新着トピックス

2007年03月20日

秋山羊子、はじめにきよし、SIBERIAN-NEWSPAPER、ザッハトルテ in 「FIVE STAR Music」@HEP HALL Report

hephall (25).jpg

 今日は3月18日に梅田HEPHALLで行われた「FIVE STAR Music」
Reportをお届けします。

@ザッハトルテ〜ヨーロッパの音楽が縦横無尽に駆け巡る〜

貴方とワルツを踊りたい
貴方とワルツを踊りたい

あなたとワルツを踊りたい.gif

 トップバッターは、アコーディオン、ギター、チェロの3人によるヨーロッパの音楽を中心にしたアコースティックユニット『ザッハトルテ』。

 スーツを着て、ヨーロッパのジェントルマン風ながらどこかとても強烈な個性を匂わせる3人。いざ演奏を始めると、まず目を惹いたのがアコーディオン。カホンのようにボコボコ叩いて、アコーディオンが打楽器になっていました(笑)

 熱いチェロの演奏や、合間のちょっとすっとぼけたMCも味があって観客を惹きつけます。
曲によって、ヨーロッパのケルト音楽だったり、フランスのミュゼットだったり、時にはギターがフラメンコのようなアルペジオを奏でてみたりと多彩で楽しめます。ヨーロッパだけではなく、アラビアの方面まで進出!?みたいなラストの曲もよかった。

 音楽、パフォーマンス、どれをとっても花丸のハマル人は思い切りハマりそうな熱いヨーロッパミュージック『ザッハトルテ』。心奪われましたね♪

ザッハトルテ公式HPはコチラ

A秋山羊子〜ワンマンで魅せる羊子ワールド、寄り添う声に心ほどけて〜

指一本で倒されるだろう
指一本で倒されるだろう



 大阪2度目となった今回のステージは、前回のドラム、ベースを従えたトリオとは違い、キーボードを前に弾き語るワンマンスタイル。舞台中央の羊子さんに観客の視線が集まる中、沈黙の糸をほどくピアノの音色が・・・

 1曲目は昨年リリースしたアルバムのタイトル曲『指一本で倒されるだろう』。華奢な体を揺らしながらピアノを夢中で弾いていた羊子さんから発せられた曲の最初の「あ〜」という言葉を聞くと、もうすでに羊子さんワールドに入ってしまう自分がいました(笑)

 先ほどまでの熱いステージと負けないぐらい、キーボード一台だけで見事に歌い上げる羊子さん。余計な音がないだけに、聞くほうも歌に集中できました。

 今回は、短い時間ながら新曲も交えて、トークこそはなかったものの、新しい一面を見せてくれたライブ。元気付けられるような『水分』という曲は最後まで頭の中でリフレインしていました。

秋山羊子公式HPはコチラ

BSIBERIAN-NEWSPAPER〜とっても熱いアコースティック、その視線は世界の隅々まで無限に広がる〜

ASIATIC SPY
ASIATIC SPY

ASEATIC SPY2.gif

 3番手に登場したのは男性7人のインストゥルメンタルグループSIBERIAN-NEWSPAPER。
 オープニングから、その迫力に度肝を抜かれます。
踊るように歌うように奏でるバイオリンや、ずらりと並んだギターたち、そして眼前には見たこともないような楽器(長〜〜〜い笛のような・・・)や小物を操る人が・・・

 面白いなと思ったのは曲のタイトル。
『僕の村は戦場だった』、『柵から逃げだし亡命する軍馬の話』など、ちょっと普通のアーティストは違う、世界に目が向いているような曲を作るグループなのだなととても興味を惹かれました。

 曲の出だしはバイオリンで優雅に、癒される雰囲気なのですが、曲が進むにつれて会場の温度を2、3度上げるぐらいの盛り上がりよう。ハンパじゃなかったですよ。

 実に楽しそうに、そしてその場のセッションを楽しんでいたSIBERIAN-NEWSPAPER。演奏しているメンバーの表情を見ているのも楽しかったです♪

SIBERIAN-NEWSPAPER公式HPはコチラ

Cはじめにきよし〜念願ののこぎりサウンドは、天使のささやきの如く星空へ導く〜


楽


 ラストを飾ったのは はじめにきよし。結成して12年とこの日出演したアーティストの中でもキャリアはダントツですが、そのキャリアを十分に感じさせる、リラックスムードで始まりました。

 ギター、のこぎりのさきたはじめさんと、ピアニカの新谷きよしさんのアコースティックデュオ。漫才のボケとツッコミのような役割分担も絶妙。3度ほど上がった会場の温度も笑いでまた温度をキープ(爆)。ほんとウマイです。

 ねこをテーマにした肩の力を抜いてリラックスして聞ける曲たちが続いた後に、ついに登場したさきたはじめさんの”のこぎり”。
 『満天の星を見上げながら』という曲で初めて奏でられたのこぎりの音色は、人か天使が囁くような美しく儚い音色。HEPHALLが星空の下にワープしたような気分で気持ちよく聞いていると、流れ星がいくつか流れていきました。

はじめにきよし公式HPはコチラ

 大人にふさわしいライブのラストは、静かに「おやすみなさい」で締めくくられ、贅沢な一夜が観客一人一人の思い出に残ることと思います♪


posted by MusiCafe♪ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「みちくさ」-はじめにきよし
Excerpt: 「みちくさ」-はじめにきよし(アルバム/2009年)  ピアニカ+A・ギター純真無垢 サキタハヂメさん(ギター&のこぎり)と新谷キヨシさん(ピアニカ&ピアノ)のアコースティック・デュ..
Weblog: 某ファンサイト管理人の音楽随想記
Tracked: 2010-06-11 20:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。