新着トピックス

2010年09月30日

vol.88 家ie(3)

image-20100925212243.png

ひとこと:はしごを上って家ieにたどりつく。錆びた風合いがお店付近の雰囲気と馴染んでいます。
posted by MusiCafe♪ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

vol.87 家ie(2)

image-20100925212115.png

ひとこと:視線を下に落とすとこんな看板も。ここまできたらもうすぐです♪
posted by MusiCafe♪ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

田中紗樹展 Air rhythm@itohen

image-20100927211957.png

昨日まで開催されていた田中紗樹展 Air rhythm@itohen。期間中在廊されていて、ずっと絵を描いていらっしゃると知り、どうしても行きたくなって、最終日に観に行きました。

image-20100927212031.png

ラインの勢いよさと、カタチのバランス。特に題を定めることなく、とても自由に描かれているように見えて、とてもセンスを感じる作品の数々。

image-20100927212059.png

期間中ギャラリーで書いてきた絵が所狭しと貼られ、まるでアトリエのような雰囲気。壁にまでペインティングされ、作家さんや作品のパワーがダイレクトに伝わってきます。

在廊されていた田中紗樹さんとここ数年の旅や旅先で描いてきたものの話をたくさん伺いました。
この夏は島根のパサール満月会館で2カ月ほど滞在しながら、テントや店の看板、テーブル、エントランスを囲む壁面・・・時には刷毛を使ってダイナミックに描く紗樹さん。日本のみならず過去にはインドやアメリカでも旅をしながら絵を描いてと、グローバルでかつ人に垣根を作らないオープンマインドな人柄にすっかり魅了されてしまいました。

初の大阪での2週間滞在。カタカナ筆記体田中さんとのライブペインティング作品を、段ボール紙を使ったコラージュ作品に仕立てたり、作品も思い出もたくさん作って帰られたことでしょう。そして、きっとまた関西に帰ってきて、どこか大きなキャンバスで描いてほしいな。

刻々変わる展示風景が味わえるライブ感溢れる個展、最終日に見れてよかったです。


ラベル:展覧会

2010年09月26日

栗原葉子写真展「ゆうつも」@日音色

image-20100925211909.png

 閉店間際の日音色に駆け込んで、2回目の「ゆうつも」をみる。
よりシンプルに、日音色の空間に溶け込んで、何気ない様々な風景の中に宿る光をみつけて。

image-20100925211928.png

 あったかいココアを飲みながら、流れてくる音楽に耳を澄ませる。葉子さんが選んだ音楽。秋の夜長にツンと沁みるピアノの音色。何かに追われるような日常の中、ちょっと立ち止まれるような時間をもらった。


栗原葉子写真展「ゆうつも」@日音色

期間 2010年9月10日(金)〜9月28日(火) 13:00〜19:00
場所 日音色
   大阪市中央区谷町6-13-36
    tel 06-6763-1114
ラベル:栗原葉子 展覧会

2010年09月25日

高橋水木個展 木展@gallery COLOR

image-20100924193244.png

 今日は現在開催中の高橋水木個展 木展@gallery COLORをご紹介します。

 音楽活動やart musiclaboでの表現活動を続けているmizukiさんが、本名で初の個展に臨んだということで、すごく楽しみにしていました。

 ギャラリー奥にはキーボードが常設、過去のCDも売られていたりと日頃のmizukiの活動を垣間見せながらも、中央には画材が置かれ、そこでもくもくと木を書いている水木さんが。

image-20100924193302.png

 聞くと、今回の作品は全て手で書いたそう。しかも、そこに置かれている3色の天然素材による絵の具を使用して、様々な色合いや風合いの作品を紡ぎだしています。

image-20100924193326.png

 壁面を覆い尽くす大作。リサイクル感覚でソファーの布を使ったり、ハギレの和紙を切って貼ったりと、さまざまな素材を使った大樹がそこに。下の方には、来場したお客様が思い思いに書いた木がずらりと置かれていて、木の根のように広がっています。

image-20100924193343.png

 森の精として、水木さんの友達作の布小物もあちらこちらに置かれていて、みんなで作っている個展なんだと実感。これが水木さんらしさなのかもしれません。

 自身がずっと向き合い、これからも向き合うであろう”木”という題材を自由に表現している姿はとても楽しそうでした。

 気分が乗れば演奏や歌もあるそう。なんとしてでも乗ってもらいたいですね(笑)
木のように大きく包まれるような展覧会。今週日曜までです。


高橋水木個展 木展@gallery COLOR

日時 2010年9月22日(水)〜9月26日(日)13:00〜19:00(最終日は16:00まで)
場所 gallery COLOR
   神戸市中央区北長狭通5-8-4
ラベル:MIZUKI

