新着トピックス

2007年05月08日

ひつじ茶房(岡本 カフェ)

hituzi-out.jpg

 今日は岡本の本山市場内にこの3月オープンしたばかりのカフェ、ひつじ茶房をご紹介します。

 昔ながらの本山市場ですが、どこの地域の市場でもそうであるように閉店している店舗も見られる中で、かわいい雑貨が置かれたお店が。ベトナム雑貨のお店『PATRICK Anh<パトリック・アン>』の店内奥にある階段を上ると・・・

hituzi-hituzi.jpg

 こんなにかわいいひつじが出迎えてくれるひつじ茶房があるのです。もともとは1階が店舗で2階は居住スペースという使い方がされていたと思われる間取りですが、その空間を落ち着けるカフェ空間に見事に変身させています。

hituzi-in1.jpg

 一人でゆっくりと窓の外を見ながらくつろげる、お部屋のような空間♪

hituzi-in2.jpg

 こちらはゆったりソファーでお友達のおうちに招かれたようなリラックス気分になれそう。

hituzi-soup.jpg

 手作りスイーツなどがメインですが、昼にオススメなのはスープメニュー。
マッシュルームとたくさんのきのこのクリープスープ¥750は量もたっぷりできのこの旨みやナッツの隠し味が美味しくいただけました。

hituzi-bread.jpg

 スープについてくるパンは、天然酵母パンで河内長野で自ら窯まで作ったというパン職人さんから取り寄せているそう。もっちりとして食べ応えありましたよ。

hituzi-book.jpg

 店名にも使われている”ひつじ”。実はJR摂津本山駅前(ひつじ茶房から徒歩5分ぐらい)にある児童書専門店であり絵本の品揃えでは有名な老舗『ひつじ書房』さんからいただいたものだそうです。
小さい頃からひつじ書房さんに通っていたオーナーさんが、店名に動物の名前を・・・と考えたときに浮かんだのがこの『ひつじ書房』のひつじだったとか。

 店内にもこのようにひつじ書房さんで取り扱われている昔から愛され続けている絵本の数々が置かれています。
ゆっくり絵本を読んだりしたくなるような、また一人でほっこりしたいときに帰りたくなるようないとおしいカフェ。
オススメですよ♪

ひつじ茶房(カフェ)

■住所 神戸市東灘区本山北町3-13-16(本山市場内)
■電話 090-9116-1348
■営業時間 11:00-19:00(LO18:30)
■定休日 日曜日、第3火曜日
■その日のBGM ボサノバ
■地図はコチラ


2007年05月03日

茶家<ちゃいえ>(苦楽園 日本茶カフェ)

chaie-out.jpg

 今日はこの5月1日にオープンしたばかりの苦楽園のお茶とお菓子のカフェ『茶家<ちゃいえ>』をご紹介します。

 阪急苦楽園から線路沿いに北上すること約10分。夙川沿いの静かな住宅地の中に、一軒家を改装して作ったという和の雰囲気たっぷりのお家が・・・

chaie-in.jpg

 この『茶家<ちゃいえ>』さんは、もともとカタログ製作のお仕事をなさっていたオーナーさんが、関西に撮影に適した場所がなかなかないことから、カフェであると同時に、撮影にも自由に使えるような空間を自ら作りたいとの思いがあってハンドメイドで作り上げたお店だそうです。

 店内も白い壁に大きなテーブルが2台置かれて、とてもすっきりとしたイメージ。実際に来られたお客さんが見ず知らずながら大テーブルを囲んで和やかにおしゃべりなさっている姿も。
住宅街であり、川沿いという場所柄お客さん同士が和める雰囲気ができそうでなかなかいいですね。

chaie-tea.jpg

 こちらのドリンクメニューは日本茶と紅茶がメインです。
この日いただいたのは佐賀の深蒸し茶¥550
香り、味、こくが揃ってしっかりとした味わい。オーナーのおばあさんが愛飲されていたという佐賀のお茶が他にも味わえますよ。

chaie-taiyaki.jpg

 そして、茶家さんの看板メニューとしてこれから育っていくであろう『鯛焼き』1ぴき¥150
こちらはオーダーが入ってから焼いてくれるので、焼きたてのホカホカをいただくことができます。
こだわりは鯛焼きの中のあんこ。丹波黒さや大納言小豆という幻の大納言小豆を使用しています。日本茶と鯛焼きという当たり前の組み合わせが、こういったカフェで食べられるというのはとても新鮮♪

 笑顔の素敵なオーナーさんとお菓子担当の2人の女性が明るく迎えてくれる苦楽園カフェのニューフェイス。
カフェのことを書きはじめて1年ほど経ちますが、オープン当日にお邪魔できたのははじめてで、これからどんなカフェに成長していくのかが楽しみです。是非一度お立ち寄り下さいね。

茶家<ちゃいえ>

■住所 西宮市松風町8-21
■電話 0798-74-9444
■営業時間 11:00-19:00
■定休日 月曜日
■その日のBGM FM802
■地図はコチラ
■HPはコチラ

