新着トピックス

2007年08月16日

PURUNIMA<プルニマ>(難波 インド料理、バー) 

purunima-sign.jpg

 今日は難波の隠れ家インド料理、バーPURUNIMA<プルニマ>をご紹介します。

 キタではインド料理も食べることができ、カフェづかいもできるといえばカンテ・グランデなどが有名ですが、本格的な美味しいインド料理を食べることができ、使い勝手がいい隠れ家とうれしいキーワードがたくさん並ぶ、食通に人気のお店が難波にあるのです♪

 地下鉄難波駅25番出口を出て南へ、スポタカの角を曲がるとこの看板が目印。ビルの3階にあるのがPURUNIMA<プルニマ>です。

purunima-in1.jpg

 店内は、インドの雰囲気はありながらも、落ち着ける感じ。
駅から近いのですが、穴場的な雰囲気がいいですね〜

purunima-lunch.jpg

 ランチは¥650のカレー(サラダ、ドリンク付)からとかなりリーズナブル。でもとてもボリュームがあります。
私はカレー1品(種類や辛さが選べますよ)、サラダ、ナン、ドリンクが付いたトラサセット¥700
まだライトなタイプのセットながら、ナンがとても大きくて美味しく、ナン好きなら堪能すること間違いなし!

 タンドリーチキンやアイスクリーム、カレーがもう一品ついて¥980のプルニマランチなどで普通は満腹になれるでしょうね(笑)
このボリューム、価格、味ならキタから足を運んででもミナミまで食べに来たくなる気持ちがわかります(そういう常連さんも多いそうですよ♪)

purunima-russi.jpg

 選べる飲み物は冷たいラッシー!甘すぎず、さっぱりした酸味が暑い夏にはピッタリです。
ランチは17時までというのもうれしいし、もちろんケーキなどのカフェメニューもあり、ランチからカフェづかい、夜はバーとしてかなり使えるなという印象です。

 美味しいインド料理が食べたい!と思ったら、是非足を運んでみて下さいね♪
 

PURUNIMA<プルニマ>

■住所 大阪市中央区西心斎橋2−5−2 アークコート3F
■電話 06-6211-5772
■営業時間 11:30〜23:00(ランチ〜17:00まで)
■定休日 なし(年末年始は除く)
■その日のBGM インド音楽
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

Muu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>(北浜 カフェ、バー)

muu-muu-out.jpg

 今日は北浜にあるバールスタイルを取り入れたカフェMuu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>をご紹介します。

 先日ご紹介したCENTRAL BANCO<セントラルバンコ>の店長さんからご紹介いただいたこのお店は、北浜らしい有形文化登録の建物が並ぶ中の「生駒ビルヂング」1階の角にあります。

muu-muu-menu.jpg

 メニューボードに書いてあるとおり「バールの活気を日常に」というコンセプトが見事に反映されているお店、中心はドリンクメニューですが、フードメニューもバータイムでも楽しめる単品メニューがラインナップ。

muu-muu-in.jpg

 オーダーを聞きにもきてくれますが、入り口のカウンターで注文することもできます。ショーケースに並んでいるパニーニサンド各種をここで品定め〜(笑)

muu-muu-caputino.jpg

 カプチーノはセントラルバンコ同様、オーダー時に砂糖の有無を聞いてくれます。こちらではハワイの珈琲を使用しているとのこと。店名からも確かにイメージできますよね。

muu-muu-drink.jpg

 アイスドリンクも、やはりよそではなかなか味わえないホンモノの珈琲の苦味が利いて、クリームの甘さとよく合う大人の味わい♪

muu-muu-sand.jpg

 そして感動的においしかったのがパニーニサンド。
中にはさんであるのはモッツァレラチーズと生ハムですが、この組み合わせ最高です!生ハムも本当に美味しかったし、ボリュームもバッチリ♪

 小さい丸テーブルにひょいと腰掛ける高い椅子。どっかり座り込む椅子でくつろぐのとは又違ったカジュアルでオシャレな雰囲気が気分をリフレッシュさせてくれるようなレトロビルディングの中のバール。北浜駅からもすぐなので、普段使いにオススメですよ♪

Muu Muu&il Bar CENTRAL BANCO <ムウムウエイルバール・セントラルバンコ>

■住所 大阪市中央区平野町2−2−12 生駒ビルヂング
■電話 06-6232-1200 
■営業時間 11:30〜26:00 
■定休日 日曜・祝日 
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

Wcafe(心斎橋 カフェ)

w-out.jpg

 今日は西心斎橋にあるWcafeをご紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

CENTRAL BANCO<セントラルバンコ>(カフェ 新町)

centralbanco-out.jpg

 今日は新町にあるイタリアのバールスタイルを取り入れたカフェCENTRAL BANCO<セントラルバンコ>をご紹介します。

 地下鉄心斎橋駅と四ツ橋駅とどちらからも徒歩5分ぐらいという好立地。昨日の看板にもあるように、illy社の豆を使用。バリスタが淹れるおいしいコーヒーが飲めるカフェとして、根強い人気を誇っています。

centralbanco-in.jpg

 店内は壁面の上側白系の色使い、下側が渋い木目調のツートンで、ところどころに鏡を配置し、落ち着いた雰囲気を出すと同時に広がりを感じるような作り。小さいながらもカウンター席がある他、オープンになっている店頭側はカジュアルにコーヒーを楽しめるような雰囲気、奥はゆったり座れる椅子が配置されています。ちょっとVIP気分のソファー席も奥にはありますよ♪
 
