新着トピックス

2009年03月02日

透明に近づく夜@ヒトソラ

hitosora-090301 063.JPG

秋山羊子2ndアルバム『ピラニアの棲む湖』レコ発ライブ@STAR PINE'S CAFEの後、高円寺のヒトソラで行われた栗原葉子さん写真展クロージングイベント『透明に近づく夜』。

 葉子さんの写真をバックに、キーボードが配置され、昼間のライブとは違った自由な雰囲気。おいしい料理をつまみながらフリースタイルで好きな場所で楽しめて。

hitosora-090301 065.JPG

 『コロッケパン』から始まったライブ。途中、お客さんのリクエストでなんちゃって『100万本の薔薇』を歌ったり、短いながらその場でいろいろなものを紡ぎだす羊子さん。

 ふと、振り向いて葉子さんの写真や詞を眺めながら、ピアノを弾く指が動く。
「とどめたくても、とどめられないものばかりだよ・・・」

 葉子さんの詞が、いつのまにかメロディーにのって羊子さんの口から溢れだす。ゾクゾクする。こんなことがあるなんて。

 歌い終わって紹介する羊子さん。
「詞、栗原葉子!曲、今日いるお客さん、みんな!サンキュー!」
 
hitosora-090301 006.JPG

 ラストは新しいアルバムにも入っている『水分』。
昼間のオープニングでも披露した曲だけど、このときの『水分』は違った。透明な気持ちになれた。スペシャルな1日を締めくくるにふさわしい歌だった。

 YOKO×YOKO。二人から新しい何かが生まれてくる瞬間。その日、その時、その場所で集まったみんなで分かち合える幸せ。So Happy・・・

 最後のうれしいサプライズは、「みんなで撤収!」
好きな写真や詞を剥がして、持って帰ってほしいと号令をかける葉子さんの言葉に、みんなせーので!
 
hitosora-090301 067.JPG

     夢が夢でなくなる瞬間の
       甘さ と 痛さ


                      だから
                 抱きしめなくていいんだよ


      by yoko kurihara




posted by MusiCafe♪ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。