2007年04月30日

LANKA<ランカ>(夙川 輸入手工芸材料 カフェ)

lanka-out.jpg

 今日は夙川にある輸入手工芸材料、カフェのLANKA<ランカ>をご紹介します。

 最近できたばかりのJRさくら夙川駅からすぐのところにある
LANKA<ランカ>は住宅街の中に静かに佇んでいますが、一旦中に入ると見れば見るほど面白いものがいっぱい♪(笑)

lanka-butoon.jpg

 輸入手工芸材料のお店として、飾り用のボタンやアンティークボタンなど種類も豊富。見ているだけでも本当に楽しい〜〜〜

lanka-tape.jpg

 またテープや刺繍糸、毛糸などから布地、アイロンプリントからアクセサリーのチャーム、金具など手作りが好きな人なら見入ってしまうこと間違いなしの品たちはオーナーさんのセレクトセンスが光っていますね。

lanka-cafe.jpg

 店内奥にはやわらかい光が差し込み、ナチュラルな木の感覚が落ち着いた気持ちにさせてくれるカフェが。
手芸材料もうまくコーディネイトさせて作品を作ろうと思えば、結構パワーがいるもの。悩んだりしながらゆっくり選びたいというお客様の気持ちを、カフェを作ることで叶えてくれたみたいです。

 手作り洋服や雑貨関連の本も置かれているのでカフェ読をしながら、自分の作りたいもののイメージを膨らませることもできますね。

lanka-tea&cake.jpg

 ハニー&レモンケーキと季節の紅茶(オレンジティー)¥750
 こちらのケーキはよつばバター&生クリーム使用、粉も有機小麦粉を使用と材料にこだわっているそうです。
紅茶はカルチャベックのものを使用、店内でも販売しています。

lanka-hats.jpg

 帽子やカバン、タンクトップなどのオーダーメイドの他、ワークショップなども開催され、帰るころにはなんだか創作意欲が刺激されていそうな、おもちゃ箱のような楽しさのあるお店。

 時間があるときにゆっくりきて、自分のお気に入りのパーツや材料を見つけたいですね♪


LANKA<ランカ>

■住所 西宮市安井町5-46 
■電話 0798−34−9605
■営業時間 11:00 〜 18:00
■定休日 月、火曜日
■HPはコチラ
■地図はコチラ

2007年04月17日

悠悠(岡本 中華料理)

? 041.jpg

 今日は岡本にある中華料理店悠悠をご紹介します。

 甲南大学にほど近い閑静な住宅街の一角にあるこのお店は、外観もすっきりとした感じで、オシャレな雰囲気。
 ランチは1200円のコースもありますが、常連のお友達にアレンジしてもらい2500円のコースをオーダー♪

? 043.jpg

 まずは前菜。中華高級食材のピータンも登場!しかも上に甘酢のしょうがが乗せられ、ピータンととてもよく合うのです。
品数も多く、ピクルスも美味しかったですよ。

? 044.jpg

 次は中華ではお馴染みの点心。フカヒレ餃子や海老餃子など、中にはプリプリと具が入っていておいしいし、ヘルシーだし♪点心好きの私としてはこれは外せないので嬉しかったですね(笑)

? 045.jpg

 とろみたっぷりのスープには春雨やらタケノコが・・・

123.jpg

 エビチリ&エビマヨネーズとでも言いましょうか。
この白いソースが絶妙で、マヨネーズは嫌いでもこの味は食べられると好評!ホワイトチョコレートの味にも似ているとか!?まろやかでエビとの相性がバツグンです!

? 047.jpg

 見た目にも美しく、美味しい!ヘルシーな一品は、豆腐の上に帆立が♪オイスターソース風のタレをかけていただきます。

? 048.jpg

 食事のラストはチャーハン!これも中華の定番ですが、角切りチャーシューがいっぱい入っていて、満腹でも入ってしまいます(笑)

youyou-desert3.jpgyouyou-desert2.jpg? 049.jpg

 デザートは、杏仁豆腐、マンゴープリン、ココナッツミルクから選べます。マンゴープリンは特に人気が高いそうですが、杏仁豆腐も柔らかさ加減や味の加減が上品でいい感じでした。

 店内も落ち着いた雰囲気で、家族やカップルで気軽に利用できそうですね。料理は王道の中華料理ですが上品な味付けにとても好感が持てます。シンプルな麺類もおいしいそうですよ。

 最寄り駅(岡本もしくは御影)からはやや遠いので、車での来店が便利です。住宅街の貴重な中華料理店、オススメですよ♪

悠悠

■住所 神戸市東灘区岡本9丁目6-18
■電話 078-451-7471
■営業時間 11:30-14:00 17:00-20:30(LO)
■定休日 月曜、第3火曜(祝日の場合は翌日休業)
■地図はコチラ
ラベル:岡本

