新着トピックス

2009年01月20日

ELEPHANT FACTORY COFFEE<エレファント ファクトリー コーヒー>(河原町 珈琲店)

elephant coffee-out.JPG

 今日は、京都河原町にあるELEPHANT FACTORY COFFEE<エレファント ファクトリー コーヒー>をご紹介します。

 河原町通りを三条方面に北上、路地に入っていくとビルの2階に象のマークが・・・繁華街の隠れ家にふさわしい、ちょっと探すのに苦労する場所ですが、中に入ってみると・・・

elephant coffee-in1.JPG

 窓際に長いカウンター席が配置され、ランプの灯りがやさしく照らす空間。一人でふらりと入ってもくつろげるようになっています。

elephant coffee-coffee.JPG

 珈琲は、北海道美幌で自家焙煎豆を使用。酸味控えめのすっきりとしてコクのある味わいは珈琲好きにはたまりませんね。

elephant coffee-table.JPG

 カップ&ソーサーをはじめ、灰皿やシュガーポットにもオリジナル象印が。すっきりした店内のアクセントになっています。

elephant coffee-book.JPG

 村上春樹の小説から店名をつけた同店では、中古本も店内で販売。
BGMはJAZZ・・・かと思いきや、意外とスウィングやアイリッシュ系もありのワールド仕様で、静かすぎることもなく(笑)、くつろげる雰囲気です。

本を片手に長居できる、珈琲好き、本好きにはうれしい河原町の隠れ家として、是非覚えておいてほしいお店ですよ。


ELEPHANT FACTORY COFFEE<エレファント ファクトリー コーヒー>(河原町 珈琲店)

■住所 京都市中京区蛸薬師通木屋町東入ル備前島町309-4 HKビル2F
■電話番号 075-212-1808
■営業時間 13:00-21:00
■定休日 木曜
■その日のBGM ワールド系
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

インキョカフェ(一乗寺 カフェ、バー)

インキョカフェ-out.JPG

 今日は京都、一乗寺にあるインキョカフェをご紹介します。

 京阪出町柳駅から叡山電車に乗り、2両の電車にゆらゆら揺られて着いた一乗寺駅から徒歩1分という非常に便利な場所にあるインキョカフェはこの9月にオープンしたニューフェイス。

インキョカフェ-in.JPG

 落ち着いた雰囲気は、ずっとそこにあったかのように馴染んだ感じがします。シンプルなこげ茶の壁面には看板のイラストも手がけたハルナチコさんのイラストが至る所に。

インキョカフェ--lunch.JPG

 ランチは肉か魚かが選べます。盛り付けもキレイで、上品な雰囲気。

インキョカフェ-bread.JPG インキョカフェ-coffee.JPG

 天然酵母のパンは、オリーブオイルをつけても、ソースをつけても、何をしても美味しい!コーヒーもしっかりした味で、パン好き、コーヒー好きも満足できますよ。

 昼間でもずっしりとしたJAZZが流れるお店。一乗寺の風情も相まって、くつろげました。夜にはさらに雰囲気が良さそう。長いバーカウンターでJAZZに耳を傾けながら一杯もいいですね。


インキョカフェ

■住所 京都市左京区一乗寺里ノ前町5
■電話 075-724-2341
■営業時間 木曜日
■定休日 12:00-14:30、18:00-23:00
■その日のBGM しっかりとしたJAZZ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

cafe KOCSI<カフェコチ>(三条 カフェ)

cafe kocsi-out.JPG

 今日は、河原町三条にあるcafe KOCSI<カフェコチ>をご紹介します。

 あえて最寄駅といえば地下鉄の京都市役所前駅ですが、阪急四条烏丸か四条河原町からも徒歩で行けます。

 昨日の看板を目印にビルの2階へ上ると、扉を開けた空間は・・・

cafe kocsi-in  (2).JPG

 カオスな空間!緑の壁面が特徴的な店内は、さまざまなタイプのソファーやミニ図書館のように揃った本、レトロな雰囲気もするしと、なかなか面白く、そしてくつろげる空間。

cafe kocsi-sand.JPG

 ランチメニューにあるサンドイッチ。チャバタ他パンは店内で焼かれる手作りですが、これが本当に美味しい!!!噛みごたえがあり、パン好きにはたまらない味です。

 男性スタッフオンリーというのも珍しい、自然体でくつろげる、アートの香りも漂う店内(お手洗いも!)。京都散策の隠れ家として、ぜひ足を運んでいただきたいカフェですね。


cafe KOCSI<カフェコチ>

■住所 京都市中京区富小路三条上ル福長町123 黄瀬ビル2F
■電話 075-212-7411
■営業時間 12:00-23:00
■定休日 木曜日
■その日のBGM ボサノバ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

