新着トピックス

2010年08月31日

杉瀬陽子ギャラリーライブ@la galerie

la galerie100829-7.jpg

現在開催中の川口静佳さん個展『いろいろなおうち展』会場である茨木のla galerieで、川口静佳さんの作ったたくさんのおうちに囲まれてのギャラリーライブを行った杉瀬陽子さん。

前からla galerieで何度もライブをされているので、一度行ってみたかったライブですが、ようやく念願叶いました。そして驚きました。

陽子さんの伸びやかな力のある声がリハーサル中からギャラリーに響き渡りゾクゾク。
いざ、ライブが始まると、ピアノを弾きながら、時にはギターを爪弾きながら、心地よい歌声が昼下がりにとても幸せな時間を運んできてくれました。

la galerie100829-8.jpg

ジャズっぽいリズムのナンバーから、アコースティック、そして時にはシャウトもしながら!その芯には祈りの気持ちが込められているような気がしました。

ラストでは、いつもライブの最後に歌うという岡本太郎『明日の神話』にインスピレーションを得た曲、『瞬きする間にサヨウナラ』を歌って感動的なライブを締めくくり、初対面にして私はノックアウトでした(笑)

音楽活動歴は10年ほどとバンドやソロで多彩に活躍している杉瀬陽子さん。待望の1stアルバムは現在レコーディング中とのこと。レコ発ライブも楽しみです。

つくづくMusicafe♪はYokoという名のアーティストにご縁があるなと思い、帰り際に杉瀬さんとそんな話をしていたら、あれよあれよとの展開が・・・またしてもYokoとYokoが繋がりそうな予感、ワクワクしながら会場を後にしました。

『瞬きする間にサヨウナラ』も聞ける杉瀬陽子さんのMySpaceはコチラ


タグ:ライブ

2010年08月29日

川口静佳アーティストトーク@la galerie


image-20100829160142.png

今回、作品にも新しい面が多く見られる川口さん。初アーティストトークに挑んでマス♪
posted by MusiCafe♪ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉瀬陽子さんライブwith家たち@la galerie


image-20100829152006.png

透き通る声が心地良く響く昼下がり。
posted by MusiCafe♪ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

vol.85 玄米食堂ie

image-20100827191114.png

ひとこと:谷町4丁目の何気ない通りにサンミ実身美が出現!
posted by MusiCafe♪ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手づくりカホンワークショップ@ミドリカフェ

image-20100826215136.png

今日はミドリカフェで行われた手づくりカホンワークショップの模様をご紹介します。

カホン作りを始める前に、森と消費者をつなぐ活動を行っているNPO法人サウンドウッズ能口秀一さんより森の現状やカホン作りで使用する間伐材の話をいただきました。

-サウンドウッズの活動について-

サウンドウッズでは、木材コーディネーターという直接家を建てる人などに流通のコーディネートを行う人材を養成しており、家を建てる人の代わりに製剤工程の品質管理を行っています。
また、木にふれてもらうことで、木を削ったらどうなるか、硬さはどうかなど体感してもらうワークショップも実施しています。

-林業の現状について-

公共の建物に地域材を使用することが決まったそうですが、使う木材の山がどうなるのかを見ていくことが重要で、持続可能な林業をするにはどうすればいいかを念頭に置いているそう。
またサウンドウッズの拠点、丹波では色々な企業が関わって木材をエネルギーに使うことが決まりましたが、木材を燃料として使うのは一番最後の使い方であり、それまでに住宅、家具、楽器など木材のカタチとして使われる段階があります。色々な段階で使えることが木材の長所で、決めたエリアできっちり上手に使う継続的な林業を目指しておられるのだとか。

歴史的には切りすぎたら植えるということを繰り返してきた林業で、今はありすぎる状態だそうです。これを使うと山はどうなるか考えながら、継続的な流れを作り出す必要があります。

-カホンに使用する板について-

木は間引きをして残すと品質が良くなるので、間引いた木材を適切に使っていくことも大事なこと。カホンに使用する板はこれらヒノキの間伐材を使用しています。木には生きもので、水をかけるとふくらんだり、乾燥すると縮んだりしますし、カンナを1回かけるだけで音がかわったりします。色々な向きがあったり、芯があったりしますので、作るときは板をよく見てそり具合などもチェックするといいですね。
木を読むと言いますが、昔はたくさん読む人がいましたが、最近は少なくなってしまいました。

ヒノキは住宅の材料にも使われますね。森林伐採は地域の下流域の水にも関係してきますから、皆さんも自分の住んでいる近くの川の中流や上流がどうなっているかちょっと考えてみてもらえたらと思います。

image-20100826215204.png

いよいよカホン製作!ミドリカフェオーナー内田さんがiPhoneでUST中継をする中、参加者の皆さんは電動ドリルを片手に材料を組み立てていきます。

途中の段階でワイヤーを張り、ベードラのような響きがでるようにしたり、ベニヤ板を丸くくり抜いたり、カホンらしい作業工程を経て、1時間強で無事完成!