2007年04月03日

BIRTHDAY(芦屋 イタリアン、カフェ)

birthday-out.jpg

 今日は、芦屋で気軽にイタリアンが楽しめると根強い人気を誇るイタリアン、カフェ『BIRTHDAY』をご紹介します。

birthday-in.jpg

 店内はテラスのように外に出た部分から差し込む光を生かし、内装やインテリアもすっきりとした感じ。テーブルとテーブルとの間を広くとってくれているので、とてもゆったりできます。
窓際には2席だけカウンター席もありますよ。

birthday-salad.jpg

 スパゲティーのRYURYUが経営しているこちらのランチメニューはやはりパスタ♪¥900で2種類のパスタから選べます。
まずは前菜から。たっぷり野菜にはビーンやお肉も。特製ドレッシングが効いて美味〜

birthday-pasta.jpg

 こちらは桜海老と豆のトマトソース。細麺のパスタに風味のいい桜海老とプチプチしたグリーンビーンがヘルシーでよく合います。

birthday-pasta2.jpg

 こちらは仔羊のひき肉を使ったカレー風味のパスタ、プラス¥200の大盛りバージョン(笑)

birthday-bread.jpg

 パスタでもパンがついてくるのは、パン好きにはとてもうれしい(笑)ちょっとトーストした食べやすい硬さのバゲットです。
水もボトルでテーブルに置いてくれ、オシャレな感じ♪

coffee.jpg

 プラス¥150で食後のコーヒーもつきます。他にはプラス¥300でデザート盛り合わせなど、その日の気分によってちょっとゴージャスにもできますね。

 芦屋という土地柄もあり、落ち着いた雰囲気の中くつろげるお店。地元の人に愛され続けている理由も分かります。
これからの時期はお店の前の桜の木が開花し、お花見しながらパスタランチもできるベストシーズン♪休日のブランチに友達と、ご家族で、気軽に足を運べるイタリアン、カフェですよ。


BIRTHDAY

■住所 芦屋市茶屋之町1−12
■電話 0797-23-4486 
■営業時間 11:00-23:00
■地図はコチラ

2007年03月09日

Ragout<ラグー>(ビストロ、バー 宝塚 清荒神)

ragu-out.jpg
 今日は梅田から宝塚線で30分ほどの阪急清荒神駅前にある、隠れ家ビストロRagout<ラグー>をご紹介します♪

 清荒神駅北の参道の商店街を歩くこと2分ぐらい。左手に蔵風の酒屋「伊勢屋」があり、その隣の地下に降りる階段がラグーの入り口です。

 夜のバータイムだけの営業で、隠れ家的存在としてお料理の味も、お酒も、そして雰囲気も地元では話題のお店でしたが、昨年夏からランチタイムも営業開始。さらに客層を広げています。

lagu-in.jpg
 店内はオープンキッチンのカウンター席と、一枚板のテーブルに掘りごたつのくつろぎモードで楽しめる座席の2種類。リラックスできる雰囲気です。

 ランチメニューはパスタコース(¥1800)のみ。

lagu-dish.jpg
 前菜は、ラグーの名物料理田舎風パテ(写真左)を含む3種類。パテの上にのっている粒マスタードがアクセント♪美味ですよ〜

lagu-soup.jpg
 本日のスープはにんじんポタージュ。素材の味が生かされ、素朴ながらおいしい。一緒に「ファラール大島さんのバゲット」もついてきます。
同店の向かいにあるパン屋さんですが、お店の風貌は地味ながらとてもいい仕事をしているお店。バゲットは外はぱりっと中はもちもちで、日本人好みの食感がいいですね。

lagu-pasta.jpg
 メインの本日のパスタはベーコンとマッシュルームのトマトソース。
麺はとても細く、トマトのほどよい酸味が効いていてさっぱりいただけます。

lagu-desert.jpg
 最後のデザート3種盛りは、クリームブリュレ、シャーベット(ライチ)ガトーショコラのクリーム添えと食感の違うそれぞれのデザートはどれも甘すぎず、かなりクオリティーが高いですね(ドリンク付き)

 BGMはしっかりとJAZZ。地下なので、昼間でもバーにいるような落ち着いた雰囲気で名物料理を含むフルコースを堪能できました。
店内の黒板には、バータイムの一品料理がたくさん書かれています。
お酒もワインをはじめ日本酒まで幅広い品揃え。おいしい料理とおいしいお酒、そして隠れ家的な雰囲気と3拍子揃った噂の名店。たまには少し足を伸ばしてみるのもいいですよ♪

ビストロ・バー ラグー

■住所 宝塚市清荒神1-17-18 阪急清荒神駅から徒歩2分
■電話 0797-81-2000
■営業時間 12:00-14:00 18:00-22:00
■定休日 水曜日
■メニュー バスタランチコース¥1800(ランチのみ) 他
■BGM jazz
■HPはコチラ
■地図はコチラ



ラベル:隠れ家 フレンチ

2007年02月27日

SAKLIEV<サクルエブ>(芦屋 トルコ料理)

sakliev-out.jpg

 今日は芦屋にあるトルコ料理店SAKLIEV<サクルエブ>をご紹介します。

 阪急芦屋川駅の北側にある山手サンモール商店街。アーケードもなくそんなに賑わっているわけでもないのに、よく見ると面白いお店がちょこちょこあって、探索しがいのあるところです。

