新着トピックス

2007年08月08日

ぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう Live Report

雲州堂-sign0805.jpg

 今日は北浜の雲州堂で行われたぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう Live Reportをお届けします。

雲州堂-bokusukisign.jpg

 歴史あるそろばんメーカー雲州堂の倉庫だった蔵を改造したイベントスペースである雲州堂はとても落ち着ける空間。前回の中寺ハウスとは違い、ステージ上からのレクチャー&ライブ。

雲州堂-sign0805 (5).jpg

 前半はトランペット、フリューゲルホルンの道下克己氏とピアノの田村文利氏によるレクチャー&ライブ。

雲州堂-sign0805 (8).jpg

 今回は楽譜や歌詞などのレジュメまで用意されかなり本格的!ジャズのスタンダードである『My funny valentine』が、ずっと自分の彼氏がぶっさいくであると散々に言っている(もちろん最後は「そのままのあなたでいて〜」と盛り上がるのですが、笑)だとか、これまたスタンダードといえる『Fly me to the moon』は最初別の題名で全く売れなかったけれど、アポロ計画が行われている頃にこの題名に変えて大ヒットしたといったジャズトリビアなどが次々登場。
まだまだ語り足りないと名残惜しそうな田村氏と進行役の道下氏との掛け合いがなかなか楽しい。もちろん二人の息のあったジャズの演奏は本当に惚れ惚れします♪

 後半は今回のゲストで、道下氏とトリオを結成しているボーカルma-maさんが登場(詳しい情報はサイドバーのアーティストリンクからどうぞ)!
『雨に濡れても』をma-maさんのインスピレーションで作った詞に乗せて伸びやかに熱唱。訳詩ではないma-maさんの感性溢れる詞に感動した道下氏がライブでしか披露できないと今回の企画に組み入れたのだとか。とても貴重な機会です。

 手話のようなジェスチャーを交えながらその歌声とパフォーマンスで聞いている者を魅了していくma-maさんのボーカル。その迫力は鳥肌ものでした。身近な言葉でやさしく語られるというジャズがとても新鮮!そしてアンコールの『やさしさに包まれたなら』にもma-maさん流のアレンジが入り、全く別の歌、まさに彼女の持ち歌のようにとても新鮮でソウルフルな雰囲気が目から鱗でした。

 トークは控えめでライブ重視となった今回の『ぼくの好きなJAZZ お気に入りのアーティストに出会う3つの方法 vol.4 歌詞(うた)を味わう』。
リラックスしてジャズのうんちくや生演奏を楽しむというコンセプトが雲州堂の雰囲気ともマッチして、とても素敵なライブとなりました。


演奏曲

1.There is no greater love.
2.My funny valentine.
3.Summer time.
4.I'll close my eyes.
5.Raindrops keep fallin' on my head.
6.Fly me to the moon.
7.The nearness of you.
8.Alleluhah
アンコール やさしさに包まれたなら
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

Acoustic Live & Dinner ×ザッハトルテ Live Report

brasserie tooth tooth-sign.jpg

 今日は、昨日ご紹介したBRASSERIE TOOTH TOOTH<ブラッスリートゥーストゥース>で行われた”フランスな”夏のお祭りAcoustic Live & Dinner ×ザッハトルテ Live Reportをお届けします♪

 ザッハトルテさんは、アコーディオンの都丸さん、ギターのウェッコさん、チェロのヨース毛さんによるアコースティックなヨーロピアンサウンドを奏でるトリオ。

 初めてライブを見たのは、この3月にHEP HALLで行われた「FIVE STAR MUSIC」。ヨーロッパといってもフランスだけではなく北から南まで飛び回るザッハサウンドにビックリしました。

brasserie tooth tooth-zahha1.jpg

 今回はザッハトルテだけのライブということで、うれしいことに2部構成!アルバム『貴方とワルツを踊りたい』からの曲や、ケルト地方の民族音楽をふんだんに取り入れた曲、フラメンコの曲のようにパルマが入ったタンゴ、ギリシャ系の曲まで幅広さはさらにパワーアップ!ライブの躍動感は必見ですね。