はちはちinfinity cafe(二条 町屋カフェ、ベーカリー)

hatihati-infinitysign-2.JPG

 今日は京都にあるはちはちinfinity cafeをご紹介します。

 久々の京都訪問、簡単には行けないような落ち着ける場所を目指して向かったものの、地図を片手にやはり迷う(汗)

 昨日の看板を見つけ、路地裏を奥に進むとお店の前にも看板が。

 そして、お店は・・・

hatihati-infinity-out.JPG

 普通の一軒家のたたずまい。ガラガラと戸を開け、靴を脱いでおうちの奥へ。

hatihati-infinity-in1.JPG

 築90年の家を改装したという店内は、窓から外の森のような木々が見え、本当に京都にいるのかと錯覚してしまうぐらい、いい意味で別世界。

 家具や照明なども工夫がこらされ、手作り感とその中に潜むこだわりを見つけるのがまた楽しい。

hatihati-infinity-sandwitch.JPG

 遅い時間でしたが、サンドイッチプレートを作ってくれました。
3種類のパンの個性が生かされた具材で、ここにしかないサンドイッチに満足。

hatihati-infinity-bread.JPG

 こちらで焼かれているパンは、食事に合うドイツパン。天然酵母のライ麦パンやパン・ド・カンパーニュなど、シンプルで噛めば噛むほど味わい深いパンは人気が高く、夕方にはもうこれだけでした(笑)

hatihati-infinity 037.JPG

 この日のBGMはえま&慧奏の『いのちのしま』。
この空間で、二胡を交えてのアースミュージックが流れてくると、雑念が取り払われ、心穏やかになります。

 自身もギターを弾くという店長は音楽イベントにも力を入れていらっしゃり、こんな不便な場所にこんな人が・・・というような豪華アーティストのアコースティックライブも不定期で行われています。

 ギター、シタール、アコーディオン、尺八、ガメラーン・・・アコースティックはほぼ制覇というぐらい、逆にいえばアーティストさんたちからもここで・・・とライブをしたい場所になっているのでしょうね。

 足を延ばしてでも行きたい場所とはまさにここだなと思わせる、いい時間を過ごせるお店ですよ。

 
はちはちinfinity cafe

■住所 京都市上京区山王町506
■電話  075-451-8792
■営業時間 12:00 - 20:00
■定休日 水、木曜日
■その日のBGM 『いのちのしま』/えま&慧奏
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

coffee house拾得(二条 コーヒーハウス、ライブハウス)

zittoku-out.JPG

 今日は京都の老舗ライブハウス、coffee house拾得をご紹介します。

 昨日レコ発ライブを行った「ふちがみとふなと」さんのホームグラウンドでもあるcoffee house拾得さん。

 二条城近くの住宅地の中に馴染んで現れるその外観は、とても風情があります。古い蔵を改造したという同店は1973年からコーヒーやおいしいごはんが食べられるライブハウスとして愛され続けています。

zittoku-in.JPG

 店内は、少し穴倉っぽい雰囲気で、座敷もあれば大きな丸いテーブルなどがあり、上からは丸いちょうちんのようなランプがともって、落ち着いた雰囲気。

 天井が高いので気持ちがいいですね。

zittoku-taruto.JPG

 ライブまでにたくさんの方が食事をされていましたが、ご飯ものも充実していておいしそう♪こちらはきのこのタルト。あて系もおいしそうなのがいろいろありました。

 ゆったりとくつろぎながら、ライブを楽しめるとてもいい空間。
一度ぜひ行ってほしい、おススメスポットですよ。


coffee house拾得

■住所 京都市上京区大宮通下立売下ル菱屋町815
■電話 075-841-1691
■営業時間 17:30〜24:00(ライブ 19:30〜21:00)
■定休日 サイトでご確認ください
■地図はコチラ
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 10:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