centralbanco-salad.jpgcentralbanco-pasta1.jpgcentralbanco-pasta2.jpg

 ランチは¥800で2種類のパスタから選べ、サラダとバゲットがセットになっています。細めの麺にソースがよく絡み、おいしくいただけました。

centralbanco-capptutino-new.jpg

 こちらではランチでもコーヒー他の豊富なドリンクメニューを持ってきてくれます。ランチもさることながら、期待が高まるカプチーノ¥400は、フワフワ、プルプルのきめの細かい泡にきれいな葉っぱの模様が描かれ、早く飲まなければいけないことを忘れて見とれてしまいます(笑)
 砂糖を入れなくてもとても飲みやすい味。この1杯を飲みに通いたくなる気持ちがよく分かりますね♪

centralbanco-icecoffee-new.jpg

 アイスもやはりコーヒーの味が一味違う!一口飲んでウマイ!といいたくなるような味でした。

 以前ご紹介したLISMO!×Cafeマガジンにインタビュー記事で登場していたのがこちらのオーナー、國友さん。

 「初対面でも打ち解けやすい和める人柄」と紹介されていましたが、コーヒーのことなども丁寧に教えていただきました。テーブルを拭く姿なども颯爽とされていて、見ていて気持ちよかったです。

 おいしいコーヒーとさりげなくこだわりの音楽を気軽に味わえるオフィス街のオアシス。次はカウンターで淹れたてのカプチーノをすぐに味わいたいですね!それが一番おいしいそうですよ♪

CENTRAL BANCO<セントラルバンコ>

■住所 大阪市西区新町1丁目3-20
■電話 06-6533-0012
■営業時間 11:30-23:00
■定休日 日曜祝日
■その日のBGM ボサノバ他
■地図はコチラ

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

ZENTRAL<ゼントラル>(新町 カフェダイニング)

zentral-out.jpg

 今日は大阪新町にあるカフェダイニング、ZENTRAL<ゼントラル>をご紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

ロカリテ(南堀江 カフェ)※吉祥寺に移転

Je-out (18).jpg

 今日は南堀江にあるカフェ、ロカリテをご紹介します。

 南堀江はカフェ好きには定番の場所だと思いますが、このロカリテは路面店ではなく、『鳥かごビルヂング』というレトロなビルの中に入居している住人さんなのです。
『鳥かごビルヂング』にはこのように住人たちの表札がかかっていて、貸本喫茶の『ちょうちょぼっこ』さんや、はんこ屋さんの『iN』さんなど興味深いお店がたくさん入居。残念ながら営業時間の関係で他のお店を散策できませんでしたが、ちょっと狙ってます(笑)

ロカリテ-out.jpg

 階段を上った2階にあるのがロカリテ。
昨日アップした看板が店頭に置かれ、懐かしい横開きの開けると「ガラガラ〜〜〜」と音がする扉の奥には落ち着いた光に満ちた空間が・・・

ロカリテ-in1.jpg

 縦長の店内は一番奥にカウンターがあり、壁の時計のコチコチという音とBGMのガーゼに包まれたような柔らかい音たちとが凛とした空間に静かに響き渡っています。

 店内は白い壁に豆電球の柔らかい光が灯り、落ち着いた気分になれます。アンティークな家具たちはシンプルな店内のアクセントとなって、お客さんを暖かく迎えてくれるかのよう。

ロカリテ-sand.jpg

 こちらは月替わりロカリテサンドプレート¥850
チキンと野菜たっぷりサンドにはグリルされたボリュームのあるチキンがしっかりとはさまれ、レンコンマリネや野菜たちと一緒にいただけます。
パンもロカリテの印入りというのがとてもかわいい。
これが食べるとかなりのボリューム、思いっきり口を開けておいしくいただきました(笑)

ロカリテ-lunch.jpg

 こちらはポテごはん¥850
玄米ごはんの上に乗っているのは、ポテというフランス家庭料理だそう。大胆に野菜や塩漬けした豚肉がドン!他では食べられないメニューですね。パンと一緒に食べたい気がしますが、ごはんに乗せてというのが斬新。

 食後はロカリテオリジナルブレンドのコーヒーをいただきました。
店主さんの好みで甘めのブレンドとのこと。日頃はしっかりした味のコーヒーが好みなのですが、これはこれで美味しかったです。
苦味がない分、幅広い人に好まれそうな味ですね。

ロカリテ-sotocafe.jpg

 今の時期は”鳥かごテラス席”がオープン!
先日アップした写真は、この鳥かごテラス席から見る風景なんです。
見事に鳥かごのように見える白い骨組み!?は、実はもともと看板用のテントの骨組みだったそう。レトロビルの遺産をうまく利用した他にはないテラス席。鳥になった気分で鳥かごから外を眺めながらのカフェごはんもいいかもしれませんね。

 静かに、ゆったりと流れる時間が感じられるカフェ。
都会の隠れオアシスですね。

ロカリテ

■住所 大阪市西区北堀江1-14-21 第一北堀江ビル2F
■電話番号 06-6535-4180
■営業時間 12:00-20:00(LO19:30)
■定休日 毎週月曜日、第2火曜日
■その日のBGM やわらかいJAZZ、往年の映画音楽風ミュージック他
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

