新着トピックス

2006年02月08日

ホットチョコレートを飲みながら、ミラクルワールドにワクワク〜「チャーリーとチョコレート工場」

ロアルド・ダール原作の人気児童書「チョコレート工場の秘密」原作を、鬼才ティム・バートン監督ができるだけ忠実にミラクルワールドを再現!一目見れば、そのこだわりぬかれたセットやできるだけCGを使わないちょっとアナログで質感のあるセットの数々に目を奪われるハズ。

 そして、その中に一際エッセンスを添えるのがチョコレート工場の従業員であるウンパルンパ。ダニー・エルフマンが繰り広げる様々なテイストの曲に乗って、何十人ものクローンウンパルンパたちが歌って踊るのを見ていると、なんだかウキウキしてきます。

 思わずホットチョコレートが飲みたくなる、そして飲み終わったら踊りたくなる、とても楽しい映画!もちろんエキセントリックなワンカ工場長もお見逃しなく!
チャリチョコ.jpg「チャーリーとチョコレート工場」“CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY”(05アメリカ)

<director>ティム・バートン
<cast>ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、クリストファー・リー他
<story>
 毎日晩ご飯はキャベツスープという貧しい家に暮らすチャーリー(フレディー・ハイモア)。二人のおじいちゃん、おばあちゃんたちとおとうさん、おかあさんに囲まれ愛情に囲まれて育ったチャーリーは、ある日同じ町の端にそびえたつチョコレート工場の主、ワンカ(ジョニー・デップ)が、5人の子どもを工場に招待することを知る。招待状のゴールデンチケットを求めてワンカのチョコレートが飛ぶように売れ、次々にゴールデンチケットを当てた子どもが現れる中、お誕生日の日だけしかチョコレートを買ってもらえないチャーリーには、チャンスがないように思われたのだが・・・

 


posted by MusiCafe♪ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。