六曜社珈琲店(三条 珈琲店)

画像 030.jpg

 今日は、三条にある老舗珈琲店六曜社珈琲店をご紹介します。

続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

cafe independent<カフェアンデパンダン>(三条 カフェ)

independent-menu.jpg

 今日は京都の三条にあるcafe independent<カフェアンデパンダン>をご紹介します。

 続きを読む
posted by MusiCafe♪ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

BonBon Cafe<ボンボンカフェ>(今出川 カフェ)

bonbon-out.jpg

 今日は今出川の鴨川沿いにあるBonBon Cafe<ボンボンカフェ>をご紹介します。

bonbon-terasse.jpg

 京阪出町柳駅から賀茂大橋を渡ってすぐの好立地。オープンテラスがあるBonBon Cafeは外からふらりと入って鴨川を眺めながらのランチやお茶が出来るのもポイント高しですね♪

bonbon-sandwitch.jpg

 ランチメニューのサンドイッチ(サラダ、ドリンク付き)¥600
フィッシュ&チップス風のサンドイッチランチはスパイスの効いたポテトがたっぷり。散歩のついでの軽食にピッタリです。

bonbon-lunch.jpg

 オムレッツセット(パン、サラダ、ドリンク付き)¥800
プレーンオムレツにクリームソースの組み合わせが美味♪

bonbon-latte.jpg

 こちらのラテはかわいい模様入り。「クマですか?」なんて失礼なことを聞いちゃだめですよね(汗)それでもにこやかに応対してくださり、ホッとしました。

 鴨川の向こうには大文字焼きで有名な大の字が山肌に浮かんでいるのが見え、それだけで「京都にいるんだ〜」という気分が高まります(笑)テラスの隣が今出川通りなので、車の行き来する音でやや騒がしいですが、それでもこの季節のテラス席はやはり狙いたいところ。

 店内はまたぐっと落ち着いたバーっぽい雰囲気でくつろげそう。
立地がいいので覚えておくと使えるお店ですよ♪

BonBon Cafe<ボンボンカフェ>

■住所 京都市上京区河原町今出川東入加茂大橋西詰
■電話 075-213-8686
■営業時間 12:00〜22:00
■定休日 なし
■その日のBGM 街の音
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

嘉木<かぼく>(寺町二条 和喫茶)

嘉木sign.jpg

 今日は日本茶の老舗、一保堂茶舗本店内にある日本茶喫茶の嘉木<かぼく>をご紹介します。

 京都に本店を構える日本茶専門店の老舗一保堂さん。京阪丸太町駅や地下鉄京都市役所前駅が最寄駅となる寺町二条にある同店のまわりは京都らしい風情が漂い、街歩きをするのにも気持ちのいい場所。

嘉木out.jpg

 老舗らしい風貌の店構えにうっとりしながら、日本茶店直営の喫茶でどんなお茶がいただけるのか期待が高まります。

嘉木in.jpg

 店内は凛とした雰囲気で、BGMもなくとても静か。気持ちを落ち着けてお茶をゆっくりといただけそう。和な気分になれますね♪

嘉木tea.jpg

 特選宇治新茶(お茶菓子とセット)¥525をセレクト。
こちらでは「淹れるところからご自分で」というスタイルで、各席に時計が置かれているのも、蒸らし時間を自分で計るためなのです。

 このようにお茶を淹れるセットとポットが運ばれてきて、まずはお湯を適温にする(二つの湯のみを用意してお湯を移し替える)ところから始まり、適温にしたお湯を急須に入れて30秒(茶葉により異なるそうです)置く。そして、最後の一滴まで注ぎきると一通り説明をして下さいます。 

嘉木tea1.jpg

 新茶の初々しい香りを堪能しながら、自分で淹れたお茶ということで満足感も(笑)口に含むと、これが新茶の味なのかと絶句するぐらいのおいしさ。本当に贅沢なひとときです。