R cafe<アールカフェ>(中崎町 町屋カフェ、ギャラリー)

rcafe-out.jpg

 今日は中崎町にある町屋カフェ、ギャラリーのR cafe<アールカフェ>をご紹介します。

 中崎町の昔懐かしい町並みの路地裏にひょっこりとたたずんでいるR cafe。建築を学ぶ学生が卒業設計として昔の長屋の一戸を再利用するというコンセプトではじめたGallery&Cafeだそうです。

 店内に入る戸を開けると、たくさんの靴が・・・ここで靴を脱いで入る、まさにおうちカフェの真骨頂(笑)
1階は少席ですがカウンター席と、大テーブル席が1つあり、その日は大学のクラブの部室を思わせるように、お客さんたちがまったりとしていらっしゃいました。
 
rcafe-in1.jpg

 ちょっと急な階段を2階に上がると、様々なタイプのレトロなソファーや椅子が配置され、こちらもぐっと落ち着いて過ごせそうな空間。
 
rcafe-menu.jpg

 メニューが懐かしのLP盤なのにも目がクギヅケ!とても昭和を感じる雰囲気にこの演出はピタリとはまってますね♪

rcafe-sandwitch.jpg

 ランチは軽食の定番、ミックスサンド!
中味は玉子、ハム、レタスとハズレなしのメニューですが、かえってこんなオーソドックスなミックスサンドは新鮮です(笑)
具沢山でなかなかボリュームありましたよ。

rcafe-hayashirice.jpg

 そしてこちらも軽食の定番、ハヤシライス。
プチサラダもついて、ラグビーボール型に盛られたライスも昭和の雰囲気〜〜〜

rcafe-coffee.jpg

 ケーキやランチは¥50引きでドリンクが付きます。
このコーヒーカップのエンジ色もなんだか昭和・・・コーヒーおいしかったですよ♪

rcafe-sweets.jpg

 手作りケーキは「くるみのチョコレイトケーキ」
チョコレートじゃなくてチョコレイトなのもこれまた昭和!?
しっかりとチョコレートの味が濃厚な、オーソドックスだけれど美味しいケーキ。とことん王道を行く味ですね。

rcafe-hayashirice.jpg

 ギャラリーとして多数の展覧会を行っているR cafe。
今は、20日(日)まで新世界の世界展を開催中です。
新世界といえば、個人的にはディープなイメージがありますが、多分うさぎと思われるキャラクターのシンプルだけどニヤリとさせられるストーリーや、手作り万華鏡などかわいくてほっとできる世界が広がっていますよ。

rcafe-radder.jpg

 階段下にも大作が!ちなみにこの階段、ちょっと不思議な形ですが、案外降りやすい(笑)

 店員さんもとてもさりげなく、気さくに声かけをしてくださるので、とても居心地がよくまったりできそうなカフェ。
朝早くからやっているのもうれしい、着実に地域に根付いていっている喫茶店的カフェですね♪

R cafe<アールカフェ>

■住所 大阪市北区中崎西4丁目1-20
■営業時間 8:30〜19:30 (ラストオーダー19:00)
■定休日 毎週火曜・第三月曜
■その日のBGM ジャパニーズポップス(クラムボン他)
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

hirari<ヒラリ>(梅田 カフェ)

hirari-out.jpg

 今日は阪急梅田駅とJR大阪駅の連絡橋のすぐそばにあるカフェhirari<ヒラリ>をご紹介します。

 阪急梅田駅から1分という好立地ながら、少し穴場感のあるところが人気で、いつも列が絶えませんね。店頭にも大きく出ている看板のスイーツも人気の秘密のようです。

hirari-in.jpg

 店内は外の雑踏が嘘のように落ち着いた照明で、くつろげる雰囲気。客席も結構たくさんありますが、照明のせいかあまり騒々しさを感じず食事することができます。

hirari-dish.jpg

 ランチは平日は¥1000、休日は¥1350の大越シェフのプリフィクスランチ。メインは肉、魚、パスタから選ぶことができます。
魚は結構ボリュームがあり、皮もパリッと焼かれていておいしかったですよ。

hirari-pasta.jpg

 パスタは一見少量に見える器ですが、結構深いので食べても食べても減らない感じ(笑)麺は比較的太めです。

hirari-bread.jpg

 パンはお替り自由で焼きたてをお店の人がサーブしにきて下さいます。梅田のど真ん中でパンのお替りができるランチというだけで個人的にはかなり満足(爆)。
スープとドリンクがついて、この立地でこの味なら納得のいく値段ですね。

 ちょっとゆっくりできるビジネスランチに、買い物途中やデート途中のお茶にとフル活躍しそうな立地と雰囲気のいいカフェ。
ちょっと行列はいたしかたなしでしょうか(笑)

hirari<ヒラリ>

■住所 大阪市北区芝田1−1−3 阪急三番街南館 2F
■電話 06-6375-2920 
■営業時間 10:00〜23:00 
■その日のBGM ボーカル系JAZZ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

