新着トピックス

2008年06月04日

cafeサルンポワク(箕面 オーガニックカフェ、ギャラリー)

サルンポワク -out.JPG

今日は箕面にあるオーガニックカフェ、cafeサルンポワクをご紹介します。

 阪急箕面駅のロータリー側から徒歩数分で出現するガーデニングの素敵な看板と、緑に囲まれた南仏風の建物。青色の扉がアクセントになっています。

サルンポワク -in1.JPG
 
 店内は、濃い茶色の木製テーブル&椅子がすっきりと並び、床のタイルがヨーロッパの食堂のよう。写真右手に見える階段を上ると、2階は併設のMI.CA.RIギャラリー。階段を中央に左右に広がるギャラリーは、屋根裏のような落ち着いた雰囲気で、風が流れる心地よい空間。

サルンポワク -080601 006.JPG

 こちらのメニューは、一切動物性の食材を使っていないオーガニックフード&ドリンク。
 この日いただいたのは、ピタパンサンドセット(ミニデザート、ドリンク付き、1050円)。

 自家製のモチモチ具合がたまらなく美味しいピタパンに挟まっている具にご注目!
 左:ひじきのマリネ、右:ひよこ豆のカレー、そして下は卵?ではなくて、豆腐とかぼちゃのくずしあえ。体にいいことはもちろんのこと、酸っぱいもスパイシーも、そして食感の違いも味わえる、ここしばらくでイチオシメニューです♪

サルンポワク -coffee.JPG

 ドリンクは、こちらも初体験となる穀物コーヒー。
大麦・ライ麦・乾燥チコリ・ピートが原料で、ノンカフェインなのでカフェインが苦手な人でも大丈夫。香ばしさが印象的なすっと体に入ってくる味です。他ではなかなか飲めませんね。

サルンポワク -in2.JPG

 窓際の席から外を眺めると、木々に囲まれた中庭やオレンジ色に塗られた隣の建物(暮らしのステキ雑貨『緑』さん)が見え、自分が箕面にいることをすっかり忘れてリラックスしたひとときを過ごせました。

サルンポワク -080601 003.JPG

 外のベンチで読書をするもよし、未開の地箕面に見つけたフェイバリットスポットですね♪


cafeサルンポワク
   
■住所 箕面市箕面6-2-18
■電話 072-764-8200
■営業時間 11:00-18:00
■定休日 水曜日
■その日のBGM インストゥルメンタル(ピアノ中心でした)
■HPはコチラ
■地図はコチラ


posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

一心茶房(難波 町屋カフェ)

一心茶房-out.JPG

 今日は難波にある一心茶房をご紹介します。

 なんば駅30番出口から徒歩1分とのことだったのですが、30番出口が見つけられず、さらにようやくそれらしきところにたどりついても、看板などが見当たらず・・・電話で教えていただき、たどりついたのはまさに路地裏。こんなところに?という周りの喧噪が嘘のような場所でした。

一心茶房-in.JPG

 靴を脱いで、2階に上がると昭和の家そのもの。
ちゃぶ台やなつかしの壁、オーナーさんの本好きが伺える色々な本がずらりと並んで、おばあちゃんの家に遊びに行ったような気分に〜

一心茶房-おしぼり.JPG

 出されたおしぼりも、小さいてぬぐいで水玉柄がかわいく花丸です。

一心茶房-ring.JPG

 メニューが決まったらこれで・・・と机に置かれた呼び鈴。風情があって、これまた花丸♪
いつもはさっと決められるのですが、ご飯ものも、スイーツも、桃まんじゅうやら水餃子まであって、どれも食べたい・・・選ぶのに一苦労(笑)

一心茶房 011.JPG

 選んだのは蓮茶のあんとタピオカが乗った蓮茶杏仁。
この杏仁豆腐がココナッツが効いているのか、普通のとはちょっとちがってやわらかくて美味しい。蓮茶のあんがさっぱりしているので、全体的な甘さも控え目で、これからの季節にはピッタリ!

 1階では雑貨やクッキーなどが販売されています。
オーナーセレクトの本も販売されていて、絵本からちょっとした読み物まで見ていて楽しかったです。
また、お得な古本コーナーもあるので、本好きは是非覗いてみて下さいね。


一心茶房(難波 町屋カフェ)

■住所 大阪市浪速区元町1-2-22 明星荘1号室
    (各線なんば駅 地下鉄30号出口 徒歩1分)
■電話 080-6118-1138
■営業時間 平日 11:00-21:00 日曜日 11:00-18:00
■定休日 5、0のつく日
■その日のBGM ジャズ、ポップス他
■地図はコチラ
■HPはコチラ    
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

うれしいお知らせ!おかえり、caneton♪

caneton080425-out.JPG

今日はとてもうれしいお知らせです!
昨年5月に惜しまれながら閉店した中崎町のcanetonが、再び中崎町に帰ってきました♪

 4月19日に同じく中崎町で再オープンしたcaneton。
場所は、以前のcanetonのあった場所から徒歩3分ほどのまさに路地裏。

 アンティーク家具green pepeの斜め前に見覚えのある看板が。
普通のおうちのように見える玄関をくぐると、すぐにカウンターがあり、オーナーのともさんの笑顔にこちらもテンションが上がります(笑)

caneton080425-in.JPG

 店内は以前よりも奥行きがあり、席数も増え、広くなった感じ。
広くて真っ白の壁面がたっぷりあるので、近い将来はギャラリーとしても活用できそう。

caneton080425-cake.JPG

 メニューは定番のスコーンやシフォンケーキをはじめ、新顔のチーズケーキも。
ランチも種類が増え、これからいろいろと食べたいなと心の中でニンマリ♪

 新しいスタートを切ったcaneton。前は店の奥にあったカウンター&キッチンが店の入口に来たことで、ともさんとお客さんとの距離がぐっと近くなったような気がします。