2010年09月24日

syake個展「夢刻 菓子店」@soramimibunco


image-20100924163818.png

現在開催中のsyake個展「夢刻 菓子店」@soramimibunco。
素敵な絵本でいっぱいのsoramimibuncoさんにすごく馴染んだsyakeさんの絵、やさしい気持ちになります。

image-20100924163904.png

かわいいお菓子職人が奮闘!こんなお菓子食べたいと思ったら・・・

image-20100924163922.png

プティダ・プティさんの美味しい焼き菓子がスタンバイ♪お菓子とイラストがこんなに相性がいいということを実感です。

大谷美術館裏のほっとできる空間で、syakeさんとゆっくり話しながら、作品を楽しめますよ。明日まで!

2010年09月22日

vol.86 家ie(1)


image-20100922181428.png

ひとこと:1番最初に見つけたのが、この看板。目線高くして探してみて♪
posted by MusiCafe♪ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

きのこ展@ギャラリー関西つうしん

image-20100920170954.png

今日は、現在開催中のきのこ展@ギャラリー関西つうしんをご紹介します。

印象的なwassaさんのDMに釘付けになっての初訪問となったギャラリー関西つうしんさん。靭公園の北方面にあるビルの2階にあり、10月で1周年を迎えるニューフェイスではありますが、ブログ「関西つうしん」として長きに渡り作家さんとの交流を続けてきた歴史がある、とてもユニークな雑貨&ギャラリーのお店です。

image-20100920170042.png

こちらは南堀江で作家作品とアンティークを扱うUz-Uzのオーナーでもあるs.ukawaさんの作品「地のこ」。
その発想とダイナミックさに脱帽です。

image-20100920170101.png

こちらはyuko moroさんの手作りガラガラきのこ。きのこというキーワードから様々な作品が飛び出します!

image-20100920170131.png

ポストカードは刺繍(ミシンで!)作家のMICAOさんのもの。常設でレターセットや絵本も取り扱っています。

image-20100920170154.png

企画展の展示、販売がある一方、常設展示、販売として置かれている作家さんの作品が非常に多いのもギャラリー関西つうしんさんの特徴。イラストレーターさんたちの作品の数々に常に触れることができます。
できるだけ原画も置いて、観に来た方に作家さんの原画に触れてほしいと語って下さったオーナーの中西さん。他にも

・松岡文さん(イラストレーター)
・小林さゆりさん(イラストレーター)
・オクムラミチヨさん(イラスト作家、アートバザールではライブペインティングを披露)
・かわさきみなさん(イラストレーター)

等関西で活躍中の作家さんが常に新作のグッズを納品しています。

この秋も企画展や個展が目白押し、是非足を運んで見て下さいね。


きのこ展@ギャラリー関西つうしん

期間 2010年9月1日(水)〜9月26日(日)12:00-19:00 ※日曜は13:00-16:30
場所 ギャラリー関西つうしん
   大阪市西区京町堀1−7−19 富山ビル201

ギャラリー関西つうしん サイトはコチラ

2010年09月20日

vol.85 雑貨・ギャラリー 関西つうしん


image-20100920165633.png

ひとこと:ギャラリーらしい展示フライヤーがばっちり貼れる看板。目印にして下さいね!
posted by MusiCafe♪ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

1floor 2010 質朴/技術@神戸アートビレッジセンター

image-20100919120212.png

明日まで開催中の質朴/技術@神戸アートビレッジセンター。 若手アーティスト育成支援を目的としたシリーズで、今年は公募で選ばれた2名による作品展となっています。

image-20100919120243.png

壁面の鮮やかで繊細なモチーフは、柴田精一さん作。アクリル絵の具で自作の色紙を作り、それを切り出し、重ねるという地道な作業ですが、色の重なりや形のバランスなど無限大の可能性を秘めている作品に圧倒されました。

image-20100919120304.png

床面に敷き詰められているのは、中村裕太さんのタイル作品。住宅地を散策して収集したタイル片を使って壁面とは違った質感を作り出しています。

広いスペースを生かしたダイナミックな展示を楽しんで下さいね。

2010年09月12日

淡路島・国生み神話芸術祭 2010

kuniumi-art-web.jpg

今日は淡路島で開催される淡路島・国生み神話芸術祭 2010をご紹介します。

今年は7月から開催されている瀬戸内国際芸術祭に足を運ばれた人も多いのではないでしょうか。島まるごとがアートと化したり、廃墟での演劇など、島巡りとアート、音楽が満喫できると人気が高いようです。

