新着トピックス

2010年10月01日

家ie(池田 ギャラリー、珈琲)

image-20100925212353.png

 今日は2010年9月9日にオープンしたばかりのギャラリー、珈琲家ieをご紹介します。

 川西の自宅を不定期に解放してカフェやイベントを行ってきた家ieさん。池田駅から徒歩5分の築90年となる民家を家工房を経営するご主人様がリノベート。古さを活かしながらも、町屋カフェのような空間ではなく、モダンな感覚も取り入れ新しい空間を誕生させました。

image-20100925212505.png

 どの窓からも庭の植木たちの緑が見えることが、懐かしさと解放感を感じさせます。
玄関で靴を脱いで、踏みしめる木の床は気持ちがすっと落ち着きます。

image-20100925212528.png

 オープンな台所も家ieさんの特徴。カウンターをあえて低くし、食卓テーブルのようにゆったりと幅をもたせています。昔ながらの台所や土間をあえて見せることで、裏口からも緑が見え、オーナーのムックさんとも開放的な気分でカウンターを挟んでトークが弾みます。

image-20100925212614.png

 喫茶のメニューは現在ドリンクのみとなっています。こちらではotimo『家ie』オリジナル珈琲ブレンドをオーダーしてから挽いて淹れてくれます。丁寧にたっぷりと、深みのある味で美味しいです。

image-20100925212551.png

 カウンターの背面はギャラリースペースとなっています。
現在、10月2日(土)までIETENを開催中。たくさんの作家さんが様々な素材を使いながら”家”を表現しています。

image-20100925212437.png

 可動式の壁の裏側にも作品が。立体や平面の作品が壁面を飾り、それぞれの作家さんの個性を感じますね。

image-20100925212646.png

 こちらや玄関に飾られているyamyamさんの作品。カージーさんの素敵なランプも必見ですよ。
10月はお休みされるそうなので、また11月からの家ieさんをチェックして下さいね。
北摂の隠れ家、これからが楽しみです!

家ie

■住所 池田市菅原町9-11
■電話 072-758-5501
■営業日 木、金、土、日(不定でお休みになることもありますのでHPでご確認下さい)
■営業時間 12:00-18:00
■その日のBGM アトランダム(洋楽、邦楽問わず)
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2010年07月11日

nico(甲子園口 雑貨、器)

image-20100707094504.png

今日はJR甲子園口にある雑貨、器のnicoをご紹介します。

甲子園口商店街を南下して力餅のある角を曲がったマンションの2階にある素敵な空間。
この春にこちらへ移転したばかりだそうです。

image-20100707094538.png

店内はナチュラルな雰囲気の服や雑貨が置かれ、作家さんの革小物もあります。

image-20100707094558.png

リネンのカバンもディスプレイ。シンプルだけど使いやすそうなものがたくさん。

image-20100707094618.png

イラストレーター谷口真由美さんのポストカードも販売、お店の1周年記念の絵(原画!)も置かれていましたよ。

image-20100707094645.png

ちょうどお邪魔した日は、移転後初の個展となる『ちっちゃいもの展』開催中で、糸担当のchiaさん、紙担当のてまねき羊さん、絵担当のyamyamさんの3人が作り出したちっちゃいものワールドが広がり、とにかくかわいい♪の一言。

image-20100707094703.png

てまねき羊さんの新作写真集を見ながら、ちっちゃいもの話に花が咲いたこの日は、素敵なお店との出会いに興奮気味でした(笑)

日頃は器もたくさん取り扱っていらっしゃるそう。今後も作家さんの個展が開催予定だそうで、またお邪魔したいセンスのあるお店ですよ。


nico

■住所 西宮市甲子園口3-26-7甲園ハイツ202
■電話 0798-55-2964
■営業時間 11:00-18:00 もしくは 13:00-18:00
■定休日 不定休 ※営業日、営業時間はHPでご確認下さい。
■その日のBGM sweet sweet camel
■HPはコチラ 
■地図はコチラ

ラベル:雑貨

2009年10月31日

soramimibunco(西宮 古本屋、ギャラリー、喫茶)

soramimi-out.JPG

 今日は西宮にあるギャラリー、アンティーク輸入絵本のsoramimibuncoをご紹介します。

 最寄り駅は阪神香枦園駅ですが、阪急夙川駅から夙川沿いを散歩気分で歩いても15分ほど。西宮市大谷美術館の裏手、閑静な住宅地の中にあります。

soramimi-in1.JPG

 もともと中崎町で古本屋をしていた店主が、60年代・70年代のアメリカの絵本を中心に独自のセレクトした海外の古本絵本を取り扱うお店として昨年オープンさせたお店。

 オープン前から教えてもらっておきながら、なかなか行けなかった場所の一つでしたが、ようやくお邪魔できました♪

 壁面はギャラリーとなっており、この日は栗原葉子さんの個展「1978」を開催中(今日まで)。中央に置かれたソファーとテーブルごしに見る写真たちは、無数のキオクとことばがちりばめられていました。

soramimi-in2.JPG

 古本の洋書絵本たちが並ぶ本棚。パラパラめくってみると、図書館に置かれていた証(貸出の日付が書かれたシート)が貼ってあったり、さまざまな人たちに読み継がれてここにある本に感動(笑)