 私も含めて、来られるお客さんと楽しそうに話すともさんの姿を見て、こちらまでうれしくなってお店を後にしました。
おかえり!!!


caneton<カヌトン>

■住所 大阪市北区中崎3-1-12
■電話 06-6374-5099
■営業時間 12:00-20:00(土日-19:00)
■定休日 木曜日&月1回不定休
■地図はコチラ
ラベル:caneton
posted by MusiCafe♪ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

LOIS CAFE茶屋町(梅田 カフェ)※08年6月閉店

lois cafe-out-s.jpg

 今日は梅田、茶屋町の高架下にあるLOIS CAFE茶屋町をご紹介します。

 かっぱ横丁をぬけて、ホテル阪急インターナショナルやシアタードラマシティーの向かいにあるLOIS CAFE茶屋町。

lois cafe-in1-s.jpg

 大きなガラス窓、天井の高い店内は解放感があると同時に、パーテーションでうまく区切られていて、プライベートな空間の演出もされています。

 ランチタイムは1000円(ドリンク別)で、パスタ他3種類から選べます。 

lois cafe-lunch1.JPG

 こちらはボリューム満点のビーフシチュー。サラダや食べ放題のパンがついています。かなり本格的な味で、ランチタイムならではのお得感いっぱい♪ 

lois cafe-lunch2.JPG

 こちらはカレーですが、アジアンテイストたっぷりで、ココナッツミルクも入っている(であろう、笑)独特な味。そしてウマイ!

lois cafe-puffe.JPG

 お茶タイムにはこんなにボリュームいっぱいのパフェも。

lois cafe-sweets-s.jpg

 ケーキについてくるドリンクは、プーアール茶などの中国茶も選べます。

lois cafe-in.JPG

 1階が混んでいるときは、2階もおススメ。眺めもよく、ゆったりとくつろいだ時間を過ごせます。

 駅からも近く、使い勝手もバツグン。落ち着いたアジアンリゾート気分が味わえる、覚えていると便利なお店ですよ。


LOIS CAFE茶屋町

■住所 大阪市北区芝田1-15-21
■電話 06-4802-2222
■営業時間 11:00〜23:00  
■定休日 不定休 
■その日のBGM アジア系ヒーリングミュージック
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

ワークマン・珈琲人(中津 珈琲店)

珈琲人ーout.JPG

 今日は中津にある珈琲専門店ワークマン・珈琲人をご紹介します。

 阪急中津駅北側の中津商店街を抜けて左手に見える大きなのぼりと明るい外観。美味しいコーヒーが飲めそうな気がして店内へ。

珈琲人ーin.JPG

 手前のカウンター席にオーナー母娘がいらっしゃり、奥にはテーブル席が。カウンター上のテレビが店のBGM。カウンターではコーヒーを飲んで気持ちよさげにうたた寝する初老の常連さんが・・・ゆったり、のんびり、くつろげる懐かしい雰囲気が心地いいです。

 コーヒー\350は、マイルドか苦味ありが選べます。
カウンターに置いてある年代モノの量りで丁寧に粉の分量を量り、目の前で淹れてもらうコーヒー。カップも湯通しして温めてくれていました。

珈琲人ーコーヒー.JPG

 出されたコーヒーを見て、ふわぁ〜と一息♪
このカップがまた素敵。味もほどよい苦味で濃すぎず飲みやすかったです。

 至福の一杯を飲んで、お店を出た後にこのお店が神戸の名店『にしむら珈琲』創業者、西村氏が開いたお店であったことを知りました。伝統の味を受け継ぎ、地元で愛され続けている珈琲店。出会えてよかったです。


ワークマン・珈琲人(中津 珈琲店)

■住所 大阪市北区中津3丁目23−11
■電話 06-6372-3732
■営業時間 8:00〜18:00
■定休日 土曜日
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

ART COCKTAIL<アートカクテル>(中津 ギャラリー、カフェ)

art cactail-out.JPG

 今日は阪急中津駅の高架下にあるART COCKTAIL<アートカクテル>をご紹介します。

 梅田から徒歩でも行ける距離ながら、駅を降りたとたんに昭和の香りがする、どこか懐かしい雰囲気。中津駅の近くには注目のスポットがどんどん誕生していますが、このART COCKTAIL<アートカクテル>も中津からアートを発信していこうと高架下という立地を利用したユニークな作りになっています。

art cactail-in.JPG

 店内手前はカフェスペース。奥はギャラリースペースとなっており、高い天井と白い壁面が目に飛び込み、高架下なのにすごく解放感があります。ちなみに現在はカーテンで仕切られている奥にはライブができるスペースもあって、ギャラリーだけではなくライブやパーティーなどマルチに利用できる穴場スポットですね。

art cactail-tea.JPG

 オーナーさんが買い付けてきた中国茶の種類が豊富でうれしいカフェメニュー。中国茶セットはお茶菓子がついて\500
さし湯できるようにお湯ポットもおいてくれるので、しっかりと中国茶を味わえます。
中国粥やお好み焼きなどのイートメニューもありますよ。

art cactail-in2.JPG

 カフェスペースの壁面は、ボックス型のブースが並んでいて、さまざまなアーティストさんの作品が展示および委託販売されています。
地元の学生さんが、アクセサリーを選んだりしている光景も。

