新着トピックス

2008年04月13日

WAKKUNさんのおかげで・・・エミリー・ウングワレーに出会う

main-lmaga.jpg

 久々に運命を感じた出来事がありました。
今日、WAKKUNさんの個展に行く前に立ち寄った本屋で目にした今月号のLmagazineの表紙。

 信じられない大きな絵の前に女優の谷村美月ちゃんが立っているという構図に”凄い!”

 そして、訪れた個展で、来るお客さんどの方にも、挨拶に行かれ、絵を前に色々な話をされるWAKKUNさんがある作品集を見せてくれました。

 現在地から徒歩10数分で行けるという国立国際美術館で開催中の『エミリー・ウングワレー展』。オーストラリアの原住民であるアボリジニが生んだ天才画家と言われるエミリーの日本では初となる展覧会。

 「新幹線に乗ってでも!」と猛烈におススメしていただいたおかげで、迷わず直行!

080413-a Terre 021.JPG


 Lmagazineの表紙となっていた絵を見た瞬間、思わず
「凄い!!!」
と口から出るぐらい、人生で見た絵の中で最大級の絵『ビッグ・ヤム・ドリーミング』(291.0 x 801.8 cm)は、迫力があり、見れば見るほど力強さを感じる、すごく訴えかけられる作品でした。

 アボリジニの儀式のためのボディ・ペインティングからはじまったエミリーの絵画は、時期によって作風や色使いも違いますが、どれもとてもスピリチュアルで、エネルギーに溢れています。

 もっと早くに知っていれば紹介できたのですが、それでも残しておきたかったので、記事にしてみました。

 今回見ることができなかった方、是非エミリー・ウングワレーという名前を覚えておいてくださいね。

 WAKKUNさんのおかげです。ありがとうございました!

エミリー・ウングワレー展公式サイトはコチラ
*東京では5月28日より国立新美術館で開催されます。

posted by MusiCafe♪ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】 つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。