師匠のカホン叩き方レクチャーもいただき、カホンの音が溢れるビート感たっぷりの空間に♪
打楽器楽しい!そして抱えるとヒノキの香りがすごくよくて、久々に触った木の触感が心地よい昼下がりとなりました。

木材から森林の現状までのお話も、自分の生活の中にあまり取り入れていなかった木材や木を意識するいい機会になりました。生きている木の力を有効に活かしてあげたいですね。

手づくりカホンのある生活、楽しみますよ♪
posted by MusiCafe♪ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

元町映画館8/21オープン!

image-20100820213743.png

今日はいよいよ明日8/21オープンする元町映画館をご紹介します。

元町に手作りのミニシアターが誕生すると聞いて、近くを通るときには顔を出したりしていましたが、8/1のプレオープンでは山形ドキュメンタリー映画祭で上映されたスイスの難民受け入れ施設を描いたドキュメンタリー『要塞』を上映し、多数のお客様が来場、反響を呼びました。

シネコンでは見ることのできないような良質な映画や、ドキュメンタリー、過去の名作など様々なプログラムを楽しむことができそうな元町映画館は、元町商店街(浜屋の近く)内にありますよ。

オープニング上映作品は、
neratta.jpg
『狙った恋の落とし方』2008年中国
グー・ヨウ&スー・チー主演で贈る大人のラブコメは、北海道でのロケで大自然に溶け込む二人とそのエピソードにほろり&ニンマリ。
2009年大阪アジアン映画祭で邦題『誠実なおつき合いができる方のみ』としてクロージング上映され、人気を呼んだ作品。

anne.jpg
『赤毛のアン グリーンゲーブルズへの道』1989年日本
1979年TVシリーズとして放映された『赤毛のアン』の1〜6話までを劇場版として再編集。辛い境遇でも想像力を活かして自分の道を切り開き、マシューやマリラたちの心を開いていく様子を描く感動作。


また、9/4からは芥川龍之介の原作をモチーフにした『トロッコ』が上映決定。初日には川口浩史監督の舞台挨拶も行われますよ。

torokko.jpg
『トロッコ』(2010年日本)
芥川龍之介の短編小説『トロッコ』をモチーフに、日本と台湾のキャストが結集。伝承すべき歴史と心の原風景を優しく描くヒューマンドラマ。
台湾で現存するトロッコに乗った兄弟のシーンにワクワクします。

町の人に愛され、町に根付き、新しい文化の発信地となってくれることを期待しています。もちろん応援しますよ!!!


元町映画館

■住所 神戸市中央区元町通4−1−12
■電話 078-366-2636
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Shop】神戸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

Tea Room 森のらくだ(谷町4丁目 紅茶、カレー店)

image-20100812120549.png

今日は2010年3月にオープンしたばかりの紅茶、カレー店、Tea Room 森のらくだをご紹介します。

谷町4丁目というオフィスや問屋のある街並にナチュラルな雰囲気を醸し出す看板とグリーンが。ランチの美味しそうなカレーにそそられて入店。

image-20100812120607.png

店内はカウンター席の壁面に、大人が楽しめるような絵本が置かれ、ゆっくりとくつろげる雰囲気。

image-20100812120628.png

ランチは日替わりカレーが登場。この日も大根他野菜たっぷりの体に優しいカレーがルーたっぷりで出されて感動!黒米入りご飯との相性もよく、暑い夏でもサラリといただけました。

image-20100812120648.png

ティールームだけあって、ランチの後の紅茶も本格的。ポットにたっぷりと入れていただいた紅茶は爽やかな香りがしてカレーの後に口がさっぱりしました。デザートの紅茶ゼリーもレモンの風味が効いて美味。

ゆっくりとくつろげるティールーム、次は是非お茶の時間にデザートと楽しみたいです。丁寧に作られている感が伝わる素敵なお店。お昼時は女性客で満席というのもうなづけました。

オフィスのオアシス。まさに、オアシスにたどりついたラクダ気分でしたよ♪



Tea Room 森のらくだ

■住所 大阪市中央区徳井町2-1-7
■電話 06-6946-7080
■営業時間 9:00-21:00
■定休日 第2、第4日曜日
■その日のBGM ギターインストゥルメンタル
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ポストカード展@ひとひ

image-20100812121249.png

今日は残りわずかとなったポストカード展@ひとひをご紹介します。

随分早くにお邪魔しておきながら、なかなかアップできず、気がつけば今週末で終わり・・・。

懺悔はさておき、ひとひでお馴染みの作家さんたちのアートなポストカードたちが店内を彩ります。
トップはyamyamさんの作品。段ボールに描かれた少年の夏休みのあれこれは夏のポストカードにピッタリ。

image-20100812121233.png

こちらはひつじぃ舎さん(てまねき羊さん&裏ひつじさん)のポストカード。紙細工の繊細さと、裏ひつじさんの潔い言葉が涼感をそそるアートな作品です。

image-20100812121306.png

こちらは似顔絵作家としても活躍している越智友起子さんの作品。カラフルな色合いはオッチィさんならではの味があります。

image-20100812121353.png

アートの域を極めるかのようなwassaさんの作品。ちょっと毛文字を思い出したりして(笑)

image-20100812121323.png

image-20100812121338.png

藤原涼子さん、迅 温さんのイラストポストカードも交えた原画展。
原画の販売やポストカードの販売もありと、何気に盛りだくさんなのです!

iphone/image-20100725231830.png

かき氷で涼みながら、ポストカード大の夏アートを是非楽しんで下さいね!



ポストカード展@ひとひ

期間:2010年7月17日(土)〜8月15日(日) 11:30-22:00

場所:日本茶カフェひとひ
    神戸市東灘区本山北町3-6-10

2010年08月09日

怪しげなビル@ひめじ


image-20100809115138.png

なかなか立ち入るのに勇気が入りそうなビル。

気合いの入ったエレベーター。

でも、ここの4階には姫路城が見渡せる絶景のスポットがある。

納屋工房。居心地よかった。また行きたい場所の一つになったよ。
posted by MusiCafe♪ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。