 店内で読める日本の名作絵本たちも置かれているので、大人はもちろん、小さなお子さんと一緒に絵本を楽しみにきてもよさそうです。

soramimi-coffee.JPG

 特等席ソファーで、本棚を眺めながら、窓際のカウンターで近隣の小学校の子どもたちのにぎやかな声をBGMにしながら、住宅地の中のほっとできるスペースで美味しいコーヒーと素敵な絵本、素敵なアートに囲まれる小さな幸せを届けてくれるお店ですね。


soramimibunco

■住所 西宮市堀切町7-35
■電話 090-7879-3304
■営業時間 木、金、土曜日の12:00ー17:00
■その日のBGM ボサノバ
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2009年10月11日

珈琲春秋Kobe(岡本 珈琲店)

春秋-out.JPG

 今日は岡本にある珈琲春秋Kobeをご紹介します。

 阪急岡本駅南口から南下、T字路を左折すると、落ち着いた雰囲気の看板が。美味しい珈琲が飲めそうな予感がしますね♪

春秋-in.JPG

 店内は1階がカウンターのあるスペース、2階はテーブル席でグループでの利用もできます。
白い壁面とダークブラウンの木目が、シックな雰囲気でくつろげます。

春秋-curry.JPG

 ランチではサンドイッチメニューの他に、チキンカレーも。卵もついた黄金の組み合わせは、心憎いです♪

春秋-coffee.JPG

 セットドリンクはもちろん珈琲。珈琲屋さんのカレーの美味しさにちょっと得した気分になりながら(笑)、くつろいだ時間を過ごせました。

 近所のショップ店員さんにも人気の珈琲店。1階のカウンターでマスターとの会話を楽しむもよし、2階でゆっくり友達とお茶をするもよし、年中無休なので岡本探索のお茶処に覚えておきたいお店ですね。


珈琲春秋Kobe

■住所 神戸市東灘区岡本1-6-12
■電話  078-451-5911
■営業時間 7:00-23:00(12:00までモーニングあり)
■定休日 年中無休
■その日のBGM クラッシック
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2009年05月28日

喫茶いぬかき(武庫之荘 喫茶店)

喫茶いぬかきout1.JPG
 
 今日は武庫之荘に4月29日オープンした喫茶いぬかきをご紹介します。

 西宮北口から普通電車で1駅、閑静な住宅街や公園を目の前にした通りに静かに佇む看板犬。近所の子どもたちには「大仏(動かないから、笑)」というあだ名をつけられているという「しばちゃん」は元気なときはお客様を迎えてくれます。(お疲れのときはごろりん〜と)

喫茶いぬかきin1.JPG

 古い家屋をうまく利用した店内は、壁面に向かって一人でもゆっくりくつろげるような席がたくさん。棚には店主が好きで集めていたという「古くて面白いもの」も並んでいますよ。

喫茶いぬかきin2.JPG

 店内奥は、昭和の風情たっぷりの「ちゃぶ台席」。靴を脱いでゆっくりくつろぎたい方にはおススメです♪

喫茶いぬかきlunch.JPG

 モーニング(9:00-11:30)も人気だそうですが、ランチもかなりガッツリメニュー。
こちらは、野菜ごろんごろんのデミシチューライスとサラダのセット。
淡路島から取り寄せている玉ねぎやじゃがいもがたっぷりと楽しめます。大ぶりなじゃがいもが1コ入っていて、ほくほくと美味しくいただけ、満腹に(笑)

喫茶いぬかきcoffee.JPG

 セットで注文した珈琲は、ランチタイムでもフレンチブレスのセットで出してくれます。珈琲をフレンチブレス式で飲むのは初体験。

 お聞きすると、ヨーロッパではこのスタイルで飲むことも多いそうで、珈琲本来の味が引き出せるとのこと。さらに、フィルターで濾すと味がまろやかになるそうで、試してみると本当にやわらかい味わいに。
これなら珈琲が苦手な方でも飲めそうですよ。