Wharf Cafe<ワーフカフェ>(ユニバーサルスタジオジャパン カフェ)

wharf-sign.jpg

 今日は大阪のユニバーサルスタジオジャパン内にあるWharf Cafe<ワーフカフェ>をご紹介します。

wharf-out.jpg

サンフランシスコのランドマークとも言えるフィッシャーマンズワース風の外観が日本にいることを忘れさせてくれるようなサンフランシスコ・エリア。このWharf Cafe<ワーフカフェ>はカニの看板奥にあるスタンドです。

wharf-seafood.jpg

主なメニューはこのトルティーヤカップ(シーフード/パストラミビーフ)¥580
せっかくフィッシャーマンズワース風なので、シーフードをオーダーしてみました。

wharf-seafood2.jpg

 カップに入ったままでは食べにくいので、食べるときは出してかぶりつき♪ボテトサラダもトッピングされていて意外とボリュームがあります。小腹満たしにはちょうどいいですね。

wharf-soup.jpg

 そしてもう一つの看板メニューが、パンケース入りクラムチャウダー¥650

 サワーブレッド風のライ麦が入ったしっかり目のパンがくりぬかれ、中にクラムチャウダーが入っています。食べるのに技がいりますが、できればパンを崩しながら、ひたしながら食べたい一品。パンはかなりしっかりしているので、これ1個完食したらかなりお腹いっぱいになると思いますよ。

 3月からドリカムの『大阪LOVER』を使用して大々的に宣伝している新アトラクション『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』の人気も上々のユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
レストランに入ってゆっくり休憩する時間ももったいない!というイケイケライダーの方や、ちょっと休憩したいときにオススメ。眺めもいいし、お外で食べるのは気分爽快!なかなかイイですよ♪

Wharf Cafe<ワーフカフェ>

■住所 大阪府大阪市此花区桜島2-1-33 ユニバーサルスタジオジャパン内
■電話 06-4790-7000(ユニバーサルスタジオジャパン問い合わせ用)
■HPはコチラ
ラベル:カフェ
posted by MusiCafe♪ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

J'adore<ジャドール>(梅田 カフェ)

J'adore-out.jpg

 今日は梅田、茶屋町にあるイタリアンが楽しめるカフェJ'adore<ジャドール>をご紹介します。

 先日こちらでご紹介した行列のできる自然食レストランsangmi<サンミ>の道路を隔てた向かいにある同店は、外観からもオシャレな雰囲気♪

J'adore-in.jpg

 店内は想像以上に奥行きがあってとても広く、天井も高いので開放感があってくつろげます。店内奥はダークな照明で落ち着いた雰囲気ですが、手前は自然光を生かしたナチュラルな雰囲気。
テーブルや椅子もナチュラルウッド使用のものでカジュアル気分で楽しめます。

J'adore-salad.jpg

 ランチはパスタセット¥780(プラス¥200でドリンク付き)とリーズナブルな値段から設定されています。
パスタセットにはサラダ、パンが付いてきますよ。

J'adore-pasta1.jpgJ'adore-pasta2.jpg

 パスタは3種類から選べます。クリーム系やペペロンチーノ系など、出されるお皿もスタイリッシュ(笑)細麺で食べやすく、ペペロンチーノには季節の野菜、たけのこも♪

J'adore-terrace.jpg

 今の季節はオープンテラスもオススメ!梅田から少し歩くだけで、これだけゆっくりとランチやお茶ができるといいですよ。
覚えておくと重宝する梅田の穴場カフェですね!

J'adore<ジャドール>

■住所 大阪市北区鶴野町4-11
■電話 06-6375-0756
■営業時間 11:00〜23:30(LO22:30)*ランチは15:00まで
■定休日 不定休
■BGM bossa nova etc.
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

珈琲店スパニョラ(梅田 珈琲店)

スパニョラ-out.jpg

 今日は梅田の駅前第3ビル地下2階にある珈琲店スパニョラをご紹介します。

スパニョラ-in.jpg

 梅田の繁華街から淀屋橋、本町のビジネス街へと繋がる人の流れが途切れない場所にどっしりと腰を下ろしているこのお店は、一歩中に入ると、外の雑踏が嘘のようなクラッシック音楽の流れる空間。
 混んでいる時間帯はBGMも聞こえないぐらい賑やかですが、少し落ち着いてきて耳をすますと優雅で時には熱いクラッシックの調べが・・・
 長いカウンターの奥で丁寧にコーヒーをドリップしている店長と常連さんらしきお客さんが楽しく話をしている光景も、長年この地で様々なお客さんにおいしいコーヒーを出してきた積み重ねだなと思いながら、自家製焼きプリンセット(¥680)をオーダー。

スパニョラ-coffee

 自家製カップに入って登場したブレントコーヒーは、うれしい熱さ!なかなかコーヒーがこのアツアツでは出てくるところは少ないのだけれど、まさに淹れたてで本当においしかったです。

スパニョラ-pudding
 焼きプリンにはベリー系の果実も乗せてありコーヒーがアツアツ、こちらがヒンヤリでなかなか面白い組み合わせ(笑)
かなりお得なセットですよ。

 また、こちらはブルーマウンテン以外はコーヒーメニューがプラス50円で1.5杯入りのツーカップサイズになるとのこと。
1杯だけでは物足りないコーヒー大好き人間にはうれしいサービスですね。

 駅近の便利な場所に、しっかりとしたコーヒーを味わわせてくれ、クラッシックで癒してくれる覚えておきたい珈琲店です♪

珈琲店スパニョラ

■住所 大阪市北区梅田1−1−3大阪駅前第3ビル 地下2階
■電話 06−6347−1177
■営業時間 平日8:00-20:45
      日・祝祭日11:00-18:00
■この日のBGM:パガニーニのバイオリンコンツェルト。
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