 後でお聞きすると、今回は新しいアルバム用に作られた新曲を初披露してくださったものが多いそうで、私がいいなと思った曲もこの冬に発売予定のアルバムに収録される可能性が大だそう!これは楽しみです。

brasserie tooth tooth-zahha3.jpg

 ザッハトルテのライブといえば、楽しいトークとギターのウェッコさんによる手品(驚)!日頃は京都や大阪が拠点のザッハさん、神戸でのライブはまだ少ないそうで、手品の反応の良さに「神戸のお客さんは暖かい♪」と感激気味(笑)
確かに毎回見ていたら見飽きるかもしれませんが(爆)、それでもこの昭和な雰囲気(コスチュームや髪型もしかりですが)がまたザッハトルテの強烈な個性でもあったりします。

 精力的に各地でライブをされているザッハトルテさん。
気になる方は是非公式サイト(アーティストリンクからどうぞ♪)でチェックしてみて下さいね。

 おいしい料理とヨーロッパテイスト溢れる音楽との楽しい夏の夜のお祭りでした♪
ラベル:ライブ 感動した
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

Swingin’Street3/dorlis

Swingin’Street3
Swingin’Street3

swingin street3.jpg

 dorlisの『Swingin’Street3』を紹介します。
 
続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

ザッハトルテ スペシャルライブ@BRASSERIE TOOTH TOOTH

toothtooth-0803.JPG

 今日は、神戸のBRASSERIE TOOTH TOOTHで行われるザッハトルテ スペシャルライブ@BRASSERIE TOOTH TOOTHをご紹介します。

 京都を中心に、今や日本全国に活動の拠点を広げているヨーロッパ音楽を網羅したトリオ、ザッハトルテ。

 カフェのBGMとしても本当にピッタリ、ザッハトルテがかかるだけで気分はパリジェンヌ♪なのですが、実際にライブで聞くと小ネタも交えたトークから、熱い演奏まで熱烈なファンがいるのも頷ける素晴らしい内容。

 そのザッハトルテが神戸でスペシャルライブを開催します。
パリの雰囲気満点のBRASSERIE TOOTH TOOTHでカジュアルフレンチディナーとライブというとてもオシャレな内容。

 神戸でこの夏パリを感じてみたいならオススメのライブですよ♪

『TOOTH TOOTH La fete de l'ete』 ザッハトルテ スペシャルライブ@BRASSERIE TOOTH TOOTH

日時:2007年8月3日(金)18:30〜食事タイムスタート
            19:30〜ライブスタート
料金:¥4000(食事+1ドリンク付)
   *食事は好きな前菜、メインを選べるプリフィクススタイル
場所:BRASSERIE TOOTH TOOTH
    神戸市中央区伊藤町108番地ダイヤ108 3F
予約:TEL.078−332-3052(ブラッスリートゥーストゥース)
   ザッハトルテ予約フォームはコチラ
ラベル:ライブ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

Evening Glow/Port of Notes

Evening Glow(通常盤)
C(通常盤)


 Port of Notesの『Evening Glow』をご紹介します。


続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

秋山羊子さんライブツアー2007夏、始まります♪

 MusiCafe♪でも度々ご紹介しているシンガーソングライター秋山羊子さんの2007年夏ツアーの詳細が発表されました。

 東京を皮切りに、愛知、福岡、名古屋、多分初めて!?の四国上陸、そしてツアーファイナルがうれしいことに3月のHEPHALLに引き続きの大阪ライブ♪

 羊子さんのライブの魅力は、構成にバリエーションがあること。
ゲストミュージシャンを従えてのバンド編成のときもあれば、ピアノ1台で羊子さんが弾き語るものまで、何度足を運んでも新鮮な感動があると思います。

 昨年発表したアルバム『指一本で倒されるだろう』をはじめ、最近のライブでは新しい試みとして『ヨンナナ』でリリースしている曲(1曲47秒)の10曲メドレーなども披露されているそう。