 2、3煎目はもう少し湯をぬるめにさまし、蒸らさずに一気に注ぎきるとのことで、お茶菓子をいただきながら自分で淹れる日本茶を飲む・・・かなり楽しい作業です♪

嘉木chaba.jpg

 急須の中にはこんなにたっぷりの茶葉が・・・その色も美しいですね。日本茶専門店ならではの贅沢をリーズナブルに堪能できました。

 京都観光の休憩にもオススメ。いただけるお茶の種類も多いので、訪れる度に色々な茶葉を試してみるのもいいかもしれませんね。
おいしい日本茶の淹れ方もさりげなく学べるので、日本茶好きなら外せないですね♪

嘉木<かぼく>

■住所 京都市中京区寺町二条上ル常盤木町52
■電話 075-211-3421 
■営業時間 11:00-17:00
■定休日 年中無休(年末除く)
■その日のBGM なし
■HPはコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

御多福珈琲(河原町 喫茶)

オタフクsign.jpg

 今日は河原町にある純喫茶御多福珈琲をご紹介します。

 阪急河原町駅の10番出口を出てすぐのところというバツグンの立地。この看板を見つけたら・・・
 
オタフク-ladder.jpg

 地下に下りる階段の奥には魅惑の世界が・・・(笑)
先日毎月15日に開催される百万遍の手作り市で出店されている様子をレポートしましたが、御多福珈琲さんのスタートは百万遍の手作り市をはじめとした手作り市への出店だそうで、この地にお店を構えてからもうすぐ3年。これだけ老舗の喫茶店が多い京都の中で御多福珈琲さんが人気を呼んでいる理由は珈琲の美味しさとマスターのトーク♪

オタフク-in.jpg

 入店するとカウンターの奥には手作り市でお見かけしたマスターが!ラッキーなことに午前中だったのでお客さんが他にいらっしゃらずマスターのトークを堪能するのに絶好のタイミング(爆)

 店内はカウンター席の他にテーブル席もあります。地下らしく落ち着いたちょっと懐かしい雰囲気にBGMのジャズがしっくりと馴染みます。マイルス・デイビスから矢野沙織まで、ご自身もドラムを叩かれるというオーナーは音楽面でもこだわりがありそう。

オタフク-coffee.jpg

 珈琲をオーダーして、先日の見本市で珈琲をいただいたことなどを話始めると、話はいくらでも広がっていきます。
そうこうしているうちに、香りのいい珈琲が入りました。

「当店自慢のブレンドコーヒーです。どうぞ♪」
とたっぷり入ったブレンドコーヒー¥400は飲みやすくクセのない味。
コーヒーと会話をするように淹れていただいたコーヒーは本当に美味しかったです。

オタフク-counter.jpg

 タイガースが勝った時には買う!という猛虎党のマスターだけあって、カウンターにはスポーツ新聞が(前日久しぶりにタイガースの勝利!)。人とのつながりがうれしいとおっしゃるだけあって、その後常連のお客さんがいらっしゃったときもこちらに紹介して下さり、それでまた会話が弾んだりと一人でコーヒーを飲みに行ってもお友達を作って帰れそうなお店。

 立地がとてもいいので、ちょっとコーヒーとして使えるのですが、それだけではもったいない、遠方のファンが多いのも分かる気がする(御多福珈琲公認ファンサイトをご覧下さい)楽しい喫茶店です♪

御多福珈琲

■住所 京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町609
■電話 075-256-6788
■営業時間 10:00-22:00
■定休日 毎月15日(百万遍手作り市出店のため)
■その日のBGM JAZZ
■御多福珈琲公認ファンサイトはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

