新着トピックス

2007年09月30日

絵本「ひかりのこりす」原画展@雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた

ひなた-070927.JPG

 今日は現在開催中の絵本「ひかりのこりす」原画展@雑貨と喫茶とギャラリーと ひなたをご紹介します。

 イラストレーター森朋浩さんは今までも自主制作絵本を多数発表してこられましたが、このたび東本願寺出版部から絵本「ひかりのこりす」が出版されました。

 実は、先日のポストカードミュージアムvol.3でお会いし、生まれたての「ひかりのこりす」を見せていただいたのですが、いのちの大切さを感じられる心あたたまる物語で、森さんの深みのある色づかいのイラストと、愛らしいキャラクターが印象的でした。

 印刷されたものとは違って、原画は絵の質感が感じられ、筆のタッチなど迫力が肌で感じられますよ。

 残りわずかですが、是非足を運んで見てくださいね。


絵本「ひかりのこりす」原画展@雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた

期間 2007年9月27日(木)-10月2日(火)12:00〜19:00(最終日は18:00まで)
場所 雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた
    大阪市中央区谷町6丁目6-10
    電話 06-6763-3905
    地図はコチラ 
ラベル:展覧会

2007年09月29日

月あかり墨展6@コロール・コローレ Report

color-colore-junko-0709-out.jpg

今日は、現在元町で開催中の書アーティスト、ジュンコさんによる月あかり墨展6@コロール・コローレ Reportをお届けします。

 元町東側の花隈公園を左手に見ながら北上すると見えるのが、ガラス張りのギャラリー『gallery color colore<ギャラリー コロール・コローレ>』。

 先日のポストカードミュージアムvol.3では、さらさらライブが好評だったジュンコさん。今回の個展は”月”を原点として、ジュンコさんの書の世界が広がっています。

color-colore-junko-0709-1.jpg

 大きな額に描かれている言葉。「月」という言葉も入って、空や宇宙をイメージさせる詩が描かれています。 
 
color-colore-junko-0709-2.jpg

 黒地や白地に描かれた一文字の漢字。ポイントに絵の具の色を使いながら、時には凛とした感じを、時には柔らかい感じを出し、さまざまなイメージのもとに書かれるその一文字に魅了されますね。
 
color-colore-junko-0709-3.jpg

 在廊されていたジュンコさんと、大阪で予定されている個展の話や、昨日紹介した『月』のフレーム作成秘話(笑)など、いろいろな話を伺い、楽しい訪問となりました♪

 この日曜にはさらさらライブも予定されていますので、是非足を運んでみてくださいね。

color-colore-junko-0709-tsuki.jpg

2007年09月28日

秋の夜空に・・・

color-colore-junko-0709-tsuki.jpg

月あかり墨展6@コロール・コローレ
posted by MusiCafe♪ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

『吟遊詩人の夜』秋山羊子&eRi@雲州堂 Live Report

竹out (10).jpg

 今日は23日(日)大阪、北浜の雲州堂で行われた『吟遊詩人の夜』秋山羊子&eRi@雲州堂 Live Reportをお届けします。

 その日が夏ツアー最終日となった秋山羊子さん。以前共演した大阪のシンガーeRiさんの企画で雲州堂にてライブをすることが決定した時点で、場所の雰囲気と羊子さんのライブで醸し出す空気がピッタリ合う気がして、本当に待ち遠しかったライブなのです。

竹out (14).jpg竹out (15).jpg

 開演までの間、隣接するdining『IOR?I』から特製カレーやオムライスをオーダーして腹ごしらえ。その日ライブの模様を写真に撮るために、もう一人のYOKOさんこと栗原葉子さんもスタンバイ。前回の大阪ライブで初対面を果たしてから、もう既に一緒にお仕事をされるようになり、二人のYOKOファンとしてはそれもうれしい限り♪

 待ち時間にゆったりとくつろいで過ごせるのもこの雲州堂ならでは。とてもアットホームで、出演予定のアーティストさんも普通に打ち合わせや軽く食事をしている雰囲気、好きですね。