 これからが楽しみな梅田徒歩圏内のアートスペース&カフェ。
中津散策のスタート地点として、是非立ち寄ってみてくださいね。


ART COCKTAIL<アートカクテル>

■住所 大阪市北区中津3-1-24 
■電話 06-6371-0012
■営業時間 12:00-19:00
■定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

まるか食堂vol.1(中津 カフェ、雑貨)

まるか食堂vol.1-sign-mc.jpg

 今日は期間限定カフェのまるか食堂vol.1をご紹介します。

 中崎町の元カヌトンのあった場所に第一回目として登場した『まるか食堂』。あの空間に再びカフェができて、訪れることができるというだけで、なんだか胸が高まります(笑)

まるか食堂vol.1-zakka2-mc.jpg

 店内は北欧雑貨を手がけるウェブショップのMARKKAさん買い付けてきた食器や雑貨達がならび、気分はヘルシンキ♪
リネン系からアクセサリーまで、幅広いラインナップの商品が壁面を飾ります。

 パンとお菓子のケータリングを行っているchez le boulangerさんのまるか食堂オリジナルフードメニューは、北欧の食器を実際に使ってサーブしてくれます。

まるか食堂vol.1-dish-mc.jpg

 2種類ある中から今回選んだのは、北欧らしいデザインのお皿。
もっとツウになると、和食器のようにシブいものを好むお客さんもいらっしゃるそうです。

 chez le boulangerさんのパンはもちもちした食感で、いくらでも食べられそうな美味しさ♪ 

.

 うれしいことに、テイクアウト用のパンも販売されています。MARKKAのロゴ入りビスケットや、今の時期にうれしいシュトーレンまで、日頃はネットでの販売が主だそうですが、いろいろ選べてパン好きにはたまらないですね。

まるか食堂vol.1-cd.JPG

 BGMも、もちろん北欧ミュージック。もともと音楽関係の仕事をなさっていたというMARKKAの店長さんは、北欧ミュージックにも精通しておられ、この日もつい最近来日し関西のカフェでライブを行ったヨハン・クリスター・シュッツの英語でボサノバミュージックがかかっていました。CDも販売されていますよ。

 今後も期間限定ショップとして、神戸や京都などでまるか食堂を定期的に開催していきたいと、よもやま話も含め、懐かしの空間でゆったり楽しい時間が過ごせた昼下がり。

 素敵な雑貨とカフェと音楽に囲まれて、ほっこりできますよ♪


まるか食堂vol.1(中津 カフェ、雑貨)

■日程 2007年12月19日(水)〜12月24日(月・祝日)
■住所 oops! here I go again
    大阪市北区中崎3-3-9 *中崎町の元canetonの場所です。
■営業時間  13:00〜20:00(最終日は18:00まで)
■その日のBGM ヨハン・クリスター・シュッツ『ブリサ・ノヴァ』、ファイヴ・コーナーズ・クインテッド『チェイシン・ザ・ジャズ・ゴー・バイ』
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

CHARKHA<チャルカ>(北堀江 雑貨、カフェ)

Charkha-out.jpg

 今日は北堀江にある東欧雑貨、カフェのCHARKHA<チャルカ>をご紹介します。

 地下鉄四つ橋線の四ツ橋駅、長堀鶴見緑地線の西大橋駅が最寄駅のCHARKHA<チャルカ>は路面店なので、入りやすい雰囲気。外から見ると雑貨屋さんのようですが、店内は意外と喫茶スペースが広くとられています。

Charkha-in.jpg

 店内は壁面を中心にチェコなどの東欧の雑貨、文具、手芸パーツ(ボタンやチロリアンテープ)などが並んでいて、どこか懐かしい味わいが。

 右手は喫茶スペースとなっていて、使いこまれた木のテーブルや椅子たちがいい味を出しています。

Charkha-cake.jpg

 現在おすすめのスィーツがこの『木の実のタルト』¥530
全て手づくりしているとのことで、ホームメイドな味わいがウレシイ。木の実たちの香ばしさがたまらない、ナッツ系がお好きな方にはイチオシのスイーツです。

Charkha-coffee.jpg

 CHARKHA<チャルカ>では、『赤い実コーヒー』さんの粉を注文ごとに轢いてドリップで淹れてくれます。
炭焼きの香りがいい、深いけれど濃くはないという何にでもあう味。
カップもステキですね。

 BGMとして流れているのは、お店で全作品の販売も行っているトウヤマタケオさんのCD。インストですが、どういうジャンルと表現できない心地よさと異国情緒を感じました。要チェックです。

 オーナーさんが出版した本も店内で読むことができます。
読むだけで、東欧にリュックをしょって長旅したくなるような楽しくて魅力的な本。後日、紹介したいと思います♪

 雑貨店であっても、喫茶のランチはかなりガッツリいけるメニュー(カレーもありましたね)も揃っていて、使えそうですよ。
実は、いろいろなところにこだわりを持っていそうな、知れば知るほどハマる!お店ですね。