 一人でもしっとりと聞けるとてもいいライブです。全国を飛び回る羊子さんに是非会いに行って下さいね♪


 7/16(月・祝)Bobtail(東京・下北沢)
 7/29(日)新舞子ブルーサンビーチ(愛知県知多市)
 8/11(土)TUPELO(福岡・博多)
 8/25(土)千種文化小劇場(名古屋)
 9/上旬・南青山マンダラ(東京・外苑前)
 9/22(土)ヤマハ高松店(香川・高松)
 9/23(日)雲州堂(大阪市北区)


詳細、予約はコチラ
ラベル:秋山羊子 ライブ
posted by MusiCafe♪ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

ヒーのワルツ/ふちがみとふなと

hi-.jpg

 ふちがみとふなとの『ヒーのワルツ』をご紹介します♪
続きを読む
ラベル:co-fuque cafe
posted by MusiCafe♪ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

fm osaka LIVE SPRING 2007大阪上町春めぐり〜花と歌〜Live Report

pasto-sign (15).jpg

今日は、3日に大阪城野外音楽堂で行われたfm osaka LIVE SPRING 2007大阪上町春めぐり〜花と歌〜Live Reportをお届けします。

@伊沢麻未〜ちょっとハスキーなパワフルボイス。今後の注目株♪

Prhthm
Prhthm


 ファーストアルバムを今年1月にリリースしたばかりの伊沢麻未。昨年夏には「orange sunshine」がfm osaka のパワープレイになるなど、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

 キーボードだけのアコースティックなライブとなりましたが、それだけにボーカルの魅力が引き立つステージ。『やまない雨はない』などスローなナンバーもよかったですね。

Aいきものがかり〜人気花丸急上昇の元気印、ステージでも跳ねる♪
桜咲く街物語
桜咲く街物語


 今回のライブで今一番勢いがあるアーティストといえば、この『いきものがかり』。
ライブ会場では、おでん君のかぶりもので気を引こうとするファンも出現、場内は大いに盛り上がりました(笑)

 ヒット曲の『さくら』、『うるわしきひと』などアップテンポなロックナンバーをはじめ、これからリリース予定の『茜色の約束』もいち早く披露。ファンには何よりのプレゼントになったのでは。この曲はちょっとスローな感じでブレイクすること間違いなしって感じですよ。

 ギター担当の人が吹くブルースハーブもなかなかのもの。これが入るだけで随分と雰囲気が変わるんですよね♪

Bdorlis〜待望のコラボ企画を生で堪能♪

Swingin’ Party
Swingin’ Party


 昨年も『大阪上町春めぐり〜花と歌〜』でハッピースゥイングを聞かせてくれたdorlis。今年もちょっとクラブ系のノリで晴れわたる青空の下、ちょっと小粋なスゥイングを聞かせてくれました。

 昨年同様、1曲歌う間にフラワーアレンジメントをするパフォーマンスを交え、いよいよクライマックスには大西ゆかりねえさんが登場!

 そうなんです、今回『大西ユカリと新世界』もライブに出演するということで、dorlis×大西ユカリのコラボ曲『メンズ・キラー・シスターズ』を生で聞けるというファンにはヤッタ〜の企画が。
それは迫力満点、昭和歌謡っぽいノリですが、パンチが効いて、テンポもよくて、カッコイイ♪これが聞けてほんと満足です(笑)

C押尾コータロー〜ギターの神様、技のすばらしさと曲のやさしさと、人柄の良さと全てがパーフェクト!幸せ〜♪

COLOR of LIFE (初回限定盤)(DVD付)
COLOR of LIFE (初回限定盤)(DVD付)


 実は今回のライブで個人的に一番楽しみにしていたのが押尾コータロー。彼のライブには一度行ったことがあるのですが、CDを聞くのとは全然違う暖かみのある音とそのパフォーマンス。ライブの合間のトークで感じられる人柄などが本当に素敵で、感動しました。