 その中で突然目を引くレストランが・・・
トルコ料理という未体験ながら、最近気に入っている映画のサントラ(近日中にご紹介しますね♪)がトルコ音楽であることもあって、これも縁と訪れてみました。
 
sakliev-in.jpg
 
 古い民家を改造したという店内は、外観の雰囲気とはまた違って、とても和むようなカントリー調。高い天井からはインドの弦楽器シダールも飾られ、異国情緒たっぷりです。

sakliev-soup.jpg
 
 こちらはランチにもついてくるスープ。トルコの田舎の方のスープだそうですが、日本では食べられない味。香辛料の使い方など独特で、素朴ながら気分はトルコへ〜〜〜(笑)

saklieb-pita.jpg

 そして、日頃はテイクアウトのみだそうですが、お願いして出していただいたケバブサンド¥500。
特製スパイスで調理した肉、野菜をピタパンに包んだトルコの典型的なサンドだそうですが、これが本当においしい♪
もちもちしてシンプルな味のピタパンに、ちょっとスパイシーな肉や野菜がバッチリ合ってます。ボリュームも満点ですよ。

 ランチタイムには、¥1000でドネル・ケバブセット(スープ、サラダ、ピラフ、トルコチャイ付)他ボリュームのあるランチがいただけます。また¥200プラスでトルコの伸びるアイスのサービスも。

 さて、ここまでは普通のレポートですが・・・(笑)
実は、私のお気に入りの映画というのが、昨年大阪ヨーロッパ映画祭で公開、大阪では3月からテアトル梅田で公開されるトルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督のイスタンブールを舞台にした音楽ドキュメンタリー『クロッシング・ザ・ブリッジ』

crossing the bridge.jpg

 お店の壁にしっかりと貼られていたこのポスター。店長のSener Konuk(シュネル・コヌック)さんに話かけてみると、この映画の記者会見にも行ったとのこと、やはりタダモノではありません(笑)

 BGMはトルコの歌謡曲のようなゆったりした感じのものをかけていて、いろいろトルコの音楽のことをお聞きしているうちに、特選のトルコミュージックのカセットテープをプレゼントして下さいました。かなり音楽はお好きのようですね。ありがとうございます!

sakliev-konukku.jpg
 
 レジの横においてあった弦楽器。これは・・・と声をかけるとヒマなときには弾いていますと、軽くパフォーマンスも披露して下さいました。やはり音楽が生活に息づいているんですね。

 アメリカ人のお客様には英語で一緒に会話を楽しみ、時には楽器を奏でてみたりと、日本のレストランにはない雰囲気と異国情緒と地元で味わう料理を堪能できる芦屋の小さなトルコ。おいしい料理と暖かい応対に楽しい気持ちになれるアットホームなレストランですよ!


SAKLIEV<サクルエブ>

■住所 芦屋市西山町1-2
■電話 0797-22-8519
■営業時間 11:30-22:00(14:30-17:30はカフェタイム、閉店のこともあるのでお問い合わせを)
■定休日 月曜日
■BGM トルコのポップス、歌謡曲(from i-pod)
■地図はコチラ

ラベル:エスニック 芦屋

2006年09月25日

Cafe Rucette/space R(芦屋 カフェ、雑貨、ギャラリー)

R-kanban.jpg

 以前「ウマクカケバウマクイク」展をご紹介した芦屋のspaceRに併設されているカフェ・ルシェットをご紹介します♪

 芦屋のオシャレなカフェが集まる茶屋之町の中の文化発信基地としても人気のspaceRの1階にあるのが、オープンカフェのカフェ・ルシェット。

 地元で人気のスパゲティーのRYU-RYUがプロデュースしたカフェは、軽く食べられるサンドイッチやボリュームのあるオムライスなどランチも人気です。

R-lunch2.jpg
 この日のサンドイッチは”アボガドとエビのホットサンド”(サラダ、飲み物付で¥790)
中にはたっぷりの千切りキャベツも入っていて、ボリュームもありながら、とてもヘルシーなサンド。アボガドディップがおいしかった〜〜〜

R-lunch1.jpg
 また本日のランチは”とろーりチーズのオムライス、トマトソース添え”(サラダ、舞茸のスープ、飲み物付で¥970)
オムライスの中には枝豆が入っていて、その食感がまた美味。チーズのトロリ具合も抜群で、オムライスの上に添えられている焼き野菜(アスパラガスとミニトマト)がアクセントとなっていました。
一緒に頼んだアイスコーヒーには、1個だけコーヒーアイスが・・・
氷が溶けてもコーヒーの味が薄くならないようにとの配慮がうれしいですね♪

R-cafe.jpg
 ホットラテが入ったカップもオリジナルのロゴが入って、とてもかわいい〜

 カフェのすぐ横にはカードなどが置かれていて、中で流れるBGMのボサノバやライトな雰囲気のポップスと相まってちょっとオシャレでちょっと楽しいモノに囲まれている幸せ感がよぎります(笑)