 オリジナルのいぬかきブレンドは、豊中で珈琲焙煎をされている宮出さんによるもの。珈琲の話を始めると、とても熱心にお話して下さり、店主夫妻の情熱が伝わってきました♪

喫茶いぬかきwindow.JPG

 アーチ形に切り取られた窓から街の様子を眺めながらフレンチブレス式の珈琲を飲んでリラックス。日頃は降りることのない駅でも、足を延ばしてみると色々な発見があり、素敵なお店に出会えました。

 定休日、営業時間も下記の通りに決定(しかも今日!)したようで、今後どんなお店になっていくのか楽しみです。次はちゃぶ台席を狙いたいと思います♪


喫茶いぬかき

■住所 尼崎市南武庫之荘1-5-15
■電話 06-6409-4290
■営業時間 9:00−18:30頃(LO18:00頃)
■定休日 月曜日
■その日のBGM Jazz,BossaNova
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2009年04月02日

ぼちカフェ(川西 カフェ)

bochicafe-out.JPG

 今日は川西にあるぼちカフェをご紹介します。

 川西能勢口から徒歩数分、閑静な住宅街の中に佇むぼちカフェはこの日が上期最後の営業日。

 ちょっとエスニックなのれんをくぐって、ドアを開けると店主のasaさんが「いらっしゃい♪」と出迎えて下さいました。

bochicafe-book.JPG

 玄関の本棚にはたくさんの古本たちが。これだけ本があるだけでうれしくなってしまいますね。
この日は午前中からみつろうキャンドル教室も開催されていたので、既に満席状態。その中をぼちカフェのアイドル、ジャージャーが、お客さんたちをつなぐかのようにあちらこちらでお愛想をふりまき、初めて来たのにお久しぶりと言いたくなるような懐かしさに包まれます。

bochicafe-curry.JPG

 野菜たっぷりのカレーからおつまみにもいいメニュー、おいしいチーズケーキなど、食べたいものもいっぱい♪カレーは体にやさしくて、でもスパイシーでたっぷりのルーもペロリと美味しくいただけました。

bochicafe-coffee.JPG

 otimoさんによるオリジナルブレンドのコーヒー豆たちもぼちカフェの人気者の一つ。こちらでコーヒーをオーダーすると、豆の載ったミルが登場。ゴリゴリ、ふわんと漂う惹き立てのコーヒー豆の香りも楽しめ、こうごさんに淹れていただいたコーヒーの味わい深さにニンマリ。

090329-bochi cafe 019.JPG

 川西の街並を見下ろせる庭にはasaさんが栽培している植物たちがたくさん。ゆったりとした気分でくつろげるお店。ぼちぼち営業なので、秋ごろに、「そういえば・・・」と思い出していただいたら、川西までお出かけ下さい♪


ぼちカフェ

営業日は店主ブログをチェックして下さい→コチラ

2009年02月23日

ミドリカフェ(岡本 カフェ)※08.11移転オープン

midori-new-out.JPG

 今日は昨年11月に移転リニューアルオープンした岡本のミドリカフェをご紹介します。

 グリーンランドプロジェクトの事務局として、みどりのある生活、地球にやさしい生活の発信地として、さらにパワーアップしたミドリカフェ。駅から歩いて10分ほどの閑静な住宅街の中で新たなスタートを切りました。

alto-090220 010.JPG

 店内に入ると無農薬無化学肥料で育てられた、たつの市野口農園のとれたて野菜たちが。きく芋など珍しい野菜もありますよ。

midori-in-tane.JPG

 またおうちで栽培できる春夏野菜の種、コンポストキッドなど、みどりのある生活をすぐに始められるようなグッズも充実。

midori-new-in1.JPG

 大きいテーブル席から、おうちのようにくつろげるソファー席、オーナーとのおしゃべりも楽しいカウンター席まで、ゆったりとした気分でくつろげます。

midori-new-2.JPG

 店内奥は展示ができるギャラリー(この日は高久美保さんによる写真展が行われていました)。ギャラリーにしては珍しい赤色の壁面は、店内のアクセントにもなっています。これまでも写真展、TSUZUMI DENIMの展示販売など、様々な展示が行われており、こちらもこれからが楽しみな空間。

midiri-new-cake.JPG

 厳選素材で、体にも地球にも優しい食事を提供してくれるミドリカフェのメニューも健在。りんごがたっぷり入ったケーキなど、お茶もおススメです♪

 より温かさとお店のポリシーを感じる新生ミドリカフェ。このお店を知ることをきっかけに何か自分の生活に大事なことを発見できる場所でもありますよ。


ミドリカフェ

■住所 神戸市東灘区本山北町2-6-24 サンロイス岡本 1F
■電話 078-412-7214
■営業時間 11:30-23:00(月−土)、11:30-19:00(日、祝)
■定休日 第2、4月曜
■その日のBGM ボサノバ
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2008年12月23日