 今回は野外ライブ、しかも他にもたくさんのアーティストが出演するということで、オープニングからノリのいい『翼〜we are the Hero』ではじまり、途中には誰もが聞き覚えのある『Merry Christmas Mr.Lawrence』でしっとり聞かせます。

 会場全員でウェイブを巻き起こさせ、最新アルバムのオープニング曲となっている『Big Blue Ocean』を披露。そしてMCにのってそのまま立ち上がると、コンサートのアンコール定番曲『Hard Rain』でノリノリのアツイパフォーマンスを披露!
場内総立ちですよ。たったギター1本で!歌があるわけでもないのに!!!こんなことができるのは日本広しと言えども押尾コータローだけだと思います。

 最後は座って静かに、心の中に爽やかな泉がわきあがるような曲『オアシス』で締めくくった感動のライブ。アツクなり、癒され、感動した至福のひとときでした♪

DKAN〜ジャパニーズピアノマン!やさしい詩とポップなメロディーが心に染みる♪

遥かなるまわり道の向こうで
遥かなるまわり道の向こうで


 誰もが耳にしたことがある、元気がでるポップスといえばKANですよね。とはいえ、生で聞くのは実は初めて。

 どこかの政治家!?(笑)のようにぴっちりと七三に髪をまとめてイタリア製のスーツでビシッと決めて登場し、深々とおじぎをするだけで、どこか笑えてしまうキュートなキャラクター。

 舞台には一台のグランドピアノが置かれ、淡々と、とても気持ち良さそうに演奏するKANの歌声はちょっと甘くてセンチメンタルな気分にさせます。
『まゆみ』、『カレーライス』などのナンバーや過去の逆ヒット曲などキャリアが長いKANならではのしっとりと聞かせるステージ。
最新曲の『世界で一番好きな人』では、少し地球のことを考えたような歌詞も出てきて、切ない男心だけではない広い視野を持ったKANの一面が見えました。

 パリで学び直したというクラッシックピアノの音色が心に染みる素敵なステージ。クラッシックな雰囲気のポップス。聞き入るステージでしたね♪

E大西ユカリと新世界〜どうみてもディープです。凄いです♪

5-6-7 & more Live/大西ユカリと新世界
5-6-7 & more Live/大西ユカリと新世界


 名前だけは知っていました。きっと昭和歌謡っぽいのだろうなと思っていました。でも生はホントにディープです(爆)
生半可じゃないというか、伊達に『新世界』を名乗ってない!ということがよく分かりました。

 オープニングから「ムラ〜タ〜」なんてひたすら人の名前がゆらゆら登場する歌が出てきたかと思うと、ディープな歌詞が飛び出す子ども真っ青の歌まで、そこはまさに新世界。ユカリねえさんとバンドのみなさんのアツクてディープなパフォーマンスに度肝を抜かれました(笑)

 そしてアンコールはというと・・・これがまたダンスでノリノリ!!!いやあ〜ほんとよく踊りましたよ、マジで(爆)
トークもかなり面白かったし、これは一度是非ライブで体感をオススメいたします!!!

 雲ひとつないいいお天気の中で繰り広げられたアツイパフォーマンスの数々♪感動して、笑って、癒されて、本当に楽しいライブ。心にたくさん栄養をもらいましたね〜〜〜
ラベル:感動した ライブ
posted by MusiCafe♪ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

Telmary & friends in Japan 2007 featuring Asa festoon@クラブ月世界

 今日はTUZUMI DENIMS presents Telmary & friends in Japan 2007 featuring Asa festoon@クラブ月世界をご紹介します。

 今一番新しいキューバの声と言われるテルマリー。そのテルマリー率いるライブの神戸公演を主催するのは、以前こちらでも主催のライブイベントをご紹介したTUZUMI DENIMS

 ゲストミュージシャンとして、以前こちらでもご紹介したAsa festoonがピアニスト樽栄嘉哉とのデュオで登場!キューバテイストに溢れた大人のための素敵な音楽イベントになること間違いなし♪