R-inside.jpg
 2階はキッチン雑貨や木のおもちゃ、愛犬グッズ、ガーデニンググッズなどがかわいらしく並び、3階ギャラリーでは生活をちょっと楽しくしてくれるような身近なテーマの展覧会などが行われています。

 1箇所でいろんな楽しみ方ができる複合型カフェ。オープンテラスにはお客さんが途切れることなく、芦屋の昼下がりを楽しんでいましたよ♪

Cafe Rucette/space R

■住所 芦屋市茶屋之町1-12
■電話 0797-32-5226
■営業時間 11:00-22:30
■メニュー 本日のサンドイッチ ¥790、本日のランチ ¥970、コーヒー ¥470 他
■BGM ライトなPOPS、Bossa Nova etc
■HPはコチラ
■地図はコチラ


 

2006年08月16日

KIHACHI CAFE(福岡 カフェ)

kihati-out.jpg

 いつもは関西のカフェをご紹介していますが、夏休み番外編(笑)として、九州は福岡の三越福岡店にある「KIHACHI CAFE」をご紹介します。

 KIHACHIプロデュースの店舗の中でも、カジュアルに普段使いができるカフェというコンセプトの「KIHACHI CAFE」。実はこちらのお店が全国初だったそうです(現在は東京や九州に数店あり、関西にはありませんね〜)。

 繁華街の百貨店のインストアということもあり、昼時には長蛇の列ができる人気ぶり。

 この日は、本日のおすすめプレート¥1890をオーダー
kihati-dish1.jpg

 ワンプレートに、魚料理から肉料理、サラダ、冷製スープまでバランスよく盛られています。
サラダに入っているチキンが燻製だったり、スープの味や肉料理に添えられたソースなど、細かいところがさすがはKIHACHIの味ですね♪

kihati-dish2.jpg
 パンは、フランスパンとフォカッチャの2種類がついてきます。
また、本日のデザートはイチヂクのムース。コーヒーとの相性もよく、上品な甘さでこちらも美味でした。

kihati-in.jpg
 店は5階にありながら、店内は9階までの吹き抜けとなっていて、お店の象徴ともいえる壁画が飾られ、とても明るいイメージ。ホテルの吹き抜けラウンジにいるような優雅な空間で、ゆったりと料理を堪能できます。

 天神のカフェ通にも人気のお店、立地も抜群!確かに使い勝手はいいですね〜

KIHACHIcafe 

■住所:福岡市中央区天神2-1-1福岡三越店5F
■電話:092-717-3033
■営業時間、定休日:福岡三越店の営業時間に準ずる
■メニュー:本日のオススメプレート¥1890、各種軽食、デザート他
■BGM:Easy listening
■HPはコチラ
■地図はコチラ





ラベル:カフェ

2006年07月10日

Bistrot Courage(川西:フレンチレストラン)

.jpg

 兵庫県川西市にある隠れ家フレンチの「ビストロ クラージュ」
 
 阪急川西能勢口駅に近いのに、ビルの裏手ということで目に付きにくい場所にちょこんと構えた店は、落ち着いた照明に、しっとりと流れるフレンチミュージックやボサノバ、土の風合いの壁がさらに隠れ家気分を高めてくれます。
 厨房前のカウンター席とテーブル席という小さなお店ですが、調理中の音が作ってくれてる〜〜〜と耳でも感じさせてくれるようなところもまたいいですね♪

 ランチはコースのみ、オーダーしたのは¥2500のコース(前菜・メイン・デザート・パン・ドリンク)

 前菜は2種類から選べます。
帆立のプロバンス風サラダ
前菜ホタテ.jpg

田舎風肉のテリーヌサラダ添え
前菜パテ.jpg

 メインも2種類からチョイスできます。
天然鯛のポアレ焼き茄子添え トマトソース
下にソテーされた茄子が隠れていますが、鯛はもちろんのことこの茄子も美味!
メイン魚.jpg

伊ロンバルディア産乳のみ仔豚のプレゼ
メイン肉.jpg

最後のデザートは、ヨーグルトムース、モモのシャーベット、コンポートの盛り合わせ。
さっぱりして桃のジューシーさとほの甘さとが今の季節にぴったりの涼しげデザートでした。
デザート.jpg

ランチは完全予約制なので、他のお客さんがいなければ、まさに自分のためにお店をあけてくれたようなVIP気分に(笑)お店を出るときは、シェフ自ら名刺をくださり、お見送りも・・・もてなしてもらったという気分になりました。

ワインも試してみたい素敵なビストロ。夜も予約の方がベターだとか。いつの日か夜も行ってみたい素敵なお店です。


Bistrot Courage(ビストロ クラージュ)