chaka meka<チャカメカ>(芦屋 カフェ、雑貨)

chaka meka-out.JPG

 今日は芦屋にあるカフェ、雑貨のchaka meka<チャカメカ>をご紹介します。

 阪神芦屋駅から徒歩5分。マンションの1階にある大きなガラス窓が目印のお店。

chaka meka-in2.JPG

 店内はほっとしたぬくもりが感じられながらも、すっきりとした感じで、幅広い年齢層のお客様がくつろいでいらっしゃいました。

chaka meka-lunch.JPG

 こちらは和、洋ランチ(ドリンク付で1000円)があり、この日の和ランチは豚バラの煮込みやレンコンのサラダなど、ボリュームたっぷり。お味噌汁も具だくさんで、ガッツリ系の方でも満足できますよ。

chaka meka-in.JPG

 店内は洋服、雑貨も売られており、最近個展のご紹介をしたOSSANグッズも取り扱っています。

 写真をよく見たら・・・なんとOSSANチェアーが!ひげ部分がコットンプリントのOSSANは大きいサイズもなかなかキュート♪

 雑貨もご飯も楽しめる、芦屋のナイススポットですね。


chaka meka<チャカメカ>

■住所 芦屋市大枡町5-8-101
■電話 0797-25-0165
■営業時間 11:30-22:00
■定休日 月曜日
■その日のBGM カフェミュージック
■地図はコチラ

2008年12月17日

little GANESH<リトルガネーシュ>(西宮 カレー、カフェ)

little GANESH-081214 006.JPG

今日は西宮にあるlittle GANESH<リトルガネーシュ>をご紹介します。

 阪神西宮駅から札場筋を北上、国道2号線を超えJRの高架をくくった右手という場所に、ひょっこり出現。路地裏でもないのに、すごく穴場的な雰囲気が(笑)

little GANESH-081214 006.JPG

 前は『カマール』という名の同じくカレー店だったそうですが、オーナーが代わって伝説のカレー店『ガネーシュ』の味を受け継ぎ、『little GANESH<リトルガネーシュ>』としてオープン。

 こちらはイベント時のスペシャルチキンカレーですが、スパイスの効き方がすごくいい感じ。チキンもたっぷりで、おいしさのあまりあっという間に完食!

 写真にはありませんが、チャイもしっかりとした味で堪能できました♪

little GANESH-081214 008.JPG

 上映イベントのため店内が暗くなっていますが、南側にたっぷりと窓のあるお店なので日頃は太陽の光が入って、エスニックで陽気な感じなのかもしれませんね。

 飾りすぎず、美味しいカレーを食べさせてくれるお店。知る人ぞ知る穴場的な雰囲気も二重丸です!


little GANESH<リトルガネーシュ>

■住所 西宮市江上町6-5
■電話 0798-35-7773
■営業時間 11:30-16:00(LO.15:30)
■定休日 日曜日
■その日のBGM 未確認
■地図はコチラ

2008年11月26日

hygge<ヒュゲ>(川西 雑貨、コーヒー)

hyugge-out.JPG

 今日は川西にある不定期営業の雑貨&コーヒーhygge<ヒュゲ>をご紹介します。

 阪急川西能勢口駅から徒歩10分強、住宅街や長い階段を上ってやっとたどりついた場所は、小さな小屋のような佇まい。

hygge-in1.JPG

 店内は本当にこじんまりしていながらも、ほっと落ち着く空間。
ナチュラル系の雑誌や、店主が海外で見つけてきた小物などがさりげなく置かれています。

hygge-in2.JPG

 コーヒーカップ、ナンバープレート、糸・・・小さなものたちの寄せ集めは、店主のさりげないセンスを感じます。

hygge-coffee.JPG

 オーダーが入るたびに、店主が2階に上がってミルで豆を挽き淹れてくれるコーヒー。しっかりとした深い味わい、ゆっくりできたらなと思いながら、期間限定(特にすごろく期間中は盛況です!)のため待っている方のためにコーヒーをゴクゴク。