Slow Cafe(梅田 カフェ)

slow-menu.jpg

 今日は梅田の阪急百貨店向かい側のサン広場地下通りにあるSlow Cafeをご紹介します。

 現在、阪急百貨店本店の建替え工事が行われているため、阪神電車や地下鉄方面に行く階段が閉鎖され、迂回路としてエスカレーターを降りたところにあるSlow Cafeは、日々目にしている人も多いかもしれませんね。

 お店の外観写真を撮りたくても、あまりにもの人の多さに断念するぐらい、ほんとに駅近で便利な場所にあるカフェです。

 店名から伝わってくる通り、コンセプトは「忙しい都会の中でゆっくりとしたSlowな時間を過ごせる場所」。
さて、実際はどうでしょうか?(笑)

slow-dish1.jpg

 ランチは3種類から選べます(全て平日はドリンク付き¥1050)
海鮮XO醤のフォーは、アジアンなランチ。さっぱりしていて食べやすいのですが、フォーにご飯はいらないかも・・・(個人的な感想ですが、笑)

slow-dish2.jpg

slow-dish3.jpg

チキンのグリル、ハニーマスタードソース添え
ご飯やサラダがついてきて、結構しっかり食べることができます。
ただ、サーブされるのも随分とスローで、時間に余裕がない人にはあまりオススメはできないかも・・・(これまた、個人的な感想ですが、爆)

外では行列ができているぐらいの人気ぶりですが、中は確かにゆったりとした感じで、覚えておくと便利なカフェですね。
営業時間がかなり長いので、モーニングやディナーなどにも使えそうですよ。

Slow Cafe

■住所 大阪市北区角田町8−47 サン広場地下通り
■電話 06-6311-2011
■営業時間 8:00〜23:00
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ごはんやカフェ Kitchen(中崎町 カフェ)

kitchen-out.jpg

 今日は中崎町にあるごはんやカフェ Kitchenをご紹介します♪

 中崎町のごはんやさんとして人気のあったKitchenさんが、昨年8月に場所を移してオープンしたお店は、中崎町の街並みにとても馴染んだ昭和の雰囲気のする落ち着けるお店。

 お店の緑色の扉は昭和の香りを残しながらもちょっとモダンなカフェの香りも・・・

kitchen-in.jpg

 がらりと開けた店内は、昔の家にあった土間のような広々した空間。ゆったりとテーブルが配置され贅沢に空間が使われています。

kitchen-antique.jpg

 手前のテーブル席の後ろにはアンティークの食器などが置かれた棚が・・・昭和の空間にヨーロッパのアンティーク調かと思いきや、奥の席にはまた別の雰囲気のアメリカンなグッズや昔なつかしい「ちびくろサンボ」の絵本など、とらわれない自由さも合わせもっています。

 ちなみにその日のBGMはFMCOCORO。昭和の空間に普通にロックなどのFMが流れて、これまた面白い(笑)

kitchen-coffee.jpg

 こちらのランチも手作りで体にやさしい和食中心で、とてもおいしそうですが、この日は炭火焙煎の美味珈琲¥450

kitchen-drink.jpg

 そして、こちらは体に良さそうな飲むブルーベリー酢¥450
種類は多くありませんが、紅茶やビール、カクテルまで幅広く揃っています。

kitchen-toilet.jpg 

 ちょっと感動的だったのが、離れにあるトイレ。
昔のおうちはこんな感じだったんですよね〜〜〜

 そして、それぞれのテーブルの上に置かれている「kitchen note」。お店に来たお客さんが思い思いに好きなことを書くことができるノートですが、その書き込み一つ一つにオーナーさんからの返事がちゃんと書かれていました。とてもアナログだけど、こういう小さなお客さんとのやりとりの積み重ねってとても大事ですよね。やはり、何て返事を書いてくれたか気になってまた行きたくなりますから〜(笑)

 奥行きのある一軒家でゆっくりさせてもらえるごはんやカフェ。次はごはんを是非いただきたいですね♪

ごはんやカフェ Kitchen

■住所 大阪市北区中崎3-2-10
■電話 06-6373-0557
■営業時間 12:00-20:00
■定休日 月曜日、火曜日不定休
■その日のBGM FMCOCORO
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

ラ・トォルトゥーガ(北浜 フレンチ)

la tortuga-out1.jpg

 今日は北浜にある隠れ家フレンチラ・トォルトゥーガをご紹介します。

 北浜のメイン通りよりも少し奥に入ったところにさりげなく居を構えるラ・トォルトゥーガ。その独創的な料理はフレンチの粋を超えてまさに”ワールド”な味!

la tortuga-in.jpg

 落ち着いた照明の中、店内奥にはカウンター席もあり、なかなかいい雰囲気。入店時からずっと流れていたフラメンコミュージックや押尾コータローなどが気になってお聞きすると、オーナーさんはスペイン方面で修行をされたのだとか。どうやらギターの調べがお好きなようですね♪
 
la tortuga-apre.jpg

 ランチは前菜とメインが選べる¥2100のコースのみ。
スープに続いて出てきたのがサーモンの軽い燻製。
サーモンに添えられたソースはオリーブオイルとオリーブの実、アンチョビなどをペースト状にしたものだそう。一工夫が感じられます。サーモンも厚切りで前菜の域を超えるボリューム♪

