新着トピックス

2010年11月13日

Musicafe的大阪ヨーロッパ映画祭の見どころを紹介!OTOnaART presents 大阪ヨーロッパ映画祭特集@space eauuu

今日は18日から開催される大阪ヨーロッパ映画祭最新映画初上映より、Musicafe的オススメ映画をご紹介します。


Beauty and the Paparazzo_s.jpg
19日18:45〜『美女とパパラッチ』(10ポルトガル)

TVスターのマリアナと彼女を追いかけるパパラッチのジョアナが、パパラッチをしているうちに彼女を助けるハメになり恋に落ちるのだが・・・正統派ラブコメの要素満載。『ローマの休日』のようなリスボンでのデートシーンもあれば、『ノッティングヒルの恋人』のように風変わりな同居人がいい味を出していたり。主人公のマリアナもサバサバとしてとても魅力的な女性だし、苦境に追い込まれるジョアナのかわいいダメ男ぶりもはまること間違いなし。デートムービーにもオススメです。
上映前のポルトガルワインや、来日ゲスト勢揃いの舞台挨拶もあり、映画祭の楽しさを味わえること間違いなし!


40_s.jpg
20日12:20〜/19:45『40』(09トルコ=アメリカ)

冒頭からサスペンスフルな展開に思わず引き込まれる力強い作品。主人公は小さいときから刑務所に出入りを繰り返し、さえない人生を送る男。アフリカからパリに進学した幼馴染に会うため密出国したらイスタンブールに辿りついてしまった男。そして、病院の医師と結婚したものの浮気を知り、娘を連れて離婚を考えている看護婦。境遇の全く違う3人の人生があるカバンによって引き寄せられ、それぞれの人生の歯車が狂いはじめる意欲的な群像劇。
劇中には、イスタンブールの下町の様子や、そこに住む人々の映像が随所に挿入され、イスタンブールの今を映し出しています。映画好きにおすすめしたい人間ドラマ。


the scret of kells_s.jpg

21日12:30〜『ブレンダンとケルズの秘密』(09フランス=ベルギー=アイルランド)

今年のアカデミー長編アニメーション賞ノミネート作品。アイルランドの国宝「ケルズの書」誕生のいきさつを息をのむぐらい美しいアニメーションでイキイキと綴っています。一部手書きのアニメーションは、その細やかな模様などケルトの伝統を見事に映像化していて、芸術の域。ケルト音楽を使って、大人のアートアニメーションに仕上がっています。アート好きの多いMusicafe読者のみなさんには一番のオススメ作品かもしれませんね。


will not stop there_s.jpg

21日15:00〜『的中』(08クロアチア=セルビア)

元クロアチア軍の若者はポルノ映画に出ていたある女性を探し出す。ただ彼女を守ろうとし、何も求めない彼の目的は何なのか。戦争の深い傷を持つ男と女の話ですが、ナビゲーターの役割を果たすポルノ映画の相手役の男優(ジプシーの男)の語りやジプシー音楽が独特の味わいを醸し出しています。サスペンスを思わせる展開なのに、どこか拍子抜けして笑える場面もあるのが東欧ならではのユーモア。究極のラブストーリーの側面もあり、見ごたえあります。個人的には一番オススメ。

監督とのディスカッションやサイン会など映画祭ならではの体験もいっぱい。

朝一番の上映は【モーニング”Chaud"シュー】サービスが。モーニング上映前にネスプレッソ社特製本格エスプレッソ&モンシュシュ社特製バラのフィナンシェが来場者全員にもらえます!20(土)から23(火・祝)の朝一番上映が対象。美味しい特典ですね。

先日開催されたOTOnaART presents 大阪ヨーロッパ映画祭特集@space eauuuアーガイブから、最新映画初上映全作品のトレーラーや作品の映像がご覧いただけます。実際の映像を観て、お気に入り作品を見つけて下さいね!



大阪ヨーロッパ映画祭サイトはコチラ

最新情報はTwitterから!大阪ヨーロッパ映画祭Twitterはコチラ
ラベル:OTOnaART
posted by MusiCafe♪ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。