CHARKHA<チャルカ>

■住所 大阪市西区北堀江1-21-11
■電話 11:30〜19:00
■営業時間 11:30-19:00
■定休日 火曜(祝日の場合は前日の月曜が代休)
■その日のBGM 『green』byトウヤマタケオ
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

cuore<クオレ>(梅田 カフェ、バー)

cuore-out.jpg

 今日は梅田にあるカフェ、バーのcuore<クオレ>をご紹介します。

 阪急梅田駅茶屋町出口を出て、新梅田シティー方向に出たらすぐに見つかる立地の良さ。ランチタイムから24時まで開いているので使い勝手もいいです。

cuore-cucktail1.jpg

 1階はカウンター席、2階はテーブル席、3階もあるようなのですが、常時オープンはしていないようです。残念・・・
テーブル席は隣との距離が近いため、あまり落ち着けない印象。BGMも大きめで洋楽がかかっていたので賑やかだなという感じです。

 夜にはこんなカクテルも登場〜(笑)

cuore-dish2.jpg

 単品ではパニーニサンド(ランチでもあるみたいです)などがありました。トースターでパリッと焼かれたサンドなので、ふんわりというよりはサクサク感を楽しみたいところですね。

cuore-dish1.jpg

 他にもグラタンなど、イタリアン系の単品メニューが。

cuore-cake.jpg

 1階のショーケースにもあるケーキも同店の売りのようで、このチョコレートケーキも濃厚な味わい。飲んだ後にお茶とケーキもいただける場所としては貴重かもしれませんね。

 もう少し空間にゆとりがあればと思うのは贅沢なぐらい、駅近で便利なカフェ。午後にはバリスタが常駐しているカプチーノもオススメなようなので、次はそちらを味わってみたいです。

cuore<クオレ>

■住所 大阪市北区芝田1-3
■電話 06-6371-9320
■営業時間 11:00-24:00(LO23:30)
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

millibar<ミリバール>(本町 カフェ、バー)

millibar-out.jpg

 今日は四ツ橋本町にあるカフェ、バールのmillibar <ミリバール>をご紹介します。

 地下鉄四つ橋線本町駅の23番出口を出て徒歩5分ほど。シンプルな外観ながら、花や観葉植物たちが店頭に置かれていることでヨーロッパの街角のカフェに入るような気分に(笑)

millibar-in1.jpg

 内装も手前はライトブルー系で、カウンター側奥のホワイト系とはまた違った雰囲気。

millibar-in2.jpg

 壁面に横長の鏡をつけることで、より雰囲気が北欧のカフェ兼食堂のような趣、まるで映画に出てくるような風景です。それだけで心掴まれてしまいました(笑)。

millibar-lunch-soup.jpg

 ランチは日替わりランチ(¥850)をセレクト。
この日のメインは『ハーブをきかせた肉団子と野菜のトマトスープ煮込み』。ちゃんと作られているなと思わせる優しい味で、野菜もたっぷり、冬はスープ系がうれしいですね♪

millibar-salad.jpg

 前菜もきれいに盛り付けられ、チキンやサラダを使ってオープンサンドとしていただくこともできます。きんぴらごぼうも実はオープンサンドに合うんですよ!

画像 020.jpg

 店内奥のカウンターで夜のお酒を楽しむもよし、使い勝手がよさそうなくつろげるカフェ。
でも、一番また来たいなと思わせたのは、お店の方の応対の良さ。
手持ちぶさたそうなお客様にはさりげなく新聞を用意したり、目配り、気配りが感じられて、とても気持ちがよかったです。

 またBGMとして流れている音楽も、DJ経験のあるスタッフがJAZZをベースに世界旅行をするかのようにジャンルにとらわれず心地のいい音楽をセレクト。さりげないこだわりが感じられます。

 コンテンツレーベルカフェが止む無き事情で一時休業となり、この夏に移転。millibar <ミリバール>として再スタートを切られ、さらにパワーアップ!
2階のmillibar galleryともどもこれからが本当に楽しみなお店ですね。


millibar <ミリバール>

■住所 大阪市西区立売堀1-12-17 artnikus bld.2F
■電話 06-6531-7811
■営業時間 平日11:30-15:00、18:00-23:00
      土日祝日11:30-23:30
■定休日 なし
■その日のBGM JAZZをベースにジャマイカ系〜スゥイングとワールドミュージックを交えたオリジナルセレクト
■地図はコチラ 
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

カフェSur.<シュール>(南船場 カフェ・バー)

cafe Sur.-out.jpg

 今日は、南船場にあるカフェSur.<シュール>をご紹介します。

 地下鉄心斎橋駅や長堀橋駅から徒歩10分以内と便利な場所にあるカフェSur.<シュール>。余談ですがすぐ近くには最近オープンしたばかりの、たむけんの『炭火焼肉たむら』2号店があるという密かに注目のスポット(笑)

cafe Sur.-in.jpg

 広いウインドウ側のカウンター席は、外を眺めながら一人でお茶をするのにピッタリ。

cafe Sur.-in2.jpg

 窓が広く明るい雰囲気かと思いきや、少し中に入るとこのように昼でもモードな雰囲気に。
そして店内奥には、昨日ご紹介したギャラリースペースのある席があり、場所によって様々な気分が楽しめます。

cafe Sur.-capputino.jpg

 少し甘い飲み物が好きな人にオススメなキャラメルカプチーノ。
あったかくて、キャラメルのキュッとした甘さがほっこり気分にさせてくれます。かなりたっぷり入っていますよ♪