第3回川西市路地裏カフェすごろく 031.JPG

 外にさりげなく置いてある小学校の椅子やスコップや廃材もなんだか味がある、川西のかわいい隠れ家。

 簡単に行けないからこそ、惹かれてしまうファンが多いのも納得ですね。


hygge<ヒュゲ>

■住所 川西市花屋敷山手町11−1
■営業日 HPで掲載→コチラ
■その日のBGM ボサノバ
■地図はコチラ

2008年11月24日

ごきげん喫茶マスター店(川西 喫茶店)

gokigen-out.JPG

 今日は24日まで開催中の第3回川西市路地裏カフェすごろく期間限定カフェ、ごきげん喫茶マスター店をご紹介します。

 だんだん細くなっていく路地を矢印に導かれながら曲がっていくと出迎えてくれるケロちゃん(笑)

 街でウワサのごきげん喫茶のマスターがカフェすごろく期間限定で自宅を開放した激レアのカフェ。

gokigen-in.JPG

 店内はガツンと昭和の匂い漂う看板などが置かれ、レコードジャケットもアクセントに。

gokigen-in2.JPG

 昭和の一軒家ならではの間取りや天井にも懐かしさを覚えながら、ソファーや座卓でのんびりと過ごせる空間です。

gokigen-desert.JPG

 ごはんメニューはありませんが、たっぷり入った豆乳パンナコッタ350円やごきげんクッキー150円をはじめ、スイーツと飲み物が楽しめます。

 なんとみそ風味のシフォンケーキも!!!ちょっとびっくりの味はぜひお試しあれ♪

 究極の路地裏にある、いるだけでなんだかHappyなごきげん喫茶。
今日までですよ〜


ごきげん喫茶マスター店

■住所 川西市小花2-2-20
■営業時間 12:00-18:00
■地図はコチラ

2008年11月15日

kaopan <カオパン>(芦屋 ベーカリー、コーヒー)

kaopan-out.jpg

今日は芦屋にある天然酵母のベーカリーkaopan<カオパン>をご紹介します。

 阪急芦屋川駅北側から神戸方面へと伸びる山手サンモール商店街を西へ。プレハブの建物の一番奥にちょっとシックな雰囲気の入り口がありました。

kaopan-bread.jpg

 季節の果物から作った天然酵母(今は柿だそう)を使ったパンが人気のkaopanさんは、木、金、土、日だけ営業の人気店。

 パリッとした焼き上がりがどれも美味しそうなパンたちは、選ぶのに時間がかかること、かかること(笑)

kaopan-081113 010.JPG

 店内手前スペースの壁面カウンターではコーヒーを飲んだり、お店のパンを食べることができます。

kaopan-081113 010.JPG

 開店時から豆を取り扱っていたカフワコーヒー。今では店内で挽きたてのコーヒーをいただけます。

 酸味がなく、上品なコクがあり、モチモチの食感が魅力的なフォカッチャとの相性もピッタリ。

 他にもパンプディングなど、ちょっと小腹がすいているときにコーヒーといっしょにいただけるパンメニューもありましたよ。

 しっとりとJAZZが流れる中、帰るまで待てない!!!おいしいパンをイートインできるのもうれしければ、きりっとしたコーヒーをいただけたのも大収穫。本当に美味しいものが好きな方におススメのお店です。

kaopan <カオパン>

■住所 芦屋市西山町2-4
■電話 0797-35-3822
■営業時間 11:00-20:00
■営業日 木、金、土、日
■その日のBGM JAZZ
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2008年07月08日

甜蜜蜜<ティム・マッ・マッ>(岡本 香港スイーツカフェ)*080707リニューアルオープン

tim-ma-ma-new-out.JPG

 今日は昨日リニューアルオープンした岡本の甜蜜蜜<ティム・マッ・マッ>をご紹介します。

 路地裏の雰囲気を最大限に生かした以前の甜蜜蜜とは違い、リニューアル後は路地裏に大人カフェが誕生といった感じ。シックな扉は、オーナーRachelさんこだわりの一つ(他にもこだわりはたくさんあるそうですが、笑)。

tim-ma-ma-new-in1.JPG

 倍の広さになった店内は、4人掛けできるボックス席が登場。落ち着いた照明の中、ゆったり過ごすことができます。

tim-ma-ma-new-in-2.JPG

 そして、特筆すべきはカウンター席ができたこと。
横長のカウンター席は、一人で食事やお茶をするのに丁度よく、カウンター席好きとしては、うれしい限り。

 カウンターごしには、映画『花様年華』でマギー・チャンとトニー・レオンの食事シーンに登場したアメリカのアンティーク「ファイアーキング」のカップ&ソーサーが。見ているだけでもうっとりする色合い。
こんな上品な食器でお茶をできるというのも魅力的ですね。

tim-ma-ma-new-lunch1.JPG

 ランチも一新!以前の甜蜜蜜人気メニュー、和え麺セットもありますが、ここはやはり新メニューの「旬の蒸し魚とコラーゲンスープ麺セット」950円をオーダー。

 蒸し魚に野菜が添えられ、ヘルシーかつ美味しい♪昼からこんなお料理をランチメニューで気軽に食べられ幸せ気分(笑)

