新着トピックス

2006年03月21日

coba & bellows Lovers〜 myジャバラway 〜

CobaAndBellowsLovers_MyJavaraWay.jpg

アコーディオニストcobaの企画による
ヨーロピアンなカバーアルバムを1枚紹介します。

「ディア・モデストマン」や「マニアコバ」シリーズでコバの世界をいろいろ堪能できますが、coba以外のアコーディオニストを交えた曲が聴け、さらに一味違ったアコーディオンやバンドネオンの魅力が聴けるのは、このCDならではでないでしょうか〜
カフェでもイタリア風のお店でBGMとして流れてそうですね。


1曲目の「マイ・ウェイ」
一度は耳にした事のあるポール・アンカのスタンダードナンバー
coba風にアレンジされており、しっとり聴かせてくれます〜

2曲目の「雨」
2002年に車のCM曲として話題になったので聴いたらご存知の方も多いはず〜
ジリオラ・チンクェッディの1969年のヒットソング♪

3曲目の「あなたのとりこ」
フレンチポップで有名なシルヴィ・バルタンのヒット曲!
1969年で古い曲であるが、最近いろんなところで流れるので話題になっていますね。

4曲目は「パリの空の下」
1951年のフランス映画「巴里の空の下セーヌは流れる」のメインソング。
名曲で今も多くのアーティストがカバーしているのではないでしょうか。
かなりいい感じです。アルバムの中で一番いいかも。

5曲目「ダンシング・クイーン」
アバの大ヒットナンバー
絶対聴いたことがありますよ(笑)

6曲目は「パイプス・オブ・ピース」
口笛とオルガンとアコーディオンがえ〜感じでマッチしています。
ポール・マッカートニーの発表した1983年のアルバムに収録されています。
しっとりとした曲です♪

7曲目「ラヴ・ウィル・ティアー・アス・アパート」
ボーカルとアコーディオン等いろんな楽器が登場して
それぞれがいい味を出してます。しっとりとした曲です。
ジョイ・ディヴィジョンが1980年に発売したヒットソング!

8曲目「グリーンスリーヴス」
みんなご存知のあの曲がJazzにアレンジされちゃいました。
アコーディオンの音色がたまりません♪

9曲目「愛の休日」
フレンチ・ポップのミッシェル・ポルナレフのヒットナンバー
いい感じです〜

10曲目「群集」
原曲は「誰も私の悩みを知らない」というタイトルらしい・・
南米ペルーのワルツで1953年にリリースされ、アルゼンチンで大ヒットした作品。

11曲目「アラバマ・ソング」
アコーディオンと男性ボーカルがいい感じにマッチしており
1つのミュージカルオペラを見ているようです。
オペラ「マハゴニー市の興亡」を代表する作品。

12曲目「吼えろベローズ!」
曲の出だし踊りだしそうなリズムで
「Sing、Sing、Sing」と思わず間違ってしまいました(笑)。
曲の途中に、何名かのアコーディオニストでソロ回しをしていい感じです。

13曲目「伝説のチャンピオン」
クィーンの名作をcoba風にアレンジ〜♪
ロックをジャズ風に仕上がっています。
最後に締めくくるにいい曲です。

ぜひ、聴いてみてください〜


1.マイ・ウェイ(coba)
2.雨(北村聡&早川純)
3.あなたのとりこ(サブ&まみ)
4.パリの空の下(桑山哲也&かとうかなこ)
5.ダンシング・クイーン(coba)
6.パイプス・オブ・ピース(沖祐市&coba)
7.ラヴ・ウィル・ティアー・アス・アパート(栗原淳)
8.グリーンスリーヴス(桑山哲也)
9.愛の休日(coba et Eme)
10.群集(牧田ゆき)
11.アラバマ・ソング(佐藤芳明)
12.吼えろベローズ!(coba&Bellows Lovers)
13.伝説のチャンピオン(coba)


posted by MusiCafe♪ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。