■住所 川西市栄町10-5パルティ川西1F
(モザイクボックス裏のパルティ川西裏手の1階です。阪急川西能勢口駅から徒歩3分、契約駐車場はありません。)
■電話 072-757-6368
■営業時間 18:00-24:00
*予約制で火〜木、土日のみ12:00-13:30までランチあり(ランチタイムのみ、お子様の入店OK)
■定休日 月曜日
■メニュー ランチコース ¥2500・¥4500・¥7000
     ディナーコース ¥3800・¥5250・¥7500
     各種アラカルトメニューもあり
■BGM ボサノバ、フレンチポップス

ビストロ中.jpg



2006年06月24日

Pure Blue(豊中 カフェレストラン)

pure-outside.jpg 

 モノレール少路駅北側にある”ロマンチック街道”には、おいしいケーキ屋さんやオシャレなレストランなどがたくさんありますが、ランチがおいしいと人気のお店がコチラの「Pure Blue」

 超ボリュームのサンドイッチはランチでサラダ、スープ、ドリンク、ケーキ付きで¥1250とうれしいプライス。
サンド.jpg
 このサンドイッチはレバーのパテサンドイッチなのですが、ホットサンドの中に挟まっているパテはハンバーグのようにジューシー。薄切りのトマトや細かく刻んだピクルスも一緒にガーリックトーストとサンドされていて、うわ〜〜〜おいしい〜〜〜♪

パスタ.jpg
 パスタランチも上記内容(+パン)で¥1250
この日は鶏肉とキャベツ、きのこのペペロンチーノでしたが、麺も細めでほどよい辛味。これまたおいしくいただけます。

ガトーショコラ.jpg
 そして、ケーキはショーウィンドウに並んでいるケーキ(シフォンケーキやタルト、他にもありますよ〜)から好きなのを選べます。
カントリーケーキ風でありながらも素朴だけれどしっとりしていて確かにおいしい!(ボリュームもあります===)

 他にも肉料理メインのランチ¥1580もあり、カフェといいながらもかなりしっかり食べられます。

 店内は、窓際がとってもマリンな感じで爽やか。
また店内中央にはソファー席もあり、くつろぎながらランチもOKですよ♪

Pure Blue

■住所 豊中市西緑丘3-13-3 ベルード緑ヶ丘1続
*ロマンチック街道沿い 神戸屋レストラン道路向かいに駐車場(DEF)あり
■電話 06-6855-2555
■メニュー ランチ サンドイッチランチ、パスタランチ¥1250 他
■地図はコチラ

pure-inside.jpg

2006年05月10日

LeLuxe(芦屋 紅茶販売、サロン)

Leluxe outside.jpg

 芦屋川を望むマンションの1階にあるのが紅茶専門店でティーサロンも併設されている「LeLuxe(リュクス)」
 日曜の昼下がりともなるといつも満席、外のテラスにも紅茶を楽しむお客さんがいらっしゃるぐらいの人気店です。
 桜も終わりに近づき、春の名残を惜しもうと表の看板にあった”春のスペシャルランチ”¥2100をオーダー。

 まず出てきたのは、同店オリジナルブレンドの紅茶”Ashiya” 芦屋川沿いの桜並木をイメージしたというこの紅茶はとてもフルーティーな香りと柑橘系のさわやかな味わい。大きなポットでたっぷり4杯いただけました。
Leluxe tea.jpg

 次に菜の花とベーコンのキッシュ、そしてメインはシェフのサラダ〜 
盛り付けられた料理の美しさに、いつになく写真を撮る手も力が・・・
テリーヌなんて食べるのは久しぶり(爆)なので、ゆっくり味わいました。
自家製フォカッチャも添えられ、こちらもサクサクして非常に美味!
Leluxe main.jpg

 デザートは、自家製チーズケーキとイチゴのバルサミコソース添え。
本当にバルサミコソースなのですが、意外とこれがいちごにもあうんですね。発見だわ〜
Leluxe cake.jpg

 BGMはボサノバアレンジのPOPS。どこか聞きなじみがある音楽がしっとりとしたボサノバ調で流れてきて、上品で白を貴重とした店内の雰囲気にマッチしています。
 周りでは女友達連れの芦屋マダムのみなさまが、ゆっくりとランチやケーキを食べながら、紅茶と尽きないおしゃべりを楽しんでいらっしゃいました。

 紅茶専門店なので、もちろん紅茶の量り売りや、ギフトセットも充実。結婚式の引き出物用のオリジナルギフトも作れます。
Leluxe inside.jpg

 女友達とゆっくり紅茶を楽しむ芦屋マダムに人気のお店。
引き出物を選びに彼氏や彼女を連れて、ついでにお茶・・・でもOK!
お手洗いも思わず写真を撮るぐらいのかわいさなので、彼女を連れていけば喜ばれるかもね(笑)
Leluxe toilet.jpg

LeLuxe

■住所 芦屋市松ノ内町3-14チェリービュウA-1
■電話 0797-21-1507
■営業時間 AM11:00〜PM19:00(L.O18:30)
■定休日  月曜日
■メニュー 紅茶(1ポット)¥780〜 ランチ、ティーセットもあり
■BGM ボサノバアレンジのPOPS
■HPはコチラ
■地図はコチラ