 ライブ後にはDJタイムがあったり、イベント料金を全額キャッシュバックするキャンペーン(新作TUZUMI DENIMSをお得な価格で購入できるそうです)も実施されるとか。

 ライブの内容も、その仕掛けぶりもなかなか興味深いライブイベント。キューバの熱い風が神戸にやってくる!今から楽しみですね。
 
Telmary & friends in Japan 2007

日時 2007年5月6日(日)18時開場・19時開演
会場 クラブ月世界(神戸三宮生田東門街、三宮各駅徒歩7分)
料金 前売¥5,000 / 当日¥5,500(全席自由・入場時1ドリンク代要)
チケット取扱い、ライブ詳細はコチラ
ラベル:ライブ コラボ
posted by MusiCafe♪ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

innocent view/SOTTE BOSSE

innocent view
innocent view


SOTTE BOSSE(ソッテ・ボッセ)の『innocent view』を紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

秋山羊子、はじめにきよし、SIBERIAN-NEWSPAPER、ザッハトルテ in 「FIVE STAR Music」@HEP HALL Report

hephall (25).jpg

 今日は3月18日に梅田HEPHALLで行われた「FIVE STAR Music」
Reportをお届けします。

@ザッハトルテ〜ヨーロッパの音楽が縦横無尽に駆け巡る〜

貴方とワルツを踊りたい
貴方とワルツを踊りたい

あなたとワルツを踊りたい.gif

 トップバッターは、アコーディオン、ギター、チェロの3人によるヨーロッパの音楽を中心にしたアコースティックユニット『ザッハトルテ』。

 スーツを着て、ヨーロッパのジェントルマン風ながらどこかとても強烈な個性を匂わせる3人。いざ演奏を始めると、まず目を惹いたのがアコーディオン。カホンのようにボコボコ叩いて、アコーディオンが打楽器になっていました(笑)

 熱いチェロの演奏や、合間のちょっとすっとぼけたMCも味があって観客を惹きつけます。
曲によって、ヨーロッパのケルト音楽だったり、フランスのミュゼットだったり、時にはギターがフラメンコのようなアルペジオを奏でてみたりと多彩で楽しめます。ヨーロッパだけではなく、アラビアの方面まで進出!?みたいなラストの曲もよかった。

 音楽、パフォーマンス、どれをとっても花丸のハマル人は思い切りハマりそうな熱いヨーロッパミュージック『ザッハトルテ』。心奪われましたね♪

ザッハトルテ公式HPはコチラ

A秋山羊子〜ワンマンで魅せる羊子ワールド、寄り添う声に心ほどけて〜

指一本で倒されるだろう
指一本で倒されるだろう



 大阪2度目となった今回のステージは、前回のドラム、ベースを従えたトリオとは違い、キーボードを前に弾き語るワンマンスタイル。舞台中央の羊子さんに観客の視線が集まる中、沈黙の糸をほどくピアノの音色が・・・

 1曲目は昨年リリースしたアルバムのタイトル曲『指一本で倒されるだろう』。華奢な体を揺らしながらピアノを夢中で弾いていた羊子さんから発せられた曲の最初の「あ〜」という言葉を聞くと、もうすでに羊子さんワールドに入ってしまう自分がいました(笑)

 先ほどまでの熱いステージと負けないぐらい、キーボード一台だけで見事に歌い上げる羊子さん。余計な音がないだけに、聞くほうも歌に集中できました。

 今回は、短い時間ながら新曲も交えて、トークこそはなかったものの、新しい一面を見せてくれたライブ。元気付けられるような『水分』という曲は最後まで頭の中でリフレインしていました。