tim-ma-ma-new-lunch2.JPG

 そして、こちらが朝どりの鶏丸ごと一羽使ったというリニューアル甜蜜蜜の目玉料理!コラーゲンスープ麺。

 鶏丸ごとという、本場香港さながらのダイナミックさ。スタッフのみなさんの努力の結晶のスープは、本当にきれいな色をした上品な味で、一滴も残さずいただきました。味へのこだわりも、さらにパワーアップしたようです。

tim-ma-ma-new-in-3.JPG

 yuddyの音担当のchangさんがセレクトしたBGMもしっとりと馴染み、大人上質空間に生まれ変わった甜蜜蜜。

 新しい歴史がまた始まりましたね。

そして、路地裏の風情が素敵だった前甜蜜蜜の店長mableさんの新しいスタートにエールを送りたいと思います。


甜蜜蜜<ティム・マッ・マッ>

■住所 神戸市東灘区岡本1-8-1
■電話  078-441-0338
■営業時間 11:30〜22:00(日曜日のみ20:00まで)
■定休日  第2火曜日(7/8は営業)
■その日のBGM しっとりジャズ
■HPはコチラ
■地図はコチラ

2008年06月20日

高波カフェ(苦楽園 カフェ)

高波カフェ-out.JPG

 今日は苦楽園にある高波カフェをご紹介します。

 阪急苦楽園口のいかりスーパーを南へ下ると、昨日のとってもサイケな看板が!湘南あたりにありそうな、インパクトのある外観とユニークなネーミングに思わず入りたくなります(笑)

高波カフェ-in.JPG

 店内はクリーム色っぽいイエローの壁面と高い天井で、くつろげる雰囲気。オーナーさん自らが貼ったというカウンター下のタイルもアクセントになっています。

高波カフェ-lunch.JPG

 チャイの看板を見て、インド料理?かと思いましたが、無国籍風の焼きそばやチャーハンから、パスタまでランチメニューも豊富。
チャーハンとアボガドの組み合わせが新鮮で、なかなか美味しかったです♪

高波カフェ-chai.JPG

選べるドリンクは、やはりチャイ!サラダがついて950円のランチに舌鼓を打ちながら、お店にある本を読んだり、くつろいだ時間を過ごせました。

ちなみに『高波カフェ』というネーミングは、オーナーさんのかつての口癖(自分にビビッとくるものに出会ったとき、「高波がきた!」とおっしゃっていたそう)から来ているのだとか。

オーナーさんの”高波”が詰まったカフェ、よくよく見るといろんな発見があって楽しめますよ。一人ででもゆっくりできる、いい場所でした。


高波カフェ

■住所 西宮市松生町12-21 第2寿松ハイツ101
■電話 0798-74-5801
■営業時間 11:30-21:30
■定休日 木曜日
■その日のBGM 洋楽(含むカーペンターズ)
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2008年06月01日

cafe-le-ciel<カフェ・ルシエル>(甲東園 カフェ、ギャラリー)

cafe-le-ciel-out.JPG

 今日は甲東園にあるcafe-le-ciel<カフェ・ルシエル>をご紹介します。

 関西学院大学の最寄駅でもある阪急甲東園駅東出口からすぐの好立地にあるカフェ。昼は近所の方がふらりと訪れるオアシスのような雰囲気が。そして、夜はヨーロッパビールをはじめお酒が楽しめるコミュニティースポットとして会社帰りのサラリーマンにも人気です。

cafe-le-ciel-in.JPG

 店内は壁面がよりギャラリーとして使用しやすくなり、奥のスペースには大テーブルを配置。一人でふらりと入っても、思わず近くの人と話が弾みそうですね。

cafe-le-ciel-burger.JPG
cafe-le-ciel-salada.JPG

 ランチタイムは、パスタやサンドイッチセットなどを提供。
こちらはお店でもイチオシのcafe-le-cielバーガー(サラダ付きで700円)。

 アツアツで出されるバーガーはベーグルにどっしりとしたハンバーグやチーズがはさまり、ボリューム満点。
6月からは、新メニューとしてカレーも登場予定だとか♪

 個展をはじめ、ライブイベントやクラブイベントも盛んな活気溢れるカフェ。一方でスタッフお勧め本の本棚を設置、無料貸し出ししてくれるなど、カフェ読も楽しめる配慮がうれしいですね。

