lua e Sol
Lua e Sol


首里フジコの『Lua e Sol』をご紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

抹茶好きにはたまらない夏のデザート、冷やし抹茶クリームあずき@yuddy

yuddy-maccha anmitsu.jpg

 岡本の和スイーツカフェyuddyのオーナー、Rachelさんのブログ(サイドバー、shop店長ブログからどうぞ♪)で新作スイーツと紹介され、夏の定番人気yuddyパフェをさておき食べたかったのが冷やし抹茶クリームあずき。yuddyの抹茶へのこだわりは抹茶ガトーショコラで実証済み(笑)おまけに、自信作の手作り寒天、あんこまで添えてあればもうメニューに迷う必要もありませんぴかぴか(新しい)

 冷たい抹茶の中に浮かぶはもちもちの白玉団子♪寒天のプリプリ感もすべてが甘さ控えめで暑い夏にこそ食べたい!と思うような大人のデザート。本当に上品なスイーツでセンスを感じますね。

yuddy-chinesetea 0707.jpg

 セットとなるお茶は台湾分散包種。
発行方法が緑茶と同じというこの中国茶は緑茶に似たすっきりとした味わい。5月仕入れのニューフェイスです。中国茶初心者でも違和感なくいただけ、もちろんお湯もお替わり自由。

 日本人に生まれてよかった♪と思うような大人の和スイーツ。
是非、堪能していただきたいオススメデザートですね。

posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

vol.30 BulPanchino<ブルパンキーノ>

blupanchino-sign.jpg

ひとこと:木の額縁のようなちょっと無骨な看板。素朴な雰囲気がイイ♪
*2007年7月22日に三宮での営業を終了、神戸市西区の伊川谷に移転されました。
posted by MusiCafe♪ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう Live Report

雲州堂-sign0805.jpg

 今日は北浜の雲州堂で行われたぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう Live Reportをお届けします。

雲州堂-bokusukisign.jpg

 歴史あるそろばんメーカー雲州堂の倉庫だった蔵を改造したイベントスペースである雲州堂はとても落ち着ける空間。前回の中寺ハウスとは違い、ステージ上からのレクチャー&ライブ。

雲州堂-sign0805 (5).jpg

 前半はトランペット、フリューゲルホルンの道下克己氏とピアノの田村文利氏によるレクチャー&ライブ。

雲州堂-sign0805 (8).jpg

 今回は楽譜や歌詞などのレジュメまで用意されかなり本格的!ジャズのスタンダードである『My funny valentine』が、ずっと自分の彼氏がぶっさいくであると散々に言っている(もちろん最後は「そのままのあなたでいて〜」と盛り上がるのですが、笑)だとか、これまたスタンダードといえる『Fly me to the moon』は最初別の題名で全く売れなかったけれど、アポロ計画が行われている頃にこの題名に変えて大ヒットしたといったジャズトリビアなどが次々登場。
まだまだ語り足りないと名残惜しそうな田村氏と進行役の道下氏との掛け合いがなかなか楽しい。もちろん二人の息のあったジャズの演奏は本当に惚れ惚れします♪

 後半は今回のゲストで、道下氏とトリオを結成しているボーカルma-maさんが登場(詳しい情報はサイドバーのアーティストリンクからどうぞ)!
『雨に濡れても』をma-maさんのインスピレーションで作った詞に乗せて伸びやかに熱唱。訳詩ではないma-maさんの感性溢れる詞に感動した道下氏がライブでしか披露できないと今回の企画に組み入れたのだとか。とても貴重な機会です。

 手話のようなジェスチャーを交えながらその歌声とパフォーマンスで聞いている者を魅了していくma-maさんのボーカル。その迫力は鳥肌ものでした。身近な言葉でやさしく語られるというジャズがとても新鮮!そしてアンコールの『やさしさに包まれたなら』にもma-maさん流のアレンジが入り、全く別の歌、まさに彼女の持ち歌のようにとても新鮮でソウルフルな雰囲気が目から鱗でした。