秋山羊子公式HPはコチラ

BSIBERIAN-NEWSPAPER〜とっても熱いアコースティック、その視線は世界の隅々まで無限に広がる〜

ASIATIC SPY
ASIATIC SPY

ASEATIC SPY2.gif

 3番手に登場したのは男性7人のインストゥルメンタルグループSIBERIAN-NEWSPAPER。
 オープニングから、その迫力に度肝を抜かれます。
踊るように歌うように奏でるバイオリンや、ずらりと並んだギターたち、そして眼前には見たこともないような楽器(長〜〜〜い笛のような・・・)や小物を操る人が・・・

 面白いなと思ったのは曲のタイトル。
『僕の村は戦場だった』、『柵から逃げだし亡命する軍馬の話』など、ちょっと普通のアーティストは違う、世界に目が向いているような曲を作るグループなのだなととても興味を惹かれました。

 曲の出だしはバイオリンで優雅に、癒される雰囲気なのですが、曲が進むにつれて会場の温度を2、3度上げるぐらいの盛り上がりよう。ハンパじゃなかったですよ。

 実に楽しそうに、そしてその場のセッションを楽しんでいたSIBERIAN-NEWSPAPER。演奏しているメンバーの表情を見ているのも楽しかったです♪

SIBERIAN-NEWSPAPER公式HPはコチラ

Cはじめにきよし〜念願ののこぎりサウンドは、天使のささやきの如く星空へ導く〜


楽


 ラストを飾ったのは はじめにきよし。結成して12年とこの日出演したアーティストの中でもキャリアはダントツですが、そのキャリアを十分に感じさせる、リラックスムードで始まりました。

 ギター、のこぎりのさきたはじめさんと、ピアニカの新谷きよしさんのアコースティックデュオ。漫才のボケとツッコミのような役割分担も絶妙。3度ほど上がった会場の温度も笑いでまた温度をキープ(爆)。ほんとウマイです。

 ねこをテーマにした肩の力を抜いてリラックスして聞ける曲たちが続いた後に、ついに登場したさきたはじめさんの”のこぎり”。
 『満天の星を見上げながら』という曲で初めて奏でられたのこぎりの音色は、人か天使が囁くような美しく儚い音色。HEPHALLが星空の下にワープしたような気分で気持ちよく聞いていると、流れ星がいくつか流れていきました。

はじめにきよし公式HPはコチラ

 大人にふさわしいライブのラストは、静かに「おやすみなさい」で締めくくられ、贅沢な一夜が観客一人一人の思い出に残ることと思います♪
posted by MusiCafe♪ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

47秒で完結する世界に秋山羊子さん登場!@47(ヨンナナ)

47.jpg

 今日は新しい携帯音楽サイトをご紹介します♪

 47(ヨンナナ)というとてもシンプルなネーミングのこのサイト。普通の着うたではなく、まさにこの47秒で一つの曲を完結させてしまうという、とてもユニークで興味深い企画。

 ヨンナナのために楽曲が作られ、それが携帯サイトからダウンロードできるのですが、その第一弾アーティストとして昨年オリジナルアルバムを発表してから精力的に全国でライブ活動を行っている秋山羊子さんが楽曲を提供しているのです。

 秋山羊子さんといえば、18日(日)にHEP HALL で行われる「FIVE STAR Music」にも出演で、もうすぐ大阪で生声を披露してくれるMusicafeイチオシのアーティスト。
(過去の関連記事は、トップ画像下の「秋山羊子」タグをクリックして見て下さいね。)

 彼女の持つアコースティックなサウンドと語りかけるような歌声が47(ヨンナナ)に提供されている第1弾の『木』で堪能できますよ。

 47秒が短いのか、意外と長いのか・・・それは聞いてみてのお楽しみです。ご興味ある方は、是非ダウンロードしてみて下さいね!
 他にも近藤智洋さん、榊いずみさんがラインナップ、今後も続々曲が追加される予定。

詳しくはコチラ
ラベル:秋山羊子
posted by MusiCafe♪ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

2007年03月04日

Sweet And Savage/Los Indios Tabajaras

Sweet and Savage
Sweet and Savage


Los Indios Tabajaras(ロス・インディオス・タバハラス)の『Sweet And Savage』を紹介します。続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