2006年04月13日

ひとひ 一日(岡本:日本茶カフェ)

 阪急岡本駅から南へ降りたどんつきを左折し200mぐらい歩くと右手にこの看板が。
ひとひ看板.jpg

 おいしい日本茶を楽しむことができる「ひとひ」は、日本茶のメニューがずらり!
 抹茶ぜんざいや、神戸「御菓子司 幸福堂」の季節感がある美しい御菓子など、和カフェにふさわしいラインナップ。

 この日私が注文したのは、
●日本茶 天竜(煎茶/静岡) ¥550
 すっきりした透明感、力強い味と香りです。
●日曜限定 黒糖のタルトビール風味 ¥450
 波照間島産の黒糖を使ったタルトにベルギービールの風味を加えたもの。 富樫信子氏製作
ひとひお茶.jpg

 このビール風味というタルト、本当にじゅわっとベルギービール(多分黒っぽい!?)の味わいもありながら、しっとりとしておいしかったです。
もちろんアルコール分は0%なので、お酒が苦手な人もOK!

 そして、この日本茶。もちろんおかわりOKです。カウンターでお茶を入れるのにちょうどいい温度に調整してある釜の湯を注いでくれます。

 日本茶をおいしく飲み味わうコツは、
一煎目は香りを楽しむ(お湯を入れて1分半蒸らし、茶葉を広げる)
二煎目は旨みを楽しむ(お湯を入れてすぐに注ぐ)
三煎目は渋みを楽しむ(30秒蒸らす)

と教えてもらいました。

 BGMには心地よいJAZZのスタンダード(ピアノトリオだったな・・・)が流れ、シンプルで落ち着く店内にいる、こだわりの男マスター。非常に誠実な対応でお茶のことを心から愛していることが伝わってきました。
ひとひカウンター.jpg
 極めた日本茶を味わいながら、カフェ読(「アルネ」を発見したのはコチラ〜)もいいですね。

ひとひ 一日

■住所 神戸市東灘区本山北町3-6-10
■電話 078-453-3637
■営業時間 11:30-22:00
■BGM Jazz(standard)
■HP http://hitohi.jp/

地図はコチラ

ひとひ中.jpg

2006年02月21日

FARMHOUSE CAFE(岡本:カフェ、雑貨)

FARMHOUSECAFE OUTSIDE.jpg

 阪急神戸線岡本駅北側にあるかわいらしいおうち。女の子なら思わず何かしらと吸い込まれてしまいそうなカントリー風のおうちがこのFARMHOUSE CAFEです。

 雑貨屋に併設されているこのカフェは、さんさんと木洩れ日の入る明るい窓際や、奥にはカーペットが敷かれ、机やソファーが置かれた席もあり、思い思いのすごし方ができます。

 ランチは5種類のおかずが盛られ、カラダにいいものがたくさん!一つ一つメニューを説明してくれます。ごはんもその上に載せられた梅風味ごまが効いておいしい!
FARMHOUSECAFE MENU.jpg

 入店時にはカントリーミュージックが流れ、本当にのどかで明るい昼下がりのイメージでしたが、そうかと思えばジョン・コルトレーンのジャズが流れ出し、ランチについているコーヒーをいただく頃にはちょっとゆったりムードに。
これは、オーナーの気まぐれで選曲しているそうです(笑)

 2ヶ月に1度、店内でライブイベントも開かれており、レジ横にはライブをしたバンドの自主制作CDもON SALEでディスプレイされていました。

 店員さんとの距離も近く、まさにアットホームで居心地のいいカフェ。
3月からは、営業時間を延長して晩御飯もゆっくり食べられるようになるそうです。
駅から至近なのに、これだけアットホームな雰囲気のカフェがあるのは、やはり岡本ならではですね。

■住所     神戸市東灘区岡本5-2-4
■電話     078-453-9355
■営業時間(3月より) 12:00-16:00(LO15:00) 18:00-22:00(LO21:00)   
■メニュー   ランチ(ドリンク付)¥850〜 コーヒー ¥350他
■BGM    country music、jazz・・・
■HP     http://farmhouse.sunnyday.jp/
■EVENT 2ヶ月に1回、ライブイベントあり

店内では、アメリカン雑貨のディスプレイもあり、買うこともできますよ〜
FARMHOUSECAFE INSIDE.jpg地図はコチラ

2006年02月17日

BRASSERIE JOJO(芦屋:カフェ)

jojo-outside.jpg芦屋という閑静な住宅街の中でも、芦屋川北はちょっといいショップの宝庫!このBRASSERIE JOJOも、阪急芦屋川駅から北東に徒歩6分の一歩奥は住宅街という立地。