 トークは控えめでライブ重視となった今回の『ぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう』。
リラックスしてジャズのうんちくや生演奏を楽しむというコンセプトが雲州堂の雰囲気ともマッチして、とても素敵なライブとなりました。


演奏曲

1.There is no greater love.
2.My funny valentine.
3.Summer time.
4.I'll close my eyes.
5.Raindrops keep fallin' on my head.
6.Fly me to the moon.
7.The nearness of you.
8.Alleluhah
アンコール やさしさに包まれたなら
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

indigo jam unit×SIBERIAN-NEWSPAPER Live@cafe Fish!

cafefish-0808.JPG

 今日は、明日神戸のcafe Fish!で行われるindigo jam unit×SIBERIAN-NEWSPAPER Live@cafe Fish!をご紹介します。

 ツインドラム、ベース、ピアノというユニークな編成で話題のクラブJAZZバンドindigo jam unitと、バイオリンやギター、民族楽器など多様な楽器を使った7人組の無国籍インストバンドSIBERIAN-NEWSPAPER 。

 SIBERIAN-NEWSPAPER は、3月の『FIVE STAR Music』で生演奏を体験しましたが、それはそれは叙情的かつ情熱的で、ありそうでない曲調が印象的でした。

 夏の夜にガツンとくる今話題のインストバンドの共演!
アツクなれること間違いなしのライブ、オススメですよ


indigo jam unit×SIBERIAN-NEWSPAPER Live@cafe Fish!

日時 2007年8月8日(水)19時開場・20時開演
会場 cafe Fish!
   神戸市中央区波止場町2-8
   TEL: 078-334-1820
   営業時間: 11:00〜20:00
料金 前売¥2,500 / 当日¥3,000(入場時1ドリンク代要)
メール予約はinfo@basisrecords.com 又は info@siberian-newspaper.com(名前、電話番号、枚数を明記)

タグ:ライブ

2007年08月06日

Acoustic Live & Dinner ×ザッハトルテ Live Report

brasserie tooth tooth-sign.jpg

 今日は、昨日ご紹介したBRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>で行われた”フランスな”夏のお祭りAcoustic Live & Dinner ×ザッハトルテ Live Reportをお届けします♪

 ザッハトルテさんは、アコーディオンの都丸さん、ギターのウェッコさん、チェロのヨース毛さんによるアコースティックなヨーロピアンサウンドを奏でるトリオ。

 初めてライブを見たのは、この3月にHEP HALLで行われた「FIVE STAR MUSIC」。ヨーロッパといってもフランスだけではなく北から南まで飛び回るザッハサウンドにビックリしました。

brasserie tooth tooth-zahha1.jpg

 今回はザッハトルテだけのライブということで、うれしいことに2部構成!アルバム『貴方とワルツを踊りたい』からの曲や、ケルト地方の民族音楽をふんだんに取り入れた曲、フラメンコの曲のようにパルマが入ったタンゴ、ギリシャ系の曲まで幅広さはさらにパワーアップ!ライブの躍動感は必見ですね。

 後でお聞きすると、今回は新しいアルバム用に作られた新曲を初披露してくださったものが多いそうで、私がいいなと思った曲もこの冬に発売予定のアルバムに収録される可能性が大だそう!これは楽しみです。

brasserie tooth tooth-zahha3.jpg

 ザッハトルテのライブといえば、楽しいトークとギターのウェッコさんによる手品(驚)!日頃は京都や大阪が拠点のザッハさん、神戸でのライブはまだ少ないそうで、手品の反応の良さに「神戸のお客さんは暖かい♪」と感激気味(笑)
確かに毎回見ていたら見飽きるかもしれませんが(爆)、それでもこの昭和な雰囲気(コスチュームや髪型もしかりですが)がまたザッハトルテの強烈な個性でもあったりします。

 精力的に各地でライブをされているザッハトルテさん。
気になる方は是非公式サイト(アーティストリンクからどうぞ♪)でチェックしてみて下さいね。

 おいしい料理とヨーロッパテイスト溢れる音楽との楽しい夏の夜のお祭りでした♪
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

BRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>(三宮 カフェダイニング)

brasserie tooth tooth-out.jpg

 今日は三宮にあるカフェダイニングのBRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>をご紹介します。

 神戸市役所よりさらに南側の海岸に近い場所にあるBRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>は、ビルの3階にあるちょっと隠れ家的雰囲気。

brasserie tooth tooth-in.jpg

 一歩店内に入ると、気分はフランスのカフェ♪
壁や柱にはフランスやイタリアなどの映画のミニポスターがたくさん貼られ、オープンキッチンの厨房からはおいしいお料理が次々作られているのが見えます〜
 
brasserie tooth tooth-apre.jpg

 ディナータイムにサーブされるオードブルの中から「自家製ノルウェーサーモンのマリネ ディル風味」
下には大きなサーモンのマリネが!上に乗せられたクリームチーズとの相性もばっちり♪

brasserie tooth tooth-main.jpg

 メインからは「ブルゴーニュ地方名物 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」
ナイフがいらないぐらいやわらかく煮込まれた牛ホホ肉と、滑らかな舌触りのポテトが本当に美味しい!迫力の一品です。

 尚、9月中旬までリヨネーズ・ブルゴーニュフェアーを開催中!
フランス人が一度は住んでみたい美食、美酒の町リヨンやブルゴーニュ地方の料理をとりあげたフェアでは、プリフィクスメニュー(前菜、メイン、デザートorチーズ)¥2940がオススメだそうです。

 その日はイベントのためテーブルが特別な配置になっていましたが、ちょどいいぐらいの広さの店内、繁華街とは外れた場所でゆっくりとお茶やディナーが楽しめそうな気分はフランス♪になれるお店ですね。


BRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>

■住所 神戸市中央区伊藤町108番地ダイヤ108 3F
■電話 078−332-3052
■営業時間 11:30-22:30
■その日のBGM フレンチミュージック
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

きのこまつり@farm house cafe

farmhouse-070804.JPG

 今日は8月4日に開催予定のちょっとあやしげもとい、楽しそうなイベント『きのこまつり@farm house cafe』をご紹介します。

 占い、似顔絵、はたまたマッサージアート!?!?!?フライヤーを見ただけでもなんとも不思議な雰囲気が漂ってくるのは気のせいでしょうか(爆)

 阪急岡本駅北側にあるとてもアットホームなカントリー風のカフェ、farm house cafeにこの日は謎のきのこたちが訪れるそう。

●ようこの言霊占い(by 水木ようこ)
●夕子のきのこ似顔絵(by 夕子)
●みまきんぐの背中診断(by みまきんぐ

 どれもかなりユニークですが、1回¥500からと手軽に試せそうなので、お祭り気分でトライできそう〜

 尚、この日はのみの市も同時開催。そして17:30からはスペシャルライブ(¥1500)も開催されます。なんだか気になるという方は是非覗いてみて下さいね♪

きのこまつり@farm house cafe

期間 2007年8月4日(土)10:00〜17:30
場所 farm house cafe
    神戸市東灘区岡本5-2-4
    電話 078-453-9355
詳細はコチラ(みまきんぐさんのHPより)
 
タグ:ライブ

2007年08月02日

『リュクサンブール公園の公園』展@roundish

roundish-0708.JPG

 今日は昨日から本町のroundishで行われている『リュクサンブール公園の公園』展@roundishをご紹介します。

 本町の船場丼池ストリートという問屋街のようなところにちょっと奥まったビルディングがあります。目印はこの看板!

roundish-sign.jpg

 1階は○食堂という落ち着いたカフェで階段を4階まで上ると・・・

roundish-2.jpg

 まさにビルの中に公園出現♪
リュクサンブール公園さんは、女性7人のアコーディオンを中心にした楽団で、Musicafeでもリュクサンブール公園さんが出演するイベントを紹介(しろくま遠足)しましたが、今回はアクセサリーや小物作家としての顔を持つメンバーの作品が集結!
彼女たちの多才ぶりと、音楽とは違った表現でリュクサンブール公園の作る公園を作り上げています。

roundish-1.jpg

 こちらは皮小物。クローバーのついたブレスレットには”PARIS”の刻印が♪お花のコサージュもかわいいですね。

roundish-3.jpg

 手前のアドバルーンのようなランプシェードはなんと豚皮で作られたもの。もちろんメンバーの手作りですが、固い豚皮に細かく縫い目用の穴を開ける所まで手作業とは恐るべしです(笑)