そんな島アートイベントが関西の方には一番身近な淡路島で開催されます。
『淡路島・国生み神話芸術祭』は、淡路島の賀茂神社(鎮守の森)を会場として、18日(土)、19日(日)の二日間、淡路島に古くから伝わる国生み神話をテーマに、淡路島内外のアーティストによる作品展や、神話劇、ライブ、マルシェ形式での食や物産の紹介などを行う文化発信のための総合芸術祭。

開催期間中は神社駐車場を夜間開放し、テント村として利用できるそうなので、泊まりがけでゆっくりと芸術祭を楽しめますね。

la galerie100829-3.jpg

本芸術祭のアートプログラム・ディレクションを行っているGLAN FABRIQUE inc.河上さん。
開催に向けて忙しい日々でも、自身のギャラリー、la galerieのイベントをこなす超人ぶり。
ライブでは、先日ご紹介した杉瀬陽子さんも出演しますよ!

賀茂神社(野外)で行われる神話劇も、きっと幻想的で感動を呼ぶことでしょう。
淡路島で芸術も音楽も、そして食べ物も存分に楽しんで下さいね。

鎮守の森 美術館計画は入場無料。
夏の夜の野外神話劇「神かたり」は前売2500円、当日3000円。

スケジュール、詳細は淡路島・国生み神話芸術祭



ラベル:展覧会 ライブ

2010年09月10日

布仁美 はじまりとおわりとつづきと@beyer


image-20100910142314.png

毎回新しい手毬を作り出している布仁美さんの個展は毎回楽しみにしているのですが、今回はフライヤーにbeyer店主三倉さんが

「今まで見ることのなかったものを作品のひとつにできないかと思いました。かわいいと感じるその向こう側をそっとのぞくことはできないかと。」

と書いていらっしゃるのを見て、期待を膨らませていたのです。

image-20100910142351.png

見て、触れて、聴いて、布さんの世界を味わえます。

ものづくりがいとおしく思える、作品の見る目が変わるような展覧会、明日までです。

2010年09月05日

アーティスト・トーク「川口静佳に聞 く、おうちのこと、土のこと。」@la galerie

la galerie100829-1.JPG

2005年からla galerieで個展を続けてきた陶芸作家の川口静佳さん。GLAN FABRIQUE inc.代表河上友信さんがモデレーターとして川口さんに様々な質問を投げかけ、アーティストの価値観や創作の源に迫るトークが展開されました。

まずは河上さんから、今回の作品たちを搬入時に見たとたんに鳥観(高い位置から見る)ができる低めの位置での海に浮かぶ島に家が並ぶような展示が思い浮かんだそう。

今までの家の作品にはなかった屋根のひさしがついたことにも注目し、それがおとす影を見てほしいと作品への愛を感じるコメントが。

川口さんからは、家にはたくさんのイメージがあり、日常生活から浮かぶものや深い生命感、力強さから感じるものがあるとのお話が。

屋根にひさしができたきっかけについては、
「新しい形をどんどん出していきたいと思っています。今まではなかなか思ったものを作る技術がついてこなかったけれど、ようやく技術が作りたいモノについてくるようになりました。49件を3週間こもりっきりで作りました。焼くよりも形に重点を置いているので、焼く方は庭で簡単な電気窯を置いてそこで焼いています。」

感じたものをカタチにする反射神経はあるという川口さん、もともとはガラス造形に憧れていたそうです。
繊細な素材であるため、素材に関して考えることが多く、次第にガラスという素材の大きな壁にぶち当たったのだとか。その頃は生活の中心が素材(ガラス)。自分のやりたいことは作品を作りたいのだと思い、素材を変えることに決め、陶芸作家として歩みはじめました。自分の生活に馴染み、すんなりと自分のペースに合う陶芸との出会いで、最初に作っていたのはボタン。生きる、くらすをテーマに家というモチーフに取り組み始めたのだそうです。

ご結婚されてから、作品にも深みが加わったとの声に、生活している上で暮らしの中での美意識を大切にしていると答えた川口さん。オフの日に目にしたり、耳にしたり、口にするものも意識しているそう。

la galerie100829-5.jpg

中盤からはギャラリーライブを行った杉瀬陽子さんも加わって、よりにぎやかトークに。
幼馴染という子どもの頃からの知り合いであるお二人ならではの、素直な質問が出てきました。