本日オープン♪@手作りパン・お菓子工房のHoneyAnt

tezukuri-otafuku-out (2).jpg

 先日ご紹介した百万遍手作り市で見つけたのが、手作りパン・お菓子工房のHoneyAnt
手作りパン・お菓子の注文販売をはじめ、百万遍や上賀茂の手作り市などでも出店、ベーグルなどが人気を呼んでいるお店です。

tezukuri-otafuku-out (1).jpg

 数あるお店の中でようやく見つけたときには、開店から1時間半ぐらいですでにベーグルセットが売り切れ。やはり人気商品はみなさんよくご存知で・・・プレーンなベーグルからさまざまなドライフルーツが入ったものまでバリエーションも豊富。

tezukuri-otafuku-out (11).jpg

 「チェリーとカシュナッツのベーグル」
ベーグルはかなりモチモチとして食べ応えあり、チェリーの酸味とナッツの香ばしさがアクセントになって美味しかったです♪

 その Honey Antさんが本日カフェをオープンしました♪
メニューはベーグルだけではなく、国産小麦をベースにした手作りパン各種を使ったサンド系が中心となるようで、パン好きは是非チェックしたいお店になりそうですね。

cafe Honey Ant

住所:京都市北区北野紅梅町76
電話:075-463-1529
営業時間:10:00-22:00
HPはコチラ
地図はコチラ




posted by MusiCafe♪ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

みつばち(今出川 甘味処)

mitsubashi-out.jpg
 
 今日は、京都の今出川にある小さなあんみつ屋さんみつばちをご紹介します。

 京阪出町柳駅から河原町通りに出て南へ下ると昨日の看板を目印に商店の並びに小さな甘味処が・・・
お店の入り口ののれんのイラストのかわいらしさに目を奪われながら、お店の中に入ると・・・

mitubashi-in.jpg

 和スイーツのお店にしては少しエスニックな雰囲気もするようなベージュの土壁の風合いのある壁面に、個性的な絵が飾られアクセントになっています。

 2〜3人がけのテーブル席がいくつかあり、反対側には相席もできる大テーブルが置かれ、BGMもとても控えめ。外は暑くても、店内は静かな空気が流れているようです。さすがは京都、せわしなさはありませんね(笑)

mitsubachi-anmitsu.jpg

 看板メニューは素材にこだわって手作りの寒天を使用したあんみつ¥500。シンプルなあんみつをと思っていたら目の前でこれは間違いなく美味しいであろうと思われる色合いの抹茶アイスが乗っている抹茶クリームあんみつが運ばれてきて、思わずオーダーをチェンジ!(爆)
相席効果とでも言いましょうか、聞くとその方も、隣で食べていた方の抹茶クリームあんみつを見て即決したのだとか。
それほどまでに伝染力を持つ(笑)抹茶クリームあんみつ¥600は、期待を裏切らない上質な抹茶アイスとさっぱりとしてのどごしのいい寒天、そして黒蜜がたまらなく美味♪最初に出してもらったお茶と一緒にあっという間に食べてしまいました。

 ところ天などのメニューもあるほか、あんみつはテイクアウトや地方配送もできるようです。
これからの季節は特に食べたくなるあんみつ。一人でも気軽に立ち寄れ、こだわりのあんみつをいただける素敵なお店ですよ。

みつばち

■住所 京都市上京区河原町今出川下ル梶井町448-60
■電話 075-213-2144
■営業時間 12:00-18:00
■定休日 日曜、月曜
■その日のBGM 落ち着いたボサノバ
posted by MusiCafe♪ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

御多福珈琲(毎月15日百万遍手作り市)

tezukuri-otafuku-out.jpg

 今日は京都の知恩寺で毎月15日に開催されている『百万遍手作り市』に毎月出店している御多福珈琲をご紹介します。

 すっかり地域でも定着し、今や出店するのに事前に抽選が行われるぐらい注目を集めている『百万遍手作り市』。
現在四条河原町にお店を構え人気を博している御多福珈琲さんのスタートはこの『百万遍手作り市』だそうです。毎月15日は河原町のお店を閉めてこちらで手作り市に来ているたくさんのお客さんにコーヒーを淹れ続けていらっしゃいます。

tezukuri-otafuku-master.jpg

 とにかくお客さんの多い手作り市。中でもひときわ行列があるのがこちらですが、マスターと女性スタッフが丁寧にペーパードリップでコーヒーを淹れています。アウトドアでいただく淹れたてのコーヒーはことの他おいしいですよね♪
しかも1杯¥200!人気が出るのも分かります〜

tezukuri-otafuku-goods.jpg

 置くだけで部屋のアクセントになりそうな御多福珈琲マッチ(2箱¥100他)も思わずお土産にと手が伸びます(笑)

tezukuri-otafuku-coffee.jpg

 看板と同じ、にっこりとコーヒーを持って微笑む御多福さんのスタンプ入りの紙コップに注がれたアツアツのコーヒー。100件は有に越える(数えきれません・・・)手作りのお店たちを廻るのに、うれしいコーヒーブレイクができますよ。