 次は、新メニューのカレーを試しに行きたいと思います♪

cafe-le-ciel<カフェ・ルシエル>
   
■住所 西宮市甲東園1-5-6-112
■電話 0798-39-8233
■営業時間 10:00-23:00
■定休日 月曜日
■その日のBGM ヒーリング系インストゥルメンタル
■HPはコチラ
■地図はコチラ

2007年11月28日

珈琲ん(夙川 喫茶店)

珈琲ん-out.jpg

 今日は夙川にある喫茶店珈琲んをご紹介します。

 阪急夙川駅南出口を線路沿いに数分歩き、夙川カトリック教会が見える角を曲がると、その向かい側にあるのがこの『珈琲ん』。

珈琲ん-in.jpg

 店内はとてもクラシカルな雰囲気で、油ひきした小学校の床の匂い(分かる人は少ないかな・・・汗)に気分は昭和ノスタルジー♪

 店内中央の相席可能な大きなテーブル席や、たばこの煙の奥に見えるカウンター席には長年ここで珈琲を淹れていらっしゃると思われる女将さんと常連の初老の紳士が語らっている姿が・・・歴史を感じます。

珈琲ん-cofee.jpg

 こちらの珈琲は¥600と安くはありませんが、納得していただける味です。
土日限定のカレーはリピーターも出る人気だとか。

 とてもしっくりと落ち着ける喫茶店。カフェとは違った趣がありましたね。


珈琲ん

■住所 西宮市羽衣町5-19 羽衣コーポ1F
■電話 0798-23-4923
■営業時間 10:00〜22:00
■定休日 月曜、第1火曜
■地図はコチラ

2007年10月10日

CAFFE PIANORO<カフェ ピアノロ>(西宮 カフェ)

caffe-pianoro-out2.jpg

 今日は、西宮にあるCAFFE PIANORO<カフェ ピアノロ>をご紹介します。

 CAFFE PIANORO<カフェ ピアノロ>は、もともとはholicという雑貨も併設したお店だったそうですが、現在は2階のカフェだけの営業となっています。

caffe-pianoro-in2.jpg

 店内には、お店の看板やロゴのイラストを手がけている絵本作家ヨッチさんの作品が・・・ヨーロピアンテイストを感じさせるイラストのかわいらしさにほっこり。 

caffe-pianoro-set2 (9).jpg

 現在特別メニューとして出されているのが、キャラメルコーヒーや自家製スコーンとナッツさんのお土産付の「ナッツセット」¥1000
ナッツさんのイラスト入り絵葉書2枚と、オリジナルミニ絵本がとてもかわいい〜
 
caffe-pianoro-in1.jpg

 落ち着いた照明の中、こじんまりしたお店は隠れ家感覚で、しっくりとくつろげます。画面にはトッポジージョやムーミンなどの北欧アニメが流れていたり、しっかりとボサノバやサンバ調の曲が流れていて、長居したくなりますね。

 絵本原画展やライブ、講習会など、イベントも開催されているので、HPでチェックしてみて下さいね。居心地のいい空間でしたよ♪

 
CAFFE PIANORO<カフェ ピアノロ>

■住所 西宮市本町7-14-2F
■電話 0798-22-6739
■営業時間 12:00-19:00(日曜)17:00-23:00(水-土曜)
■定休日  月曜、火曜
■その日のBGM ボサノバ、サンバ・・・
■HPはコチラ
■地図はコチラ

2007年09月18日

Kica<キカ>(苦楽園 アンティーク雑貨、カフェ)

kica-out.jpg

 今日は苦楽園にあるアンティーク雑貨、カフェのKica<キカ>をご紹介します。

 阪急苦楽園駅から線路沿いに甲陽園方面へ歩いていくとすぐの角地にあるKica<キカ>は、外側にもガーデニング関係の雑貨がディスプレイされ、思わず店内を覗いてみたくなる雰囲気。

kika-zakka2.jpg

 道路沿いに面した窓側にはガラスのポットがたくさん置かれ、ガラス窓と相まってとても爽やかな印象。

kika-zakka3.jpg

 店内はキッチン系のアンティーク雑貨から、ドアノブやフックなどの生活雑貨のアンティークもの、リネンもの、ボタンなどの手芸用品、アクセサリー、ステーショナリー・・・たくさんのアンティーク雑貨が、うまくディスプレイされていて見ていると時が経つのを忘れますね(笑)

 ヨーロッパを中心にオーナーさん自らが買い付けるという雑貨たちは、さらに奥に行くと・・・

kika-in1.jpg

 カフェスペースの中にも、天井から椅子がぶら下がっていたり、飾り棚他、テーブルやカフェ専用椅子以外のものは全て商品!