竹out (16).jpg

 この日も裸足でステージに登場した羊子さん。
オープニングの『時のかけら』をアカペラで歌うところから、いきなり観客の心を掴んだ羊子さん。

 サントラ『銀河鉄道の夜』からの曲や、アルバム『指一本で倒されるだろう』の曲たち、そしてカバー曲の『ハレルヤ』など1時間のステージをたっぷり満喫させてくれました。

 途中からは大阪在住のベーシスト、てつろうさんがサポーミュージシャンとして参加、アルバムで共演した『コロッケパン』などをセッションで聞かせてくれました。とても柔らかいベースの音と羊子さんの声がまたぴったり。タイトルのイメージとは裏腹にしっとりとしたバラードであるこの曲の新しい魅力を発見です。

 アルバム未収録の新曲『水分』、『アオイソラ』、『ロケット』、『向かえのレストラン』なども披露。聴きながらそのシーンが浮かんでくるような歌詞と口ずさみたくなるメロディーは、羊子さんらしさが光ります。

 後半に登場したeRiさんも多彩な構成。ソロでキーボードやギターの弾き語りを披露したかと思えば、パーカッションやギタリストを従えて夜の闇に吸い込まれていきそうな独特の空気を醸し出していました。歌詞もかなり面白くて『緑のガイコツ』とか、死刑執行前の歌?(きっとちゃんとした曲名があるはずだけど・・・・・)など、”吟遊詩人”という言葉があてはまるアーティストさんでしたね。

 ラストのアンコールは二人で登場。それぞれの曲を即興っぽくデュエット。最後はそこから「今日はありがとう♪」の即興うたに進化して楽しい夜は締めくくられました。

 素敵なライブをありがとう。 

<セットリスト>

1.時のかけら
2.レール
3.指一本で倒されるだろう
4.ハレルヤ
5.どん
6.コロッケパン
7.アオイソラ
8.ジンギスカン
9.水分
10.ロケット
11.いれて
12.向かえのレストラン

〜アンコール〜
もう一度僕らは (with eRiさん)
posted by MusiCafe♪ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

夢心地の夜

DVC00020_M.jpg
あなたに会いたかった・・・@雲州堂
posted by MusiCafe♪ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

ジサフィナード〜ベスト・オブ・ナラ・レオ/ナラ・レオン

ジサフィナード〜ベスト・オブ・ナラ・レオン
ジサフィナード〜ベスト・オブ・ナラ・レオン


ナラ・レオンの『ジサフィナード〜ベスト・オブ・ナラ・レオン』をご紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

ゆうがたママトリオ2@SawaSawaCafe <サワサワカフェ>

 今日は、東大阪で行われるゆうがたママトリオ2@SawaSawaCafe<サワサワカフェ>をご紹介します。

 手作りケーキが絶品と人気のSawaSawaCafe<サワサワカフェ>で、昨年に引き続き行われるのはma-ma trioのライブイベント。

 16:00ごろからゆるゆる2ステージほど行われるそうで、雲州堂さんでのライブ同様、アットホームな雰囲気の中、ma-maさんの歌声(ひょっとしたら看板娘の小春ちゃんも登場!?)が響き渡る素敵なライブになりそうですよ♪

 昨日ご紹介したアルバムも販売されていると思いますので、ご興味ある方は是非ライブ体験してみてくださいね。

 
ゆうがたママトリオ2@SawaSawaCafe<サワサワカフェ>

日時 9月22日(土)16:00〜
場所 SawaSawaCafe
    東大阪市若江東町3-4-31
    Tel:06-6723-5501
料金 ¥2000
予約 SawaSawaCafe(Tel:06-6723-5501)

2007年09月19日

トリコロールの空/ma-ma

トリコロールの空.JPG

ma-maの『トリコロールの空』をご紹介します。続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

Kica<キカ>(苦楽園 アンティーク雑貨、カフェ)

kica-out.jpg

 今日は苦楽園にあるアンティーク雑貨、カフェのKica<キカ>をご紹介します。

 阪急苦楽園駅から線路沿いに甲陽園方面へ歩いていくとすぐの角地にあるKica<キカ>は、外側にもガーデニング関係の雑貨がディスプレイされ、思わず店内を覗いてみたくなる雰囲気。

kika-zakka2.jpg

 道路沿いに面した窓側にはガラスのポットがたくさん置かれ、ガラス窓と相まってとても爽やかな印象。

kika-zakka3.jpg

 店内はキッチン系のアンティーク雑貨から、ドアノブやフックなどの生活雑貨のアンティークもの、リネンもの、ボタンなどの手芸用品、アクセサリー、ステーショナリー・・・たくさんのアンティーク雑貨が、うまくディスプレイされていて見ていると時が経つのを忘れますね(笑)

