新着トピックス

2007年05月05日

fm osaka LIVE SPRING 2007大阪上町春めぐり〜花と歌〜Live Report

pasto-sign (15).jpg

今日は、3日に大阪城野外音楽堂で行われたfm osaka LIVE SPRING 2007大阪上町春めぐり〜花と歌〜Live Reportをお届けします。

@伊沢麻未〜ちょっとハスキーなパワフルボイス。今後の注目株♪

Prhthm
Prhthm


 ファーストアルバムを今年1月にリリースしたばかりの伊沢麻未。昨年夏には「orange sunshine」がfm osaka のパワープレイになるなど、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

 キーボードだけのアコースティックなライブとなりましたが、それだけにボーカルの魅力が引き立つステージ。『やまない雨はない』などスローなナンバーもよかったですね。

Aいきものがかり〜人気花丸急上昇の元気印、ステージでも跳ねる♪
桜咲く街物語
桜咲く街物語


 今回のライブで今一番勢いがあるアーティストといえば、この『いきものがかり』。
ライブ会場では、おでん君のかぶりもので気を引こうとするファンも出現、場内は大いに盛り上がりました(笑)

 ヒット曲の『さくら』、『うるわしきひと』などアップテンポなロックナンバーをはじめ、これからリリース予定の『茜色の約束』もいち早く披露。ファンには何よりのプレゼントになったのでは。この曲はちょっとスローな感じでブレイクすること間違いなしって感じですよ。

 ギター担当の人が吹くブルースハーブもなかなかのもの。これが入るだけで随分と雰囲気が変わるんですよね♪

Bdorlis〜待望のコラボ企画を生で堪能♪

Swingin’ Party
Swingin’ Party


 昨年も『大阪上町春めぐり〜花と歌〜』でハッピースゥイングを聞かせてくれたdorlis。今年もちょっとクラブ系のノリで晴れわたる青空の下、ちょっと小粋なスゥイングを聞かせてくれました。

 昨年同様、1曲歌う間にフラワーアレンジメントをするパフォーマンスを交え、いよいよクライマックスには大西ゆかりねえさんが登場!

 そうなんです、今回『大西ユカリと新世界』もライブに出演するということで、dorlis×大西ユカリのコラボ曲『メンズ・キラー・シスターズ』を生で聞けるというファンにはヤッタ〜の企画が。
それは迫力満点、昭和歌謡っぽいノリですが、パンチが効いて、テンポもよくて、カッコイイ♪これが聞けてほんと満足です(笑)

C押尾コータロー〜ギターの神様、技のすばらしさと曲のやさしさと、人柄の良さと全てがパーフェクト!幸せ〜♪

COLOR of LIFE (初回限定盤)(DVD付)
COLOR of LIFE (初回限定盤)(DVD付)


 実は今回のライブで個人的に一番楽しみにしていたのが押尾コータロー。彼のライブには一度行ったことがあるのですが、CDを聞くのとは全然違う暖かみのある音とそのパフォーマンス。ライブの合間のトークで感じられる人柄などが本当に素敵で、感動しました。

 今回は野外ライブ、しかも他にもたくさんのアーティストが出演するということで、オープニングからノリのいい『翼〜we are the Hero』ではじまり、途中には誰もが聞き覚えのある『Merry Christmas Mr.Lawrence』でしっとり聞かせます。

 会場全員でウェイブを巻き起こさせ、最新アルバムのオープニング曲となっている『Big Blue Ocean』を披露。そしてMCにのってそのまま立ち上がると、コンサートのアンコール定番曲『Hard Rain』でノリノリのアツイパフォーマンスを披露!
場内総立ちですよ。たったギター1本で!歌があるわけでもないのに!!!こんなことができるのは日本広しと言えども押尾コータローだけだと思います。

 最後は座って静かに、心の中に爽やかな泉がわきあがるような曲『オアシス』で締めくくった感動のライブ。アツクなり、癒され、感動した至福のひとときでした♪

DKAN〜ジャパニーズピアノマン!やさしい詩とポップなメロディーが心に染みる♪

遥かなるまわり道の向こうで
遥かなるまわり道の向こうで


 誰もが耳にしたことがある、元気がでるポップスといえばKANですよね。とはいえ、生で聞くのは実は初めて。

 どこかの政治家!?(笑)のようにぴっちりと七三に髪をまとめてイタリア製のスーツでビシッと決めて登場し、深々とおじぎをするだけで、どこか笑えてしまうキュートなキャラクター。

 舞台には一台のグランドピアノが置かれ、淡々と、とても気持ち良さそうに演奏するKANの歌声はちょっと甘くてセンチメンタルな気分にさせます。
『まゆみ』、『カレーライス』などのナンバーや過去の逆ヒット曲などキャリアが長いKANならではのしっとりと聞かせるステージ。
最新曲の『世界で一番好きな人』では、少し地球のことを考えたような歌詞も出てきて、切ない男心だけではない広い視野を持ったKANの一面が見えました。

 パリで学び直したというクラッシックピアノの音色が心に染みる素敵なステージ。クラッシックな雰囲気のポップス。聞き入るステージでしたね♪

E大西ユカリと新世界〜どうみてもディープです。凄いです♪

5-6-7 & more Live/大西ユカリと新世界
5-6-7 & more Live/大西ユカリと新世界


 名前だけは知っていました。きっと昭和歌謡っぽいのだろうなと思っていました。でも生はホントにディープです(爆)
生半可じゃないというか、伊達に『新世界』を名乗ってない!ということがよく分かりました。

 オープニングから「ムラ〜タ〜」なんてひたすら人の名前がゆらゆら登場する歌が出てきたかと思うと、ディープな歌詞が飛び出す子ども真っ青の歌まで、そこはまさに新世界。ユカリねえさんとバンドのみなさんのアツクてディープなパフォーマンスに度肝を抜かれました(笑)

 そしてアンコールはというと・・・これがまたダンスでノリノリ!!!いやあ〜ほんとよく踊りましたよ、マジで(爆)
トークもかなり面白かったし、これは一度是非ライブで体感をオススメいたします!!!

 雲ひとつないいいお天気の中で繰り広げられたアツイパフォーマンスの数々♪感動して、笑って、癒されて、本当に楽しいライブ。心にたくさん栄養をもらいましたね〜〜〜
ラベル:感動した ライブ
posted by MusiCafe♪ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。