 メインは5種類から選べます。
こちらのボリュームもかなりのものなので、色々な種類をチョイスして取り分けも楽しめますよ。

la tortuga-main1.jpg

『シャラン産鴨のコンフィ』
下にはメキシコ料理でよく登場するビーンズたち。鴨も皮はパリッとしていて美味しかったです。

la tortuga-main2.jpg

『地鶏のジャンボネット』
切り分けると、中にはほうれん草等がまかれていて、とてもきれいです。一緒に盛られた野菜たちもやわらかくて、ソースとよく合います。

la tortuga-main3.jpg

『鹿児島豚バラ肉のエキゾチック』
超ボリュームの豚バラ肉はまわりはカリカリで酢豚から着想を得たというお味と聞き納得です(笑)

la tortuga-main4.jpg

『オーストラリア産 仔羊の煮込みとクスクス』
クスクスは南米の料理のようで、私は初体験。小さいお米みたいな感じで仔羊の柔らかさは言葉にできません〜

la tortuga-espresso.jpg

最後はデザートと共にエスプレッソできりっ締める充実のランチ。ゆっくり時間をかけて楽しみたい北浜の隠れ家フレンチ。味もボリュームも文句なしですよ♪

ラ・トォルトゥーガ

■住所 大阪市中央区高麗橋1-5-22
■電話 06-4706-7524
■営業時間 11:30-14:00 17:30-22:00
■定休日 日曜日
■その日のBGM フラメンコミュージック、押尾コータロー
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

JAMAIS<ジャメ>(北浜 カフェ、バー)

jamais-out.jpg

 今日は北浜にあるカフェ、バーJAMAIS<ジャメ>をご紹介します。

 北浜といえば、歴史的な建物が多数残っている場所でもありますが、この『JAMAIS』も有形文化財に指定されている建物の1階の路面店で、まるでヨーロッパのカフェを思わせるような雰囲気がイイ。

jamais-menu.jpg
 
 オフィス街という立地で、テイクアウトメニューも充実しており、店頭でテイクアウトを頼むこともできるのですが、このお店は是非中に入ってほしい!

jamais-in2.jpg

 というのも、中はこのようにヨーロッパ王朝風のとてもエレガンスなインテリアが使われ、シャンデリアなどが煌く、非日常な空間。そして、BGMにラウンジミュージックを使うことで、ミックスカルチャー的な雰囲気も演出。お見事です(笑)
 豹柄の椅子が置かれたカウンター席もあり、夜はまた別の顔が見れそう。

jamais-latte.jpg

 このお店にはエスプレッソを入れるプロのバリスタが常駐しています。お店のメニューも紅茶などはあれど、やはりメインはエスプレッソ!
写真は、エスプレッソに同量のスチームドミルクが乗せられた エスプレッソマキアート¥450ですが、このスワン柄がお店の雰囲気ともマッチしています。

 北浜でおいしいエスプレッソを飲みたいなら、是非覚えておいて欲しいお店ですね。

JAMAIS<ジャメ>

■住所 大阪市中央区高麗橋2-1-2 高麗橋野村ビル1F
■電話 06-6221-5775
■営業時間 11:30 〜 0:00
■定休日 日曜、祝日
■その日のBGM カフェ、ラウンジミュージック from i-tune radio
■HPはコチラ
■地図はコチラ

posted by MusiCafe♪ at 20:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

Casa La PAVONI<カーサ・ラ・パボーニ>(北新地 カフェ、パブ、ギャラリー)

pavoni-out.jpg

 今日は、梅田は北新地の堂島アバンザ(ジュンク堂書店があります)裏手にあるカフェ、パブCasa La PAVONI<カーサ・ラ・パボーニ>をご紹介します。

 北新地といえば夜の街というイメージが強く、昼間は地味に見える建物たちの中で、ほっと落ち着けるようなヨーロッパのログハウスを思わせるような外観。エスプレッソマシーンを思わせる看板においしいコーヒーが飲めそうな予感がして緑色のドアを開けてみました。

pavoni-in.jpg

 開けたとたんに満席に見えた店内、すかさず
「カウンターが開いてますよ。」と声をかけてもらいました。こちらのお店は最近では珍しい、扉が開くときに「カランカラン〜」とベルの音が鳴るのです。忙しい中でもその音できっと気付いてくれたのでしょうね。

 落ち着いた照明の店内手前にはテーブル席、奥にはカウンター席もあり、挽きたての豆で1カップずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれます。

pavoni-coffee.jpg
 丹波立杭焼の丸みを帯びたコーヒーカップにたっぷりと入ったコーヒー。カウンターで飲むこの1杯がたまらなくおいしく感じられる落ち着いた雰囲気、オーナーさんもさりげなくその日店内で行われている個展のことを紹介してくれました。