 とかなりオシャレ系なお店なのかと思いきや、こんな看板を見つけてしまいました・・・

cafe Sur.-blackboad.jpg

 注目は一番下の『目指せ!!居酒屋』

 そして、店内の立派なカウンター席には焼酎や梅酒やずらりと並んだお酒の数々・・・オシャレなお店っぽく見えるのに、よくよく見るとなんだかヘン(爆)。

 10月から地下の劇場オーナーさんがこのカフェのオーナーとなり、リニューアルしたばかりで、実はスタッフも演劇関係者の方ばかり。壁に貼られているポスターやフライヤーなどを見ても納得がいきます(笑)

 そして、目指すは夜は一人でもふらりと立ち寄れるような居酒屋みたいなお店なのだとか。そう、中島みゆきが似合うような!(実際に夜はBGMとなっていますよ)。

 きっと面白い人たちが集まること間違いなしのカフェSur.<シュール>、『楽しい』というタグを思わずつけてしまったのも、何か楽しいことをやってくれるのでは・・・そんな期待がこもっているのです♪


カフェSur.<シュール>
    
■住所 大阪市中央区ふぁみーゆ南船場1F
■電話 06-6125-0111
■営業時間 11:00-26:00
■定休日 年内無休
■その日のBGM マドンナ『the IMMACULATE collection』(夜は中島みゆきもかかります)
■地図はコチラ 
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた(谷町6丁目 雑貨、喫茶、ギャラリー)

ひなた-out.jpg

 今日は、谷町6丁目にある雑貨と喫茶とギャラリーと ひなたをご紹介します。

 谷町6丁目の駅から徒歩1分という好立地。昭和の香りが感じられる町並みの中で、この『雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた』は築100年を超える長屋を改装してできたそうで、その様子は『ひなたの作り方』という本としてお店でも販売されています。

ひなた-zakka.jpg

 懐かしい雰囲気が漂う店内は中央や壁面に手づくり作家さんの作品(全て購入できます)が並び、陶器類からアクセサリー、七宝焼きのヘアピンやビーズ、塗り絵から飛び出したような女の子のシールまで、オリジナルのセレクトが目を惹きます。

ひなた-table.jpg

 店内入ってすぐの小さな空間には、昔小学校で使っていたような木のテーブルと机が。低学年サイズのとても小さな、でもかっちりした木の椅子に座ると、子どもの目線に戻りそう。目の前の柱時計が、コチコチと時を刻む音に耳を済ませる静かなひととき。町の音が耳に入ってくるのも違和感がありません。

ひなた-drink.jpg

 自家製キャラメルを使用したキャラメルミルクは、チャイとはまた違ったやさしい甘さにシナモンが効いたこれからの季節にオススメのドリンク。飲むとほっとできるおいしさです♪

 店内奥のギャラリースペースには、定期的に作家さんの作品展が開催されていたり、2階ではワークショップが行われるなど、落ち着ける空間でありながら、たくさんの人が行きかう活気が密かに感じられます。

 空堀商店街など他にも見どころのある谷町6丁目界隈。散策の一休みに、何か楽しいものを探しに、是非覚えておいて欲しいお店ですね。

雑貨と喫茶とギャラリーと ひなた

■住所 大阪市中央区谷町6丁目6−10
■電話 06-6763-3905
■営業時間 12:00-19:00
■定休日 水曜日、他不定休
■その日のBGM コチコチ刻む柱時計の音と町の音
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

SHAMUA<シャムア>(北堀江 カフェ、雑貨、ギャラリー)

shamua-out.jpg

 今日は北堀江にあるカフェ、雑貨、ギャラリーのシャムアをご紹介します。

 地下鉄四つ橋線の四ツ橋駅を出てすぐにある欧州館という雑居ビルの3階(昨日の看板を目印に!)で、螺旋階段を上っていくと奥に見えるこの扉の奥には・・・

shamua-in.jpg

 びっくりするぐらいにたくさんのアンティーク雑貨や小物たちの数々が、所狭しとディスプレイされていて、楽しいおもちゃ箱の中にいるよう♪リネンものから、1点もののアクセサリー、文具、キッチン用品、本と雑貨好きにはたまらない密度の濃さです(笑)

shamua-scoon.jpg

 席数は多くありませんが、店内ではスコーン(3種類入って¥525)をはじめ、手づくりケーキやクロックドムッシュなど、フレンチな軽食もいただけます。

shamua-gallery.jpg

 さらに階段を上ると、独立したギャラリースペースが。
明日まで4人展『心地いいもの』を開催中!
shamua-071024.JPG

 手づくり市に来たような、あたたかい一点モノの小物やアクセサリーが出迎えてくれますよ。

 コチャコチャっとした感じが、ちょっとワクワク感をもたらしてくれる、街のカルチャー発信地的な存在感がたっぷり。雑貨好きなら要チェックのお店ですね♪

シャムア

■住所 大阪市西区北堀江1-6-4 欧州館 3F
■電話 06-6538-9860
■営業時間 12:00-20:00
■定休日 水曜日
■その日のBGM フレンチポップスのコンピレーションCD
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

cafe百花moka<カフェモカ>

百花-out.jpg

 今日は茨木の町屋カフェ、cafe百花moka<カフェモカ>をご紹介します。

 JR茨木駅から徒歩5分(路地道を抜けると3分ぐらい、笑)という便利な場所でありながらも、住宅地の落ち着いた雰囲気の中にある一軒家。敷地内には来店客のものと思われる自転車も並んでいて、地域の人に人気があるのだなと思いながら、玄関を入ると・・・