 入り口横にはオープンカフェになるテラスがあり、店内に入るとオーソドックスなテーブル席の奥にはリビングを思わせる大きなソファと木のローテーブルが・・・まさにおうちリビング感覚でゆったりとソファに座りくつろげます。
jojo-inside.jpg
 ランチは、メイン料理5種類の中から1品+サラダ+パン(ビゴのバゲット他6種類ぐらいの食事パンを好きなだけ)+ドリンク+ミニデザートで1380円という充実ぶり。他にもパスタランチ(1200円)などがあります。ドリンクで選んだコーヒーは、エスプレッソ方式で作られているので、コクがあり、カフェのこだわりを感じますね。

 そして、BGMは開店直後ミーシャがかかっていたのですが、そこからしばらくはゆったりとしたボサノバ、やや年配のご近所の常連さんが増えてくる昼ごろにはジャズ・・・とかかる曲が変わっていきました。

 店員さんに聞いてみると、時間帯やお客さんの入り具合によってかける曲をセレクトしているとのこと。11時代のお客さんがまばらな時間帯はゆったりとした音楽(ボサノバ)を、ランチのお客様が増えてくるとそれにあわせて変えてみたり、お客様が多くなると活気が出るようなハイテンポな曲にしてみたり・・・そして夜のバータイムはまた雰囲気が変わるようなBGMにしているそうです。

 BGMのセレクト一つにしても、水やパンのお替りに訪れるタイミングにしても細かい気配りが感じられるとても素敵なカフェ。常連になりたいぐらい!オススメです。

■住所     芦屋市東芦屋町1-20 セラヴィ芦屋1F
■電話     0797-31-1000
■営業時間   平日11:00〜25:00  土日祝10:00-25:00
■メニュー   オリジナルブレンドコーヒー ¥500  スペシャルランチセット ¥1380
■BGM    bossa nova、jazz、Japanese soul music・・・
■HP     http://projectworks.jp/jojo/  

”真鯛とホタテのポアレ〜バジルとバルサミコソース”
jojo-dish.jpg地図はコチラ

2006年02月11日

STORK GALLERY(岡本:カフェ)

 JR神戸線摂津本山駅北側の山手幹線沿いの地下1階にあるSTORK GALLERY。一歩中へ入ればヒップホップ系の音楽が流れ、シンプルなデザインの店内。空間が広々と取られていて、大きいカウンターの奥にはたくさんのレコードが並んでました。
 薄いカーテンの置くにはソファー席のVIPルームのようなところもあり、いろいろな使い方ができそう〜

 昼はワンプレートランチにコーヒーがついて840円とお手頃で、メインはオムライス、トルコカレー、日替わりサンドイッチ、日替わりパスタから選べます。
ゆっくり、しっとりとランチしたいならオススメです。昼間から雰囲気あるよ〜〜〜

 夜はカクテルも各種そろっています。食事の方もイタリアンを中心に、食べやすいメニューがそろっているみたい。

 毎月第二土曜日には、オールナイトのHip Hop Partyも行われています(ドレスコードあり、Wao〜)。一度こんなところにも行ってみたいような・・・(笑)
昼間なら「子ども連れでも大丈夫」と書いてありましたから、ランチwithベビーカーもOKですよ(笑)

■住所  神戸市東灘区岡本1−5−5 岡本クレセントハイツB1  
■電話     078-452-4666
■営業時間   11:00~22:00
■メニュー   ワンプレートランチ¥840〜
■BGM    hiphop
■HP     http://r.gnavi.co.jp/k409600/
stork.jpg地図はコチラ

2006年02月06日

100% Chocolate Cafe(京橋:チョコレートカフェ)

 今の時期にふさわしいカフェをご紹介〜
チョコレートカフェという、唯一無比のブランドを確立するこのカフェの仕掛け人はというと・・・”チョコレートのMEIJI”なんですね!
ショップのインテリアデザインからディスプレイにいたるまでプロのこだわりが居心地の良い雰囲気を作り上げ、BGMもU−SENチャンネル「カフェ・アプリミディ」を手がける橋本徹氏の監修。
 
 メニューもチョコレートを使ったスイーツから、チョコレートドリンク。もちろんコーヒーもあります。このコーヒーには日替わり(365種類あります!)のチョコレートがサービスされ、こちらも楽しみ。カフェ内には56種類のチョコレートライブラリーもあり、見て味わって楽しめます。

 2006年バレンタイン特別メニューとして、オレンジペッパー(¥460)が登場。
これは、まさしく先日cafe in the movieで紹介した「ショコラ」でショコラショップの店長ヴィアンヌがサーブしたもの!意外な組み合わせだけれど、飲めばそのおいしさにきっとはまるハズです。

■住所     東京都中央区京橋2-4-16 明治製菓本社ビル1F
■電話     03-3273-3184
■営業時間   平日/8:00 〜 20:00(ラストオーダー19:30)
土・日・祝祭日/11:00 〜 19:00(ラストオーダー18:30)
■メニュー   コーヒー¥300〜 ショコラカフェ¥400〜 ワッフルプレート¥300 他ショコラ系デザートが充実!
■BGM    橋本徹氏監修のcafe music
■HP     http://open.meiji.co.jp/sweets/choco-cafe/top.html
100%.jpg

地図はコチラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。