新着トピックス

2007年03月31日

ラ・トォルトゥーガ(北浜 フレンチ)

la tortuga-out1.jpg

 今日は北浜にある隠れ家フレンチラ・トォルトゥーガをご紹介します。

 北浜のメイン通りよりも少し奥に入ったところにさりげなく居を構えるラ・トォルトゥーガ。その独創的な料理はフレンチの粋を超えてまさに”ワールド”な味!

la tortuga-in.jpg

 落ち着いた照明の中、店内奥にはカウンター席もあり、なかなかいい雰囲気。入店時からずっと流れていたフラメンコミュージックや押尾コータローなどが気になってお聞きすると、オーナーさんはスペイン方面で修行をされたのだとか。どうやらギターの調べがお好きなようですね♪
 
la tortuga-apre.jpg

 ランチは前菜とメインが選べる¥2100のコースのみ。
スープに続いて出てきたのがサーモンの軽い燻製。
サーモンに添えられたソースはオリーブオイルとオリーブの実、アンチョビなどをペースト状にしたものだそう。一工夫が感じられます。サーモンも厚切りで前菜の域を超えるボリューム♪

 メインは5種類から選べます。
こちらのボリュームもかなりのものなので、色々な種類をチョイスして取り分けも楽しめますよ。

la tortuga-main1.jpg

『シャラン産鴨のコンフィ』
下にはメキシコ料理でよく登場するビーンズたち。鴨も皮はパリッとしていて美味しかったです。

la tortuga-main2.jpg

『地鶏のジャンボネット』
切り分けると、中にはほうれん草等がまかれていて、とてもきれいです。一緒に盛られた野菜たちもやわらかくて、ソースとよく合います。

la tortuga-main3.jpg

『鹿児島豚バラ肉のエキゾチック』
超ボリュームの豚バラ肉はまわりはカリカリで酢豚から着想を得たというお味と聞き納得です(笑)

la tortuga-main4.jpg

『オーストラリア産 仔羊の煮込みとクスクス』
クスクスは南米の料理のようで、私は初体験。小さいお米みたいな感じで仔羊の柔らかさは言葉にできません〜

la tortuga-espresso.jpg

最後はデザートと共にエスプレッソできりっ締める充実のランチ。ゆっくり時間をかけて楽しみたい北浜の隠れ家フレンチ。味もボリュームも文句なしですよ♪

ラ・トォルトゥーガ

■住所 大阪市中央区高麗橋1-5-22
■電話 06-4706-7524
■営業時間 11:30-14:00 17:30-22:00
■定休日 日曜日
■その日のBGM フラメンコミュージック、押尾コータロー
■地図はコチラ


posted by MusiCafe♪ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ラ・トォルトゥーガ
Excerpt: La Tortuga (ラ・トォルトゥーガ)・・・カタカナにするとタイプしにくかったですわ。 北浜のフレンチの名店。といっても堅苦しいお店ではありませんわ。 フランス家庭料理といった雰囲気です..
Weblog: 関西・東海のグルメ&ホテル
Tracked: 2007-04-14 15:33

La Tortuga(ラトォルトゥーガ)の「シャラン鴨のコンフィ」
Excerpt: フレンチ・レストランのLa Tortugaでシャラン鴨のコンフィをいただく。 シャラン鴨(”Canard Challandais”)とは、シャラン地方産の鴨のことで、その種目..
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2009-03-03 14:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。