ずばり、「家というモチーフから発展させるのは難しいのでは?」との杉瀬さんからの質問には、
「夢の中で旅をたくさんしているようで、蓄積されているみたい。おうちから発展することはあるし、木になるモチーフもありますが、まだその時じゃない。」とコメント。創作の源が夢にもあったとはこれも驚きでした。

アートとデザインの融合というキーワードから、様々な職業、ジャンルの人にこの個展を見てもらいたいと力強く締めくくった河上さんの言葉。川口さんの作品に魅了された人が集まって素敵な時間が過ごせ、楽しかったです。
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】スペシャルトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

ASA-CHAN TABLABONGO NIGHT@bucato cafe& 納屋工房

asachan-100903.jpg

今日はパーカッション好きにはたまらないライブ、ASA-CHAN TABLABONGO NIGHT@bucato cafe&納屋工房をご紹介します。

タブラボンゴというインドネシア生まれの太鼓をたずさえ、元東京スカパラダイスリーダーのASA-CHANがソロで瀬戸内を回るツアーの最終を迎えるのが6日(月)納屋工房@姫路、7日(火)bucato cafe@元町です。

ソロライブを披露するだけでなく、タブラボンゴにまつわるトークからワークショップまで盛りだくさんの内容になるそう。パーカッション好きなら、見逃すな!の豪華でアットホームなライブになること間違いなしです。

ライブ開催が迫っているので、ご予約はお早めに。
夏の終わりは、ASA-CHANとTABLABONGOでリズムをカラダに刻み込みましょう♪


ASA-CHAN TABLABONGO NIGHT@bucato cafe&納屋工房

納屋工房@姫路
日時:2010年9月6日(月)開場19時30分 開演20時00分
食事:BONBON CAFE
料金:予約2500円 当日3000円(+1drink別)

bucato cafe@元町
日程:2010年9月7日(火)開場19時30分  開演20時00分
料金:予約2500円 / 当日3000円(+1drink別)

ご予約・お問い合わせ
info@digup.noor.jp (Dig up長谷川さん)まで公演名、お名前、人数を明記の上、メールでご連絡下さい。
ラベル:ライブ

川口静佳 いろいろなおうち展@la galerie

image-20100831105649.png

 今日は、現在開催中の川口静佳 いろいろなおうち展@la galerieをご紹介します。

 おうちのモチーフを陶芸という素材で作り続けている川口静佳さん。はじめてひとひの個展で見てから、久しぶりの個展鑑賞となりましたが・・・

image-20100831105720.png

 入った瞬間にびっくり!ずらりと並んだ家たちは、さながら中世ヨーロッパの街並のよう。近づいてじっくり見てみると、似ているようでどれ一つ同じものがなく、屋根一つとっても味のある表情が心和ませてくれます。

image-20100831105742.png

 訪問した日は、川口静佳さんのアーティストトークが開催される特別な日とあって、今までla galerieで展示してきた過去の作品たちも一日限りで展示されていました。その中には、初めての作品ともいえる陶器のボタン(名刺にひもでくくってありました)が。アーティストに歴史あり。家というモチーフでも変遷を重ね、さらに表現力を増した川口さんの作品の魅力を存分に感じました。

 今回初めてと、緊張の面持ちでスタートした川口さんのアーティストトークの模様は後日ご紹介します♪
来週火曜日まで。これは見逃してほしくない展覧会ですよ!


川口静佳 いろいろなおうち展@la galerie

期間:2010年8月14日(土)−9月7日(火)11:30ー20:30 ※木曜日および最終日は17:00まで
場所:la galerie
    茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F

ラベル:展覧会

2010年09月03日

自転車とボテ箱in日音色 文房具屋の娘アルトの自転車行商


image-20100903222647.png

今日から開催されている自転車とボテ箱in日音色 文房具屋の娘アルトの自転車行商 @日音色。

懐かし文房具を展示販売するaltのninoちゃんが、この夏は谷町六丁目に登場です!

日音色の懐かし空間と相性もバツグン。昭和49年の大阪地図にも見入ってみたり。

image-20100903222704.png

フライヤーのイラストにもなっている行商カゴを乗せた自転車。今でも文具問屋さんが使っているのだとか。ガラスペンやインクがあるのもうれしいな。

文房具を見て、触れて、選ぶ楽しさを再認識させてもらえる展覧会ですよ。5日( 日)まで。、



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。