kika-bed.jpg

 かわいいアンティークのベビーベッドも商品でありながら、カフェスペースに椅子として置かれていて、おうちdeカフェ気分♪

kika-soup.jpg

 隠れ家っぽい雰囲気の中、いただいたのは自家製パンとスープのセット¥700。厚切りのパンは国産の粉を使って香りもよく、たっぷり野菜のポタージュスープによく合います。

 メニューを見ると、他にも「ウワサのコーヒーカレー」など実はかなりガッツリといただける本気メニューが揃っているのです。
”知る人ぞ知る”のカフェスペースは、オーナーさんセレクトのオシャレなBGM(フレンチポップスや、ときどきハリーポッターの朗読が流れたりと気分はヨーロッパ!)を聞きながらゆっくり過ごせる穴場として、かなりオススメですね。

 小物から、家具などの大物まで、幅広いラインナップなので、気軽に立ち寄って、お気に入りの一品を見つけることができそうですよ。


Kica<キカ>

■住所 西宮市石刎町3-14 
■電話 0798-76-5339
■営業時間 10:30〜19:30
■定休日 不定休
■その日のBGM フレンチポップス他(オーナーさんのipodからランダムに)
■地図はコチラ

2007年06月19日

mule<ミュール>(岡本 カフェ)

mule-out.jpg

 今日は岡本に新しくオープンしたモダンカフェ、mule<ミュール>をご紹介します。

 続きを読む

2007年05月14日

ロカマドゥール(六甲 フレンチ)

rocamadour-out.jpg

 今日は六甲にあるフレンチレストランのロカマドゥールをご紹介します。

 JR六甲道駅から徒歩5分という駅近ではありますが、住宅街の中にある小さなレストランは隠れ家的な雰囲気。

rocamadour-in.jpg

 店内も家庭的な雰囲気があり、くつろいだ気分になれますが、こちらのフレンチはランチから本格的なコースが堪能できます。
プリフィクススタイルということで、前菜や主菜の品数から種類まで自由に選べるので、その日の気分で好みの料理や素材を楽しむことができますね。

 またこちらで使用されている野菜は産地直送無農薬野菜だそうで、素材へのこだわりがうれしいですね。

 コースには自家製パン、デザート又はチーズ、コーヒー、紅茶、ハーブティー又はランチワインがセットになります。(+¥420でスープ付)

rocamadour-kunsei.jpg
 
 まずはアミューズから。サーモンの燻製が登場、この一品でこれからの期待が高まります(笑)

rocamadour-apre1.jpg

 今月のシェフのおまかせは「マグロと帆立貝と野菜のテリーヌ 10年物バルサミコ酢ソース」
たっぷりのシーフードが野菜で巻かれた見た目にも美しい一品は、10年ものというバルサミコ酢ソースでとてもさっぱりといただけます。
他も前菜でバリエーションに富んだメニューが揃っていますよ。
どれも美味しそうなので続けて写真でご紹介します。

rocamadour-apre2.jpg

「パースニップとジャガイモのニョッキ ボロネーゼ風」

rocamadour-apre3.jpg

「フォアグラのソテー 帆立貝の野生米リゾット添え シェリーヴィネガーソース」(要プラス料金)

rocamadour-apre4.jpg

「ホワイトアスパラとトマトのチエド バジリコソース」

rocamadour-main1.jpg

さて、メインは付け合せの野菜も美味しい「仔牛のフィレ肉のソテー よもぎ風味」

rocamadour-main2.jpg

ソースが美味しそうで、魚もボリュームありの「鮮魚の香草焼き ブールノワゼットソース」


rocamadour-desert.jpg

デザートも6種類から選べます。
こちらは「いちごと赤ワインのジュレ ラべンダーのグラス添え」
最後にさっぱりと終わらせたいときに最適。のどごしもよく、赤ワインが効いていて濃厚なアイスクリームとよく合います。

rocamadour-present.jpg

最後には女性限定(だそうですが)でこんなかわいいプレゼントも。

コテコテのフレンチではなく、ニョッキなどのイタリアンな要素も盛り込まれ、カラダにやさしいフレンチ。
写真はありませんが、焼きたてのオリジナルパンもとても美味しかったです。
ゆっくりと気の合う仲間とのお食事会や、特別な日のディナーなどに使えそうな味は本格派のくつろげる隠れ家フレンチですよ♪

ロカマドゥール

■住所 神戸市灘区桜口町2-2-10 エクサーグ六甲1F
■電話 078-856-8639
■定休日 火曜日
■営業時間 11:30〜15:00(L.O.14:00) 18:00〜23:00(L.O.21:00) 
■HPはコチラ
■地図はコチラ
ラベル:六甲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。