百花-entrance.jpg

 玄関正面から入ると、その奥に懐かしさを感じる中庭が見えるギャラリー、la galerie<ラ・ガルリ>があり、右手にはオープンテラスもあるcafe百花moka<カフェモカ>があります。 

百花-in.jpg

 インテリアはすっきりとしたモダンな感じで、ダーク色の木の床に馴染みます。BGMも感じのよいスタッフセレクトのCD(ジャズ、カリプソ・・・)が流れる心地よい空間。

百花-curry.jpg

 カフェメニューでオススメなのが、こちらのオリジナルカレー。
数量限定なので、早めに行かないと売り切れることもある人気商品です。
 カレーで真四角のお皿という盛り付けはなかなか斬新!味も何種類もの香辛料が入った複雑でスパイシー、そしてとても香りのいいオリジナルな味がクセになりそうです。

百花-pitapan.jpg

 こちらは照り焼きチキンが入ったピタパンサンド。
他にも照り焼き丼やロコモコなど、ご飯系の美味しいメニューが揃っています。

百花-latte.jpg

 こちらはカプチーノ。
こんなハッピー顔のかわいらしい模様は初めて♪
 
 そして、ギャラリー併設カフェならではのベストポジションからの眺めはコチラ!

百花 (16).jpg

 テラス席やソファー席なども魅力的ですが、ギャラリーの展示を一望できるカフェ入り口付近の席は、私のイチオシ♪
右手の雲をイメージした布もきれいに見えて、美味しいカレーと展示を独り占めしたような贅沢気分が味わえました。

 ギャラリー併設型でしっかりご飯もいただけるカフェはなかなか貴重。雰囲気もよく、ゆっくりとできる、足を伸ばしてでもまた行きたいカフェですね。


cafe百花moka<カフェモカ>&la galerie<ラ・ガルリ>
 
■住所 茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
■電話 072-621-6953
■営業時間 日-木 11:00〜20:00
      金、土、祝前日 11:00-23:00
■定休日 水曜日
■その日のBGM カリプソ他
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

珈琲と紅茶と焼菓子 うた(六甲 喫茶)

うた-out.jpg

 今日は、珈琲と紅茶と焼菓子 うた をご紹介します。

 阪急六甲駅の北東方向にあり、駅からは徒歩5分ながら閑静な住宅街の角にあるビルの2階。昨日の看板が目印の『珈琲と紅茶と焼菓子 うた』は、今年の9月にオープンしたばかりの喫茶店です。

うた-in.jpg

 店内は白い壁に、シックなこげ茶のフローリングが落ち着いた印象を与えてくれる隠れ家的空間。南側の窓からは、神戸の海もチラリと見え、坂の街六甲ならではの景色を味わうことができます。

うた-coffee.jpg

 こちらのコーヒーは、25gか30gと量を選ぶことができます。コーヒーもやわらかめからしっかりめまで4,5種類ほどあるため、より濃いコーヒーを飲みたければ30gをセレクトするなど、自分好みの味を見つけられるのも一つの楽しみ。

うた-cake.jpg

 焼き菓子は常時2種類用意されています。
この日はプラムのケーキと、オレンジピールとキャラメルのケーキの2種類。
ラム酒につけられたプラムが濃厚な味わいのケーキはしっかり味のコーヒーにピッタリ。また、オレンジピールのケーキは、爽やかな感じで紅茶にもよく合いそうですね。

うた-ent.jpg

 日常を忘れて、ゆっくりしに来てほしいと話すオーナーさんは、長い間お店の構想を温めていたそうです。ずっとそこにあったかのように六甲の地に馴染んだ雰囲気や、オーナーさんの落ち着いた物腰に、こちらもすっかりリラックスでき、とても居心地がいいお店でした。

 一人で、お気に入りの本を片手にふらりと出かけて行きたいような新しい隠れ家が出来た気分ですね♪


珈琲と紅茶と焼菓子 うた

■住所 神戸市灘区宮山町2-8-15
■電話 078-842-0715
■営業時間 12:00〜21:00
■定休日 不定休(10月は3,17,31日がお休みです)
■その日のBGM 無印良品のコンピレーションCD
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