 お店の原点である手作り市への出店。是非続けてほしいですね♪

手作り市HPはコチラ

ラベル:コーヒー
posted by MusiCafe♪ at 17:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

よーじやカフェ三条店(三条 カフェ)

 yoziya-cafe1.jpg
 今日は、女性に大人気のあの横顔がラテの上にもと評判(笑)の、よーじやカフェ三条店をご紹介します。

 よーじやといえば、女性にとっては京都限定の油とり紙のお店(最近は羽田空港にお店が出来たそうですが)として多大な人気を誇っているのですが、そのよーじやがカフェ・・・期待が高まります♪

 よーじや三条店は京都の繁華街であり、オシャレなカフェも多数並んでいる麩屋町通と三条通が交差する所に位置しています。
平日の夕方という普通ならカフェのオフタイムとなりそうな時間でも、お客さんで賑わっており、よーじや人気を肌で実感しますね。

 他にも嵯峨野嵐山店や銀閣寺店があり、そちらは風情がある趣に仕上がっていますが、こちらの三条店はモダンなインテリアで、白や赤が映えるすっきりしたデザインが目を引きます。
BGMもしっかりとJAZZ。普通のカフェっぽく、気軽に普段遣いできそうな雰囲気ですね。

 カフェメニューの他にもピザやパスタなど、洋風なメニューが並びますが、スイーツは和をアレンジした和スイーツが見られるのはさすが京都か(笑)
yoziya-sweet.jpg
 ちなみにこの和パフェ¥500の底には、パリッとしたおたべ(はっかが効いた京都みやげの定番、お煎餅風のもあるんです!)が入っており、きなこアイス、黒砂糖の白玉、黒蜜羊かんと和の素材が盛り込んであり、お手軽な価格設定がウレシイ。
 
 そして、ここで絶対オーダーすべしのカフェラテは、上記のノーマルなラテのほか抹茶ラテもあります。
出てきただけで感動のよーじやラテですが、せっかくなので百面相もどきを・・・
yoziya-cafe3.jpg
 ほら〜〜〜眉毛をつけてニヤリと笑うと・・・ちょいワル風でしょ〜(爆)

 併設されている店舗では、もちろんよーじやの油とり紙をはじめ、さまざまなアイテムが販売されており、お土産用にセットされたグッズも販売されています。
yoziya-goods.jpg
 このような期間限定商品も扱っているので、よーじやファンとしてはラテで楽しみ、最新グッズを手に入れることができと、一度で二度おいしいって感じでしょうか〜

 東京でもこのよーじやカフェはテレビで紹介され話題になっているそうで、今や全国区の人気と注目を集めているお店です。話のネタにも一度行ってみたら楽しめるし、ちょっと自慢できるかも♪♪♪

よーじやカフェ三条店

■住所 京都市中京区三条通麩屋町北東角
■電話 075-221-4503
■営業時間 9:00〜21:00(無休)
■メニュー カプチーノ¥550 抹茶カプチーノ¥650 和パフェ¥500他
■BGM Jazz
■HPはコチラ
■地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 12:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

CAFE Cento Cento(京都:イタリアンカフェ)

CentoCento.jpg
 京都三条高瀬川沿いにある人気カフェCento Centoの京都駅ビル屋上階にある京都駅ビル店。
新しくなり、独特の空間デザインがなされたJR京都駅上の展望廊下から長いエスカレーターで降りてくると、屋上庭園の向こうにガラス張りに白いソファーが映える素敵なカフェが・・・

 店内には赤いソファ、ガラスを隔てたテラス席は白いパラソルの下に座り心地のよい白いソファーが。駅のデザインに合わせたクリスタルな雰