 ヨーロッパを中心にオーナーさん自らが買い付けるという雑貨たちは、さらに奥に行くと・・・

kika-in1.jpg

 カフェスペースの中にも、天井から椅子がぶら下がっていたり、飾り棚他、テーブルやカフェ専用椅子以外のものは全て商品!

kika-bed.jpg

 かわいいアンティークのベビーベッドも商品でありながら、カフェスペースに椅子として置かれていて、おうちdeカフェ気分♪

kika-soup.jpg

 隠れ家っぽい雰囲気の中、いただいたのは自家製パンとスープのセット¥700。厚切りのパンは国産の粉を使って香りもよく、たっぷり野菜のポタージュスープによく合います。

 メニューを見ると、他にも「ウワサのコーヒーカレー」など実はかなりガッツリといただける本気メニューが揃っているのです。
”知る人ぞ知る”のカフェスペースは、オーナーさんセレクトのオシャレなBGM(フレンチポップスや、ときどきハリーポッターの朗読が流れたりと気分はヨーロッパ!)を聞きながらゆっくり過ごせる穴場として、かなりオススメですね。

 小物から、家具などの大物まで、幅広いラインナップなので、気軽に立ち寄って、お気に入りの一品を見つけることができそうですよ。


Kica<キカ>

■住所 西宮市石刎町3-14 
■電話 0798-76-5339
■営業時間 10:30〜19:30
■定休日 不定休
■その日のBGM フレンチポップス他(オーナーさんのipodからランダムに)
■地図はコチラ

2007年09月15日

HOSHI NO SUMIKA maki the 8th Anniversary Exhibition『GIRL GIRL GIRL in Kobe4』@茶家

chaie-070914.JPG

 今日は、14日から開催されているHOSHI NO SUMIKA maki the 8th Anniversary Exhibition『GIRL GIRL GIRL in Kobe4』@茶家をご紹介します。

茶家-0709-ホシスミ-1
 
 8月の個展『GIRL GIRL GIRL in Kobe3.5』では、夏の女性たちをカッコよく描いた作品が印象的だったホシスミさん。
今回は、様々な世界で活躍している個人にスポットを当て、ホシスミさん作のオリジナルネームカードとその原画を展示しています。

茶家-0709-ホシスミ1.jpg

 一軒家のカフェ茶家さんに置かれると、まさに画廊のよう。
5月にオープンしたばかりの茶家さんにとっては、初の個展開催だそうですが、何も知らずに入ってきたお客さんの歓喜の声も滞在中には聞こえてきて、お客さんにとってもいつもとは違う出会いがあったのでは♪

茶家-0709-hosisumiT.jpg

 前回での個展でも大好評だったホシスミオリジナルTシャツは、秋バージョンが入荷。七分袖で肩に『Always in the middle!』の決めゼリフが入っていますよ。

 また、今回はホシスミthe 8th Anniversary のオリジナルフリーペーパーも置かれています。日頃のパワフルホシスミさんの一面と、ちょっと意外に思えるような内面がうかがえる、よりファンになっちゃいそうな冊子。心に残るような言葉も書かれていて、かなりオススメです♪

茶家-0709-desert2.jpg
茶家-0709-tea.jpg

 個展開催期間中限定のコラボスイーツ
『おくみどりと3種のパンナコッタのセット』¥1000
パンナコッタはごま、ノーマル、ココナッツの3種類の味。
その上にトッピングされているのが、しょうがのジュレからベリー系、マンゴ・・・と、見た目にもかわいいスイーツ。
ホシスミさんとのコラボということで、スターフルーツが添えられているのも、キュートですね。

 この夏にはカキ氷をはじめ、メニューもスイーツ系を中心に定番の鯛焼きから少しずつラインナップを広げている茶家さん。
まだまだメニューの構想はたくさんあるようで、試作を重ねているとか。

 お話していると、とても自然体で、カフェの”ほっこり”感と重なるオーナーさん。街中とは違った苦楽園の落ち着いた雰囲気の中、ニューフェイスの一軒家カフェは、しっかりその地に馴染んできているようです。

 連休中はホシスミさんも在廊予定。是非足を運んでみてくださいね!