カンテ・カンテ(梅田 カフェ)

cante3bangai-out.jpg

 今日は阪急梅田駅地下の阪急三番街南館にあるカンテ・カンテをご紹介します。

 以前、同じく梅田のファッションビルE−maにあるカンテ・グランデイーマ店をご紹介しましたが、カンテ・カンテもチャイをはじめ、スパイシーなインド料理が楽しめるカフェです。

cante3bangai-in.jpg

 カンテ・グランデイーマ店に比べればこじんまりしていますが、内装は同じようなエスニックな雰囲気、もちろんBGMはインド音楽♪ 

pasto-curry.jpg

 今日は単品メニューをご紹介。コチラはチキンカレー¥780。
たくさんのスパイスが入ったインド料理ならではのカレーは今の時期にはピッタリですね。

cante3bangai-dish.jpg

 そして、春巻きのように巻かれている一品は、タンドリー・チャパティー¥730。チャパティーと呼ばれる皮に包まれているのは、インド料理の代表格ともいえるタンドリーチキン。おつまみにもピッタリで、しかも案外ボリュームあります。美味しいですよ♪

cante3bangai-russi.jpg

 ドリンクは、こちらも今の時期にはピッタリの酸味が効いているラッシー。しかもマンゴ味です(笑)

 ちょっとガツンとスパイシーなものを食べたいときに是非思い出して欲しい、駅近の使い勝手がいいカンテ・カンテ。値段が手頃なのもうれしいですね♪

カンテ・カンテ

■住所 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
■電話 06-6377-6387
■営業時間 10:00〜22:00
■BGM インドmusic
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

RollMadu<ロールマディ>(梅田 カフェ)

rollmadu-out2.jpg

 今日は西梅田のハービスエント地下2階にあるロールケーキが楽しめるカフェ、RollMadu<ロールマディ>をご紹介します。

 梅田地下道の四つ橋線西梅田駅から直結という好立地にあるRollMadu<ロールマディ>は平日のランチも人気で外に待つ人もいるぐらいです。店内手前のショーケースの中に並んでいるロールケーキを「いつかは食べてみたい♪」と思いながら通り過ぎた・・・なんて方も多いのでは(笑)

rollmadu-cakes.jpg

 実際に入店してみると、やはりその種類の多さにビックリ。
シンプルなものから、嗜好をこらしたものまでこれですぐに選べる人は逆に凄いかも〜

rollmadu-cake1.jpg

 こちらは「レアチーズ」
雪のように白いかわいいロールケーキはしっかりとレアチーズフレーバー。

rollmadu-cake2.jpg

 こちらは「テ・プランタン」
紅茶シフォンのようなふわふわ生地にいちごが爽やかな味わい。甘すぎず、とても食べやすかったです。

rollmadu-tea.jpg

 ケーキには紅茶をと頼んでみましたが、ティーバックなのにはちょっとガッカリ・・・お客さんが多いのは分かるのですが、せっかくなら紅茶にもこだわってほしかったような。

rollmadu-in2.jpg

 スタイリッシュな雰囲気とオレンジの色があざやかなチェアーなどちょっと非日常空間っぽく、近隣のビジネスマンやOLさんからはービスエントで観劇帰りのお客さんまでかなりの人気店のよう。

 ロールケーキ好きの方は一度行ってみると楽しめますよ。

RollMadu<ロールマディ>

■住所 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT B2F
■電話 06-6346-4877
■営業時間 10:30〜22:30(ロールケーキは売り切れ次第終了)
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

cafe nino<カフェ ニノ>(新町 カフェ)

cafe nino-out 2.jpg

 今日は、新町にあるcafe nino<カフェ ニノ>をご紹介します。

 一歩大通りに出れば、昼時になるとサラリーマンやOLで賑わうオフィス街でもある新町ですが、一本中に入っただけで人もまばらになり、シンプルだけどかわいらしい扉が・・・

cafe nino-in1.jpg

 店内は、外の喧騒とは裏腹にこれだけ静かな場所があるのかというぐらい、とても落ち着ける空間。BGMのボサノバを聞きながらおうち感覚でくつろげます。店内奥にはカウンター席があり、昼でもライトダウンしているので、隠れ家的な雰囲気もたっぷり。

cafe nino-sand.jpg

 ランチでいただいたサンドは、サーモンやクリームチーズがたっぷり入ったベーグルサンド¥600 ボリュームもあり美味しかったです。

cafe nino-in2.jpg

 店内入ってすぐのソファー席にすわって、窓側からの光を眺めながら、壁面の棚にある本(マンガ本も豊富にありますよ!)やテーブルに置かれているグルメ本を読んでいると、自分がどこにいるのか忘れてしまうぐらい(笑)。

 都会の隠れ家、オアシスとして、とてもゆっくりと過ごせるカフェですよ。


cafe nino

■住所 大阪市西区新町1-8-1諏訪ビル1階
■電話 06-6531-0789
■営業時間 平日12:00-24:00頃、土曜15:00-24:00頃
■定休日 日曜、祝日
■その日のBGM ボサノバ他
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

dining『IOR?I』&雲州堂(北浜 カフェダイニング、イベントスペース)

diningiori-out.jpg

 今日は北浜にあるカフェダイニング、イベントスペースのdining『IOR?I』&雲州堂をご紹介します。

 北浜駅から難波橋を渡り徒歩5分強のところにあるのは築百年のそろばん問屋の蔵を改装してできた、隠れ家的空間。

 細い石畳の奥には居心地のよいカフェダイニングが広がります。

diningiori-harumaki.jpg

 昼はカフェメニュー、夜は飲むのにピッタリのお料理(こちらは生春巻き)なども充実しています。

雲州堂-sign0805 (7).jpg

 ちょっとしっかり食べたい人には特製のカレーがオススメ。
リーズナブルながら、かなりしっかりとした食べ応えがあり、スパイシーさも大人フレーバー♪

雲州堂-sign0805 (2).jpg

 このdining『IOR?I』からドア一つ向こうに広がる空間が、イベントスペースの『雲州堂』。
各種ライブや毎週木曜の同店オリジナルライブシリーズ『IORhythm<イオリズム>』もこちらで楽しむことができます。