 リュクサンブール公園オリジナルTシャツや、ライブ音源のCD(オリジナル1stアルバムは完売のため販売なしだそう)など、貴重なグッズも揃っていますよ。

cafe nino-out (16).jpg

 布カバンやモチーフ、ネックレスなどなど本当に7人のメンバーの個性と感性が集まってとても楽しい展覧会。もちろんBGMも担当のメンバーがセレクトした音楽がかけられていて、リクエストすればもう手に入らないリュクサンブール公園の1stアルバムを聞かせてくれるかも・・・

 会場ではしろくま遠足などの企画担当メンバーさん(笑)が、これからリュクサンブール公園が主催、参加するイベントのことや、会場にある小物たちのことなど教えてくださいました。
有名ミュージシャンもひょっこりと訪れたりするところは(正直オドロキましたが、笑)多彩な活動をしているリュクサンブール公園さんならでは。

 楽しくて、ほっこりできて、ペイントされた木からマイナスイオンが出ているような感じ。まったりするもよし、お気に入りを見つけて買い物するもよし、なんだか居心地のいい(爆)展覧会でした。

 尚、各週末にはライブも予定されているので、こちらもオススメですよ♪


『リュクサンブール公園の公園』展@roundish

期間 2007年8月1日(水)〜8月11日(土) 12:00-19:00(日曜定休)
場所 roundish
   大阪市中央区北久宝寺町3-4-1 マーメイドビル
   TEL06-6244-0044
   HPはコチラ

*リュクサンブール公園HPはアーティストリンクからどうぞ♪
 

2007年08月01日

Muu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>(北浜 カフェ、バー)

muu-muu-out.jpg

 今日は北浜にあるバールスタイルを取り入れたカフェMuu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>をご紹介します。

 先日ご紹介したCENTRAL BANCO<セントラルバンコ>の店長さんからご紹介いただいたこのお店は、北浜らしい有形文化登録の建物が並ぶ中の「生駒ビルヂング」1階の角にあります。

muu-muu-menu.jpg

 メニューボードに書いてあるとおり「バールの活気を日常に」というコンセプトが見事に反映されているお店、中心はドリンクメニューですが、フードメニューもバータイムでも楽しめる単品メニューがラインナップ。

muu-muu-in.jpg

 オーダーを聞きにもきてくれますが、入り口のカウンターで注文することもできます。ショーケースに並んでいるパニーニサンド各種をここで品定め〜(笑)

muu-muu-caputino.jpg

 カプチーノはセントラルバンコ同様、オーダー時に砂糖の有無を聞いてくれます。こちらではハワイの珈琲を使用しているとのこと。店名からも確かにイメージできますよね。

muu-muu-drink.jpg

 アイスドリンクも、やはりよそではなかなか味わえないホンモノの珈琲の苦味が利いて、クリームの甘さとよく合う大人の味わい♪

muu-muu-sand.jpg

 そして感動的においしかったのがパニーニサンド。
中にはさんであるのはモッツァレラチーズと生ハムですが、この組み合わせ最高です!生ハムも本当に美味しかったし、ボリュームもバッチリ♪

 小さい丸テーブルにひょいと腰掛ける高い椅子。どっかり座り込む椅子でくつろぐのとは又違ったカジュアルでオシャレな雰囲気が気分をリフレッシュさせてくれるようなレトロビルディングの中のバール。北浜駅からもすぐなので、普段使いにオススメですよ♪

Muu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>

■住所 大阪市中央区平野町2−2−12 生駒ビルヂング
■電話 06-6232-1200 
■営業時間 11:30〜26:00 
■定休日 日曜・祝日 
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。