新着トピックス

2006年04月25日

日本茶でも飲みながら一句いかが?〜『恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会』

恋は575.jpg

 昨年私が見た邦画の青春ムービー『リンダ・リンダ・リンダ』や『スゥイングガールズ』に比べれば随分ゆったり、まったりした感じで、LOHASな青春ムービー!『かもめ食堂』も手がけている萩上直子監督の持ち味なのかな〜 

 題名にもあるように、部員の間での淡い恋も描かれています。全員片想いに終わるあたりが、高校生の甘酸っぱい思い出といった雰囲気で懐かしくもあり、微笑ましくもあり・・・(笑)

 俳句の方は、本当にこれで“俳句甲子園”に出場できるのか?といったゆる〜い練習、相手は強敵、前途多難・・・だったのですが、どん底まできて、心をひとつにして望んだ敗者復活のチャンスをモノにし、自分達らしさを大事にしながら、少しずつ自信をつけてくる様は、きっと強敵に勝つことは薄々分かっていても思わずドキドキしながら応援したくなります。

 日本茶(映画では伊藤園の”おーいお茶”ペットボトルを握り締め・・・)でも飲みながら、まったりゆっくり、舞台となる海岸どおりの町並みや本選場松山の風景もご堪能下さい!

 見終わったら、ちょっと一句作りたくなるはず!『恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会』(04日本)

<director>萩上直子
<cast>関めぐみ、小林きな子、蓮沼茜、橋爪遼、細山田隆人、杉本哲太、柄本明、もたいまさこ、高岡早紀他

<story>
 統廃合が2年後に迫り、「我が校の名を残したい」と願う校長(もたいまさこ)は、俳句甲子園への出場とその顧問を国語教師マスオ(杉本哲太)に任命する。

 大会に出場するために集められた即席の俳句部員は、写真部の土山(橋爪遼)、土山に憧れるマコ(小林きな子)、野球部の補欠選手だった山岸(細山田隆人)、漢字ドリルの猛勉強よりもマシと渋々選んだ帰国子女の治子(関めぐみ)、春子に憧れるウクレレ大好きの後輩Pちゃん(蓮沼茜)。

 俳句甲子園に向けて、俳句を読む練習をする5人だったが・・・


posted by MusiCafe♪ at 20:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 【Musicafe♪】おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、アフィリエイトサイトのe−アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e−アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円〜・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e−アフィリ http://e-af.net/?mo
Posted by e-アフィリ at 2006年04月25日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カフェ読 『Dr.コパのマンション、アパートの風水家相が効く』
Excerpt: ★これからの時代はネット銀行★ !ジャパンネット銀行 24時間土日祝日ご利用可! JRA即PATにご利用できます 今回は俺の引越しが間近に迫ってきているのでDr.コパの マ..
Weblog: CafeStyle
Tracked: 2006-04-26 08:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。