HOSHI NO SUMIKA maki the 8th Anniversary Exhibition『GIRL GIRL GIRL in Kobe4』@茶家

期間 2007年9月14日(金)-24日(月・祝)11:00〜19:00(18日(火)のみ休み)
  
  「ホシスミ先生の、幸せを呼ぶぬりえ教室」ワークショップ
     9月16日(日)、23日(日)@11:00-13:00 A15:00-17:00
     *各回定員8名(要予約:電話か店頭でお申し込み下さい)
     *参加費 ¥1500
       (茶家オリジナルティー、久我圭子さんのスペシャルスィーツ付)
     *色鉛筆をご持参下さい。

   作家在廊は土・日・祝の予定です(変更の可能性あり)

場所 茶家<ちゃいえ>
    西宮市松風町8-21
    電話 0798-74-9444
    茶家記事はコチラ

2007年09月14日

いよいよ始まります!

DVC00023_M.jpg
苦楽園『茶家』さんで行われる初めての個展は・・・
posted by MusiCafe♪ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

月あかり墨展5@蔵ギャラリー+とおりにわ&月あかり墨展6@コロール・コローレ

junko-070926.JPGjunko-070913.JPG

 今日は、奈良と神戸(10月には大阪)で行われる書アーティストJUNKOさんの月あかり墨展5@蔵ギャラリー+とおりにわ&月あかり墨展6@コロール・コローレ
をご紹介します。

 昨日、ポストカードミュージアムvol.3のさらさらライブの模様をお伝えしましたが、この秋は”月”をテーマにJUNKOさんの個展が関西の3箇所で開催されます。

 本日から奈良の『界”KAI”蔵Gallery/とおりにわ』で17日まで開催。この『界”KAI”蔵Gallery/とおりにわ』は奈良町の路地裏に新たな情報発信基地としてオープンしたギャラリー&カフェ。この場所自体もなかなか良さそうですね。

 また、翌々週の26日からは、元町のギャラリー『コロール・コローレ』にて開催されます。このギャラリーはオーナーさん自身が創作活動をされている作家さんなので、お店がオープンされている期間が限られていて、行きたいのに行けなかったギャラリー(笑)
これを機会に、是非行ってみたいと思います。

 期間中には、さらさらライブもありますので、今から書いてもらいたい字を考えておくといいかもしれませんね♪

 静かに月を眺めるように、心落ち着くであろう書の空間。オススメですよ!


月あかり墨展5@蔵ギャラリー+とおりにわ

期間 2007年9月13日(木)-17日(月・祝)11:00〜19:00(初日は14:00から、最終日は17:00まで)
  「さらさらライブ」 9月16日(日)15:00〜20:00
    あなたのリクエストの字をジュンコさんが散華にライブで書きます。
    1枚 500円(先着30名)
場所 界”KAI”蔵Gallery/とおりにわ
    奈良県奈良市脇戸町12-1
     HPはコチラ

     
月あかり墨展6@コロール・コローレ

期間 2007年9月26日(水)-30日(日)11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
  「さらさらライブ」 9月30日(日)13:00〜15:00
    あなたのリクエストの字をジュンコさんが散華にライブで書きます。
    1枚 500円(先着30名)
   *27、28、29、30日は作家在廊(28、29日は14:00〜)
場所 gallery color colore<ギャラリー・コロール・コローレ>
    神戸市中央区北長狭通5-8-4
    電話 078-378-1371
    地図はコチラ 
ラベル:展覧会 ライブ

2007年09月12日

ポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportその3

 今日で最後!のポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportその3をお届けします。

 まずは、午後のメインイベントとなった書アーティストのジュンコさんによるさらさらライブ。
 あらかじめジュンコさんに書いてもらいたい字を決めるのですが、これが結構悩みどころ(笑)座右の銘や、好きな字、自分の名前・・・など個性が表れます。

 ジュンコさんの正面に座って、書いてもらう訳ですが、相手の人の雰囲気や話すことなど全てを一瞬のうちにイメージを膨らませて、書に表現して下さいます。先日の記事の結果・・・

museum party vol.3-junko2.jpg

 出来上がったのは『愛』。
今回のポストカード・ミュージアムのテーマでもある『愛』。
『優』など”心”という字を書きたいと思っていらっしゃったそうで、この世で一つのオリジナルな『愛』の完成です♪

.