 この個展は後日改めてご紹介しますが、個展の作家である大石輝一氏はオーナーさんのご親戚で、しかも震災までは夙川で『PAVONI』という喫茶店を夫婦で長年営んでおられた方だとか。作家の野坂昭如氏や画家の山下清氏という文化人たちにも愛されてきた『PAVONI』の歴史を震災で全壊という無になってしまった状態から、ここ北新地でまた新しくスタートさせたというオーナーさんのお話を聞かせていただき、さっき入ってきたばかりなのにずっと通っていた客のようにお店への愛着心が・・・(笑) 

pavoni-pavoni.jpg

 カウンターに置かれている、ちょっと見慣れない機械。
これはエスプレッソマシーンなのですが、日本の珈琲店では非常に珍しいイタリアのPAVONI社のもの。
淹れるのに時間がかかるので、昼の混雑時はオーダーを控えているそうですが、特別目の前で淹れていただきました♪
レバーをギュッとおろしていくとポタポタとエスプレッソが落ちてきます。待つことも贅沢ですよね。

pavoni-espresso.jpg
 
 こうやって名器で時間をかけてたっぷり淹れていただいたエスプレッソは適度な苦味とコクがあり、とても美味しいです。

 店内の階段から地下に降りると現在は個展のギャラリーとなっていますが、フリースペースとしてパーティー、同窓会などにも利用できるとのこと(カラオケあり、定員20名)。ソファーが置かれ、落ち着いたサロンといった感じで、ゆっくりくつろげる空間。ピアノもあるので、ミニコンサート、またギャラリーなど色々な使い道ができます。
曜日や時間など気軽に相談に応じてくださいますよ。


pavoni-door.jpg

 店内奥のキッチンへの扉も、全壊の夙川『PAVONI』から運び出した思い出の品。ここに来るまでは知ることのなかったお店に思いを馳せながら、オーナーさんお気に入りのヌーベル・シャンソンアーティスト、パトリシア・カーズの歌声に耳を傾ける昼下がり。北新地の素敵な隠れ家、是非立ち寄ってみて下さいね。
 

Casa La PAVONI<カーサ・ラ・パボーニ>

■住所 大阪市北区堂島1丁目3-19 前川ビル1階
■電話 06-6345-7746
■営業時間 カフェ(火〜金)11:00-14:00
      パブ(月〜金)18:00-0:00
■定休日 土、日、祝日
■その日のBGM 『セーヌ・ドゥ・ヴイ』byパトリシア・カーズ
■HPはコチラ
■地図はコチラ


posted by MusiCafe♪ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

sangmi<サンミ>(梅田 玄米カフェ)

sanmi-out.jpg

 今日は梅田で今一番人気の自然食カフェsangmi<サンミ>をご紹介します♪

 阪急梅田駅の茶屋町出口から徒歩5分、ロフトとTBSの間の道路を渡るといつも入店待ちの女性客が並んでいる風景が目に飛び込んでくるぐらい人気のあるお店。

sanmi-in.jpg
 店内は白い壁に、ナチュラルウッドの椅子やテーブルが置かれ、シンプルだけど落ち着ける空間。奥のほうにも席があるので思ったよりも広さはあります。

sanmi-lunch1.jpg

 ランチは2種類。
日替わりヘルシー玄米定食¥924は100%玄米のご飯プラス
・ごろっと根菜と鮭の南蛮酢
・かぼちゃのココミルサラダ
・大豆入りひじき煮
・ごまだれやっこ
と、見るからに栄養のバランスのとれた食事ですね。
メインの鮭の南蛮酢、ボリュームがあって、下にごろりと大根が・・・味が染みておいしかったです。

sanmi-lunch2.jpg

 そしてもう1種類は、日替わり玄米カレー¥861
この日は、豆腐入り玄米カレー。なんだかマーボー豆腐みたいですが(笑)、そんな雰囲気も無きにしも非ず。ここでもやはり玄米が効いていますね。

sanmi-pudding.jpg

 そしてランチ時にはプラス¥210でついてくるデザート。
この豆乳プリンはネット販売では2週間待ちという、話題沸騰の商品。黒蜜でいただくこのプリンは、あまり豆乳っぽくなくやわらかプリンといった食感で、これなら間違いなくみんな好きだろうという味ですね。ちなみに店頭では1日限定200個販売しているそうですよ。

sanmi-genmai.jpg

 こちらのお店の一番のこだわりといえる玄米。お店でも販売しています。かなりの雑誌やメディアで紹介されているだけあってゆっくりと楽しみたいなら、開店すぐの早めランチ(11:00から)かぐっと遅めのランチがオススメですね。
確実に豆乳プリンを食べたいなら、是非足を運んで下さい!(笑)

sangmi<サンミ>

■住所 大阪市北区鶴野町3-10
■電話 06-6375-3531
■営業時間 11:00〜22:00(LO 21:15)
■定休日 月・日曜日
■その日のBGM feel系ヒーリングコンピレーションミュージック(押尾コータロー他)
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

雛<ちゃな>(中崎町 アンティーク着物、小物)※cafe太陽の塔、道路向かいに移転

chana-out1.jpg

 今日は中崎町にあるアンティーク着物や和裁教室もある和裁士のお店「雛<ちゃな>」をご紹介します♪

 実は、こちらのお店は岡本の日本茶カフェ「ひとひ」店主さんからのご紹介。
「冬の和装小物展」
などで、「ひとひ」さんとはつながりのあるお店なのですが、オススメ文句は「面白い人が集まっているから行ってみたらいかがですか?」(爆)