ぼくの好きなJAZZvol.3ジャズ開花宣言。最初の1枚。@中寺ハウス

ぼくの好きなJAZZ
ぼくの好きなJAZZ

ぼくの好きなJAZZ.jpg

 今日は、『みちしたの音楽』の道下克己さん他によるJAZZレクチャー&ライブ、ぼくの好きなJAZZvol.3ジャズ開花宣言。最初の1枚。@中寺ハウスをご紹介します。

 昨年12月に行われたぼくの好きなJAZZvol.2冬はこれから。採暖ジャズ@中寺ハウスの第3弾。

 谷町9丁目にある昭和40年代の一軒家、中寺ハウスで行われるレクチャー&ライブは目の前で道下さんとピアノ担当でジャズ講座なども好評な田村文利さんが絶妙のトークを繰り広げます。

 今回はこれからジャズを聴いてみようという人のために、最初の1枚としてオススメのアルバムを紹介してくださるとか。
ライブも交えながら、随時質問もできるとてもアットホームな雰囲気。楽しくためになるレクチャーと目の前で繰り広げられるジャズに酔いしれるとても贅沢な時間。

 ジャズは聴きたいけれど、何から聴いたらいいのか分からない・・・という初心者の方にはオススメですよ♪

 尚、レクチャー&ライブby『みちしたの音楽』の出張にも応じてくださるとのこと。
自分のお店、公共の施設、わたしのおうちで・・・など相談に応じてくださるそうです。次はみなさんの馴染みのカフェで・・・というのも楽しいですね。



ぼくの好きなJAZZvol.3ジャズ開花宣言。最初の1枚。@中寺ハウス

日時:2007年3月10日 開場 15:00〜 開演 15:30〜
料金:前売 ¥2000 当日 ¥2300 (いずれも1ドリンク付き)
予約、問い合わせ 『みちしたの音楽』おんがくの教室
          06-6768-9119
         HPはコチラ
場所:中寺ハウス
    大阪市中央区中寺2丁目4-21
    当日連絡先 090-9696-5143
    HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

いよいよ今日から前売り開始!今年初の秋山羊子さん大阪ライブ@HEP HALL

no-title

 今日は昨年のJACK LIONでの大阪初ライブに続き、この3月に行われる秋山羊子さんの大阪ライブ情報です。

 3月18日(日)に梅田のHEP HALL(HEP FIVE8階)で開催されるHEP HALL presents「FIVE STAR Music」

 大阪では昨年に続き2回目のライブとなる秋山羊子さんをはじめ、共演バンドも魅力的なラインナップ。
 のこぎりミュージックとして最近話題沸騰中のサキタハヂメとピアニカの新谷キヨシのデュオ、はじめにきよしやアコーディオン、チェロ、ギターの調べでヨーロピアンなネーミングも期待できるザッハトルテなどカフェミュージック好きならハマルこと間違いなし!
 全体的にアコースティックでリラックスできそうなライブになりそうですね。そして、この中で羊子さんがどんなパフォーマンスを見せてくれるのかとても楽しみにしています。

 前売りは今日からプレイガイド他で発売開始!
興味のある方は是非チェックしてみて下さいね♪

HEP HALL presents「FIVE STAR Music」

日時:2007年3月18日(日) 
    開場 17:30   開演 18:00
料金:¥3000(全席指定)/¥2500(立見)
出演:秋山羊子、はじめにきよし、SIBERIAN-NEWSPAPER、ザッハトルテ
取り扱いプレイガイド:電子チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:251-683)
           ローソンチケット 0570-084-005(Lコード:52110)
           CNプレイガイド 0570-08-9999
           イープラス http://eplus.jp/
           HEP HALL 06-6366-3636(11:00〜20:00)
※小学生以上有料/未就学児童は無料。(大人1名につき、子供1名まで同時入場可)
※立見は整理番号順入場です。
問い合せ:HEP HALL 06-6366-3636 info@hephall.com
     サウンドクリエーター 06-6357-4400 http://www.sound-c.co.jp