ライブ前の食事も楽しめるようにテーブルの置かれた、昔の家の土間のような空間は、40名も入ればいっぱいになるようなとてもアットホームな雰囲気。興味深いライブやイベントが行われているので要チェックですね♪

雲州堂-sign0805 (6).jpg

 『雲州堂』の壁面には、カフェやインディーズなどで活躍しているミュージシャンたちのCDがずらり。視聴や購買も可能です。

 隠れ家好きにも音楽好きにもうれしい、大人の空間を提供してくれるdining『IOR?I』&雲州堂。かなりオススメですね。


dining『IOR?I』&雲州堂

■住所 大阪市北区菅原町7-2
■電話 06-6361-3964
■営業時間 11:30〜14:00(土.日.祝〜15:00)
      18:00〜24:00(日祝は23:00)    
■定休日 毎月第3月曜
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>(枚方公園 カフェ、雑貨)

repos de midi-out.jpg

 今日は枚方公園にあるとても和めるカフェ、雑貨Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>をご紹介します♪

 ひらぱーの最寄り駅となっている京阪枚方公園駅の北側には江戸時代、東海道56番目の宿場町であった「枚方宿」地区があり、その名残を残す建物なども見られます。Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>も古い町屋を改装し、この3月に誕生したばかりのお店です。

repos de midi-in1.jpg

 まずは玄関でスリッパに履き替えます。左手が雑貨、右手がカフェ。履き心地のいいスリッパでお家へ上がっただけでも不思議とリラックス気分になれますね。

repos de midi-in2.jpg

 昔懐かしい風情の部屋には、アンティークながらそれぞれ違った形のソファーやテーブルが置かれ、オーナーさんのセンスを感じます。
どれをとっても座り心地がとてもよく、お店のゆったりとした空気とオーナーさんが自らセレクトしたという笛やギターなどのBGMに包まれてうたた寝してしまうぐらい・・・(笑)

repos de midi-table.jpg

 各テーブルの上に置かれているのは、呼び鈴。
メニューと一緒に手拭用の手ぬぐいを持ってきてくれます。
「ゆっくりしていって下さいね。」との一言に、ここはゆっくりとくつろいでいいお店なんだな〜と思わずうれしくなりました。
雰囲気からでもそれは充分に感じ取れるのですが、一言添えてもらうだけで「気兼ねなく」ゆっくりしようと思えますよね。

repos de midi-cake.jpg

 「ゴマ風味のしっとりとしたチーズケーキ」をいただきました。
他にもロールケーキなどがあっておいしそうだったのですが、やはりゴマが好きなので・・・
ドリンクメニューには昔懐かしいラムネも。
本当にラムネを飲むのがぴったりのお店。中庭を眺めながら、縁側の席でラムネを飲んで・・・と忘れていた子どもの頃のゆったりした時間が戻ってきそうな場所です。

repos de midi-zakka1.jpg

 雑貨も様々な種類のものが置かれていながら、どこか統一感があるのはさすが。オリジナルエコバック(¥400)もお店のかわいいロゴを一つ一つにオーナーさん自ら印刷した一点ものです。

repos de midi-zakka2.jpg

 アンティークな食器棚にはレトロなものから作家ものまで、ゆっくりとお気に入りを探したい空間。

repos de midi-zakka3.jpg

 さきほど登場した手ぬぐいも、様々な柄のものが販売されています。タオルでもハンカチでもない”手ぬぐい”。使う機会がなさそうですが、おうちで普段遣いにこんなかわいい柄なら持ってみたいですよね。

 こちらのオーナーさんは、元はインテリア関係のお店を経営していたバリバリのキャリアウーマン。カフェでお茶をすることすらほとんどなかったそうですが、仕事を辞めて田舎へ戻ってゆったりとした時間の中で改めてやりたいことが浮かんできたそう。

 現在のお店となる家を見つけたときにここで店をと決めてからは、日頃忙しくしている人が、ちょっとゆっくりとした時間をすごせる場所を作りたいとの思いで店作りをされたそうです。

 ランチをすると忙しくなって、自分の忙しい様子がお客さんに伝わってしまうと、あえてお茶だけのメニューにしたというオーナーさん。ここまで徹底してお客さんの居心地の良さを追求されているお店はなかなかないのではと、お話を聞きながら(とても気さくなオーナーさんなので、笑)素敵な店との出会いにこちらもほっこり気分となり、くつろいだ時間をすごせました。

 くしくもMusicafe♪紹介店舗100店目となったRepos de midi<ルポ・デ・ミディ>さん。キリのいいときに、足を伸ばしてでもオススメしたいお店を紹介できて、この出会いに感謝です。


Repos de midi<ルポ・デ・ミディ>

■住所 枚方市堤町10-12
■電話 072-843-1525
■営業時間 11:00-18:00
■定休日 日、月曜日(五六市の日<毎月第2日曜日>は営業)
■その日のBGM 店長セレクトのオリジナルコンピレーション夏バージョン
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。