 なんとも刺激的な言葉に背中を押され、中崎町まで足を運んでみました。
中崎町駅からすぐ(梅田からでも歩けますよ♪)の天五中崎商店街を数分歩くと見える看板が目印。

 脇道に入ると、和の雰囲気のするお店がほっこりと佇んでいます。これが雛<ちゃな>さん。

 着物の置いてあるお店といえば、とても敷居が高い雰囲気があり、今までも用事がない限り足を運んだことはないのですが、こちらの雛<ちゃな>さんは、昭和の雰囲気がたっぷりの店内に、女っぷりのいいオーナーさんが和服で明るく出迎えてくれます。

 姉妹でカフェを営んでいたオーナーさんが中崎町の昔風情の残る商店街の路地裏に雛<ちゃな>をオープンしたのが2年前のこと。着物店のあるじとは思えない若さとカッコイイ着こなしに見ていてうっとり〜〜〜

 着物といっても洋服のように普段の外出に着れるようなものもあり、とてもオシャレですよ〜と出して見せてもらいました。

chana-kimono-mc.jpg

 こんな組み合わせだったら、違和感なくちょっと街までお買い物とか、ちょっと気分を変えてデートなどでもカワイイですよね!

 着物だけではなく、和装小物や袱紗やかんざし、髪飾りなど和に関するものは全てこちらで揃えられる充実のラインナップ。

 また、こちらでは和裁教室も開催(チケット制)。オリジナル着物を手作りすることも可能です。私が来訪した日も午後から和裁教室が行われる日で、素敵な和服に羽織をお召しになったお客様がいらっしゃっていました。

 女性のみならず、男性もハマル人が多いという和装。日本人なら一度はちゃんと極めたい!和装のことならなんでも相談に乗ってくれる、頼りになるお店ですね♪

雛<ちゃな>

■住所 大阪市北区黒崎町3-23
■電話  06-6372-5541
■営業時間 12:00〜19:00頃
■定休日 毎月5、11、13日その他不定休
 *営業日・時間については直接問い合わせて下さいね。
■HPはコチラ
■地図はコチラ
ラベル:中崎町 ひとひ
posted by MusiCafe♪ at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

カンテグランテ イーマ店(梅田 カフェ)

cante-out.jpg

 今日は梅田のイーマB2にあるカンテグランテイーマ店をご紹介します♪

 大阪でチャイといえばカンテグランデ、そしてあのウルフルズがかつてアルバイトをしていたということでも有名なお店ですが、その支店にあたるイーマ店は中も結構広々としていて、インドの雰囲気満点。

cante-in1.jpg
 インド=マハラジャというわけでもないのでしょうが(笑)、ミラーボールが廻るたびにキラキラと光を放ち、BGMはもちろんインド音楽!エスニック気分を高めてくれますよ♪


.
 ランチはもちろんカレーなどのラインナップが充実していますが、お茶と一緒に食べることができるケーキも要チェックですよ。

cante-chai
 そして、ここに来たからにはやはりドリンクはホットのチャイ!ベーシックだけどおいしいこのお店の定番ですね。

 本店は中津にありますが、あそこまで行くのはちょっと遠くて・・・という人も、梅田のど真ん中にあるここならすぐに立ち寄れますよ♪店頭では雑貨や手作り菓子も置かれていて、雑雑とした感じがまたイイ〜

 熱いチャイが恋しくなったら是非訪れたいお店ですね。

カンテグランテ イーマ店

■住所 大阪市北区梅田1−12−6 E−ma B2F (2008年10月より5Fにて営業中)
■電話 06-4795-7561 
■営業時間 11:00〜23:00
■BGM インドmusic 
■地図はコチラ 
posted by MusiCafe♪ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

itohen イトヘン(中崎町 ブックカフェ、ギャラリー)

itohen-out.jpg

 今日は中崎町にあるブックカフェ&ギャラリーのitohen(イトヘン)をご紹介します。

 中崎町といっても、地下鉄中崎町駅から徒歩10分、梅田からは徒歩20分と、天気のいい日にはちょっとした散歩コース(笑)

itohen-in.jpg
 店内の手前側がカフェスペース。窓から陽が差し込む手前側は個展が開かれているときはその作家の関連書物(販売あり)や、ポスターなどが飾られつい写真を撮りたくなるスポット。

 そして中央の長テーブルの壁面にはずらりと本が並び、アート系から普通の本屋では置かれていない読み物系まで、発見がありそうなラインナップ。

 こちらのギャラリースペースは店内奥に独立しているので、ゆっくりと展示物を見ることができます。itohenで開催される個展のアーティストさんは、すでにキャリアのある方が多いよう。まだ2回しか行ったことがありませんが、いずれも足を運んだ甲斐があったと思えるいい個展でしたね。

itohen-coffee.jpg
 ドリンクではやはりコーヒーがオススメのようで、職人のコーヒー(深煎り)¥380をいただいてみました。
 こくがあるものをと選んだのですが、思ったよりも飲みやすいといった印象。お替りしたくなるような(笑)さらっと入る感じでした。

 BGMはさりげなくゆったりとしたボサノバ。
カフェが乱立する中崎町からちょっと離れて、普通の道路沿いにポッと出現していて人通りもあまりないので、時間がゆるやかに流れるような気がします。

 ちょっとアートな気分でゆっくりしたいとき、是非訪れてみてください。

itohen(イトヘン)

■住所 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
■電話  06-6292-2812 
■営業時間 12:00-19:00
■定休日 月、火曜日
■BGM ボサノバ
■HPはコチラ
■地図はコチラ

posted by MusiCafe♪ at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Shop】大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。