新着トピックス

2010年11月28日

本物のロックスターの真実が今、よみがえる〜movie from 『ドアーズ/まぼろしの世界』

doorsmain.jpg
(C) 2010 Rhino Entertainment Company, a Warner Music Group Company.

アメリカが一番アツく燃えていた60年代後半から70年代にかけて、若者の絶大なる人気を集め、今も人々の心の中に生き続けるカリスマボーカリスト、ジム・モリソン。

当時の映像を巧みに組み合わせながら、単なる伝記ではなく、時代の熱気をも再現するような力強いドキュメンタリーが現在公開中です。

『ドアーズ/まぼろしの世界』では、バンドの歴史を劇的に変える伝説のライブや、エド・サリバンショーに登場したシーンなども登場。詩人としての人生を歩むことを選んだジム・モリソンはその詞もどこか哲学的で、時代を越えて愛される普遍性を持っています。

ライブの迫力、観客の熱気、ジムがステージから消えても演奏しつづけるメンバー。そんなありのままのドアーズの姿を、自身もギターを演奏するジョニー・デップがクールなストーリーテラーで魅せてくれます。

今の時代にはない憤りや熱気を体感できる爆音系音楽ドキュメンタリー。
本物を観たい人には絶対オススメの作品です。

現在シネマート心斎橋で公開中。
神戸は12月18日から神戸アートビレッジセンターで公開。
『ドアーズ/まぼろしの世界』”WHEN YOU'RE STRANGE”(10アメリカ)

<director>トム・ディチロ
<cast>ドアーズのメンバー( ジム・モリソン/ジョン・デンズモア/ロビー・クリーガー/レイ・マンザレク)他
<narration>ジョニー・デップ

<story>全て1960〜70年代当時のドアーズの本物の映像を元に作られており、再現映像は一切ない純度100%のドキュメンタリー。ジム・モリソンが製作・脚本・監督・主演をした幻の映画『HWY(ハイウェイ)』の一説からはじまるオープニング。60年代アメリカの変貌と重なるようにブルースからロックへとサウンドの変貌を遂げ、圧倒的人気を獲得するドアーズの生映像が怒涛のごとく押し寄せる。


posted by MusiCafe♪ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。