 来場者が参加できるイベントも多数ありましたが、この塗り絵はなかなかの人気!大人になってから塗り絵をするなんて実はあまりないことに気づいて、30分ぐらい必死でやってみたり、ちょっと他の人にはないオリジナルを書いてみたりと、創作意欲が刺激されるみたいですね。

 オリジナルバッグなどを手がけるCalmさんや、似顔絵ブースが大人気だった夕子さんのブース、フライヤーの写真も手がけられたシラガリョウコさんや、創作絵本『ひかりのこりす』を8月に発売された森朋浩さん他の来場など、一気にこれだけのアーティストさんが集まる場所があるということに改めて”すごい!”と興奮冷めやらぬ一日でした。

 企画運営を手がけられたホシスミさんやKonisystem.さんの奮闘される姿にも心打たれながら、もうすでに来年のポストカードミュージアムが楽しみになってきました。

 今年見逃したみなさん、来年は是非参加してみてくださいね。かなり楽しいですよ♪
 
ラベル:感動した 展覧会
posted by MusiCafe♪ at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportその2

 昨日に引き続きポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportその2をお届けします。

museum party vol.3−松岡美和1.jpg

 Musicafeのトップにピッタリ(笑)のBGMにボサノバをかけたくなるような素敵な絵を発見!猫のいる風景や、テーブルの上にコーヒーのある風景、パリの街などさらりと気持ちが軽くなれるような絵たちに見入っていると・・・

museum party vol.3−松岡美和2.jpg

 松岡さんご本人が登場!あまりにも絵の雰囲気とマッチして感動してしまったので、お願いして絵の前で写真を撮らせていただきました。松岡さんの清清しさが、そのまま作品にも表れていますよね!
ナイスショットですぴかぴか(新しい)

 museum party vol.3-wakanashiraishi.jpg

 こちらは白谷若菜さんの作品。昨年のco-fuque cafeでの個展では、男女が一緒にいる風景がテーマでしたが、今回は女性のさまざまな表情を映し出しています。女性の持つしなやかさや美しさがやわらかいタッチで描かれていて、包み込まれるような気分。
 今回は白谷さんご本人にお会いすることができ、秋に予定している個展のお話や、そちらで展示を考えている新作も会場で見せていただきました♪

 最後となる明日は、ジュンコさんのさらさらライブの作品他、このポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーに参加した感想などをお話したいと思います。
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportその1

museum party vol.3-entrance.jpg

今日はmusicafe♪reccomendとしてご紹介し、昨日大好評のうちに終了したポストカードミュージアムvol.3@原田の森ギャラリーReportを3日に渡ってお届けします。

 オンナマエのホシスミさんイラストギャルがお迎えのエントランス。25アーティストもの作品が揃う展覧会はなかなかお目にかかれないので、こちらもワクワクです。

museum party vol.3-fuzitanaoko2.jpg

 入って真正面に展示され、一番インパクトのあった作品は、イラストレーター(時にはライブも!)のふじたなおこさんの作品。
co-fuque cafeでの個展でも、ダンボールや廃材の板などの上に、力強いタッチで描かれた生き物たちが印象的だったのですが、今回は作品の大きさといい、動物をよりリアルに描いている点といい、わっ!と驚かされました。会場向かいの王子動物園を意識した作品かしら(笑)

museum party vol.3-fuzitanaoko1.jpg

 この真正面から捉えた象の絵は個人的に一番ガツン!ときた作品。今にも飛び出してきそうな勢いがありますね。
前日の土曜日には絵本ライブで会場を歌と踊りの渦に巻き込んだというふじたなおこさん。その絵本ライブもまたいつか体験してみたいです♪

museum party vol.3-horseT.jpg

 もちろんホシスミさんのオリジナルグッズも充実。
今回は、ホシスミさんの妹さんが立ち上げたブランドの新作Tシャツもラインナップ。馬をテーマにしたオリジナルイラストTシャツはホシスミさんのイチオシ!(恥ずかしげな表情がキュートなホシスミさんも一緒に写っていただきました♪)

museum party vol.3-fuzitozan.jpg

 そして、こちらはKonisystem.さん自身も参加しておられる『百人で富士登山』オリジナルTシャツ。本当に百人で富士山を上る(今年は百人を有に超すメンバーが集まり、先週末上ったばかりなのだそう、驚)ことができるんですね!そんな会があるということにも目から鱗なら、実際に参加した女性のグループに会場でお会いし、富士山頂からのご来光や、ギターで歌っている(ギターを担いで上られたんですね・・・尊敬!)写真など、また新しい世界を見せていただきました。