ラベル:秋山羊子 ライブ
posted by MusiCafe♪ at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

キミナリ(聴見稲荷) 〜ミミナリ(耳見稲荷)〜

ミミナリ1.jpg
 今日はキミナリ(聴見稲荷)の『ミミナリ』をご紹介します。

 このCD&DVDは昨年秋にレポートをアップした神戸、稲荷市場の『artinary』というイベントの中で「キミナリ(聴見稲荷)」というブースにて出展されていた作品です。
artinary-kiminari.jpg

 稲荷市場やその周辺の音を録音し、それらを音源の一つとして重ねてオリジナルな音楽を作り出すというとてもユニークな試み。
ブースではそれらを試聴することができ、希望者にはリリース予定のCD&DVDをいただけるとのことでもちろん応募(笑)

 あれから数ヶ月が経ち、ようやくこの手作りCD&DVDを手にすることができました。
 曲はもちろんオリジナル、普通にカフェで流れていても違和感のない聴き心地の良いものから、前衛的なものまで、バリエーションは豊富です。

 稲荷で採集した音も収められていて、それらがなかなか味わい深いのです。私のお気に入りは「ある日の中畑ホルモン」と「市場のシャッターが開く」。聴いていると元気が出てくるような活気に満ち溢れた「生きている音」が新鮮ですよ。

 DVDでは、それらの音に稲荷市場やその周辺の風景を重ねた映像や、「街のリズム(住みコミMAP)」ではこの作品の製作者である住みコミュニケーションプロジェクトのメンバーと思われる人たちが稲荷市場などでノリノリで踊っていて、とても楽しそう〜♪
「kitsune_no_yomeiri」は映像にもかなりアレンジが加えられ、こだわりが感じられます。

ミミナリ2.jpg
 収録曲目などは↑をダブルクリックしてご覧下さい。

 町おこしとして、感性溢れる若い世代が昭和の香りが残る稲荷市場で行っている住みコミュニケーションプロジェクトの活動は、少しずつ着実に根付いていって、その表れがこのCD&DVDなんだろうなと実感。その結晶となる本作を手にさせてもらったことに感謝しています。
できれば、たくさんの人に住みコミュニケーションプロジェクトの活動やこのCD&DVDのことを知ってもらいたいですね。
きっと、みなさんの近くにも稲荷市場のような場所はあるはずだから・・・
posted by MusiCafe♪ at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

はまりこむと深いんです♪@ふちがみとふなと

ひーのわるつ.jpg

 昨年後半、秋山羊子さんの『指一本で倒されるだろう』と共にco-fuque cafeでヘビーローテーションの一角をなしていたのが、今日ご紹介する「ふちがみとふなと」です。

 私もco-fuque cafeで耳にするまでは全然知らなかったのですが、ノンジャンルのアースミュージックとでも言いましょうか・・・とてもナチュラルで、味があるボーカル渕上純子さんとベース船戸博史さんのユニットなのです。

 オーナーのこふくまりさん曰く、ライブがまたいい!のだとか。
この「ふちがみとふなと」つながりで見つけたテキスタイルデザイナー伊藤尚美さんの個展(オープニングパーティーゲストで「ふちがみとふなと」が出演)でも、伊藤さんに「ふちがみとふなと」のことを話するやいなや、とても盛り上がってしまいました(笑)

 それぐらい、ライブにいったことのある人はみなお友達気分になれるような独特の味を醸し出す「ふちがみとふなと」。京都や関西を中心に地方のカフェなどでもライブを精力的に行っているので、是非サイトをチェックしてみて下さいね♪

ふちがみとふなと 公式サイトはコチラ
ラベル:co-fuque cafe
posted by MusiCafe♪ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

コンピレーションアルバム 〜cappuccino〜

Cappuccino
Cappuccino


 90年代のヒット曲もこんなにくつろげる音楽になるんですね♪

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Musicafe♪】おすすめ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。