 明日は、イラストレーター白石若菜さん、松岡美和さんの展示の模様&ご対面をお届けします♪

posted by MusiCafe♪ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

最後のてん

DVC00018_M.jpg
ジュンコのサラサラライブ@ポストカードミュージアムvol.3
posted by MusiCafe♪ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

カンテ・カンテ(梅田 カフェ)

cante3bangai-out.jpg

 今日は阪急梅田駅地下の阪急三番街南館にあるカンテ・カンテをご紹介します。

 以前、同じく梅田のファッションビルE−maにあるカンテ・グランデイーマ店をご紹介しましたが、カンテ・カンテもチャイをはじめ、スパイシーなインド料理が楽しめるカフェです。

cante3bangai-in.jpg

 カンテ・グランデイーマ店に比べればこじんまりしていますが、内装は同じようなエスニックな雰囲気、もちろんBGMはインド音楽♪ 

pasto-curry.jpg

 今日は単品メニューをご紹介。コチラはチキンカレー¥780。
たくさんのスパイスが入ったインド料理ならではのカレーは今の時期にはピッタリですね。

cante3bangai-dish.jpg

 そして、春巻きのように巻かれている一品は、タンドリー・チャパティー¥730。チャパティーと呼ばれる皮に包まれているのは、インド料理の代表格ともいえるタンドリーチキン。おつまみにもピッタリで、しかも案外ボリュームあります。美味しいですよ♪

cante3bangai-russi.jpg

 ドリンクは、こちらも今の時期にはピッタリの酸味が効いているラッシー。しかもマンゴ味です(笑)

 ちょっとガツンとスパイシーなものを食べたいときに是非思い出して欲しい、駅近の使い勝手がいいカンテ・カンテ。値段が手頃なのもうれしいですね♪

カンテ・カンテ

■住所 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
■電話 06-6377-6387
■営業時間 10:00〜22:00
■BGM インドmusic
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

さやとけんじのsmile写真珍道中 with まこと&さとし@SAKE&CAFE DODO

hitohi-sayaken3.jpg

 今日は名古屋で行われるさやとけんじのsmile写真珍道中 with まこと&さとし@SAKE&CAFE DODOをご紹介します♪

 先日、ひとひさんで行われた写真展で溢れんばかりの笑顔の数々を見せてくれた写真家のさやさんとけんじさん。
お店にはさやさんがいらっしゃり、色々とお話をすることができました。

 カップルスマイルフォトグラファーとして、この3月から5月までインドネシアからタイ周辺で笑顔を撮る旅に出かけたさやさんとけんじさん。言葉も分からない中で、一体どうやってこんなたくさんの人の笑顔を撮ることができるのか・・・

hitohi-sayaken2.jpg

 すると、こんな写真たちを発見!自分たちも一緒になって遊んだりしながら、丸一日この男の子と過ごしたそうです。その場でボディー・ランゲージを使ってみたり、しばらく一緒に過ごしながらシャッターを切り続けたり、笑顔を撮るためには撮る側ももちろん笑顔!笑顔が笑顔を呼んで、その笑顔パワーが見事に写真展で見る側にまで伝染(笑)思わず、最近笑顔になれたかと自分に問い直してみたりして・・・

 「no smile,no life」
そんな心意気が伝わってくる、元気が出る展覧会。
名古屋では、路上詩人のまこと&さとしさんによる詩と笑顔写真のコラボ展示が企画されていますよ。
写真を見て即興で詩をかくというライブ感溢れるコラボから、どんな作品が生まれるのか楽しみですね♪

 さらに、15日には『一夜限りの珍道中withみなさん』 というパーティーも開催、たちまちこちらが笑顔になれるナイススマイルの持ち主さや&けんじさんに会えますよ〜

 お近くの方、是非足を運んで見てくださいね!


さやとけんじのsmile写真珍道中 with まこと&さとし@SAKE&CAFE DODO

日時:2007年9月7日(金)〜17日(月・祝) 11:00-24:00
   *party day  15日(土)18:00〜
         料金 500yen(1drink込み)
場所:SAKE&CAFE DODO
    愛知県名古屋市中区栄5-18-17 コーワビル3F
    (地下鉄名城線「矢場町駅」3番出口から徒歩3分)
    電話 052-242-2828
    HPはコチラ

「さやとけんじのsmile写真珍道中」(mixi内コミュニティー)はコチラ
ラベル:展覧会

2007年09月04日

シアワセ♪念願のトロピカルなtimパフェ体験@甜蜜蜜

tim-ma-ma-puffe1.jpg

 今日は写真だけでいいぐらい(笑)、見るからに美味しそうなパフェ♪これがもう3年越しぐらいのずっと食べたくて仕方がなかったtimパフェ¥680、マンゴープリンが作れる期間限定の甜蜜蜜の人気商品です。

 ボリュームと美味しさをビジュアルでお伝えしたくて、まずはマンゴープリンがたっぷり乗っかっている側をアップで!

tim-ma-ma-puffe2.jpg

 その反対側にはほどよい酸味がトロピカル感をより演出するラズベリーアイス。上に乗っているのはフローズンラズベリーとミントの葉で、口の中はひんやり、さっぱり感が漂います。

 さて、ここから下はというと、香港デザートの王道ともいえる亀ゼリーやモチモチした黒タピオカ、ほどよく溶けてきたバニラアイスの中にはシャリッとしたラスクが!何種類もの食感が楽しめ、本当に贅沢なパフェ。この凝り具合と食材の選び方はもう毎日このパフェのために通いたくなるぐらいですね(笑)

 今年は暑いので、9月半ばぐらいまでは・・・とは店主Mableさんの弁。滑り込みセーフで念願のパフェを堪能です♪ウマウマ〜〜〜

甜蜜蜜店舗情報はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

RUSTIC PANS"MAD STICS TOUR"@ROUGH RARE

roughrare-0709.JPG

 今日は神戸のカフェ、ROUGH RARE<ラフレア>で行われるRUSTIC PANS"MAD STICS TOUR"@ROUGH RAREをご紹介します。

 先日musicafeでご紹介した『しろくまフェス!07』〜第五話 海がみえるから夏フェス気分♪ @パンゲアにも出演していたRUSTIC PANS。
 
 踊れるドラム缶楽団というファンキーなスタイルで、ラテン系から昭和歌謡まで迫力のある演奏とライブパフォーマンスが話題を呼んでいます。

 個人個人も多彩な音楽活動をしているメンバーたちがガッツリ組んで弾けるRUSTIC PANSのライブ。ビートに乗ってガッツンと弾けたいアナタにはかなりオススメですよ!


RUSTIC PANS"MAD STICS TOUR"@ROUGH RARE

日時:2007年9月5日 開場19:00 開演20:00
料金:前売り¥2500(1drink別)、当日¥3000(1drink別)
場所:ROUGH RARE
    神戸市中央区明石町18-2 大協ビル2階/3階
    п@078-333-0808
    HPはコチラ

予約は078-333-0808(ラフレア)

RUSTIC PANS 公式HPはコチラ

2007年09月02日

え・が・お

DVC00009_M.jpg
えがおでいられるって素敵だね〜さやとけんじのsmile写真珍道中@ひとひ
posted by MusiCafe♪ at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ベン・E・キングの主題歌を聞くと思い出す夏の日の思い出・・・〜movie from『スタンド・バイ・ミー』

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション
スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション


 この映画を見たことがない人でも、ベン・E・キングの『スタンド・バイ・ミー』を聞くと、「ああ、これか!」と思うのではないでしょうか。

 テーマ曲同様、青春映画のスタンダードともいえる本作では、誰もが経験したことのある子ども時代の夏の日の冒険という普遍的なテーマを4人の少年たちの旅に重ねて語っていきます。

 ちょっとした冒険が思わぬ展開となって、家を恋しく思ったり、逃げ出したくなったり、今まで心に秘めていたことを友達に打ち明けてみたり・・・兄貴分のようなワルに言いがかりをつけられたりなんてことも、きっと過ぎてみれば懐かしい話なのでしょうね。

 子どもながら、精一杯の勇気と冒険心で臨んだ旅は、大人になってもきっと胸の中に残っているはず。そしてそれはどんな人も通ってきた大人になるための第一歩でもあるのでは。

 本作で一躍脚光を浴びることになったリバー・フェニックス。あまりに若くして亡くなってしまったリバーの、どろどろになったTシャツとGパン姿が今でも焼きついています。

 子どもの頃の暑い夏を思い出したくなったら、懐かしさを誘う歌声と共に見てみたくなるオススメ映画ですよ。

『スタンド・バイ・ミー』予告編はコチラ

ベン・E・キングの歌う『スタンド・バイ・ミー』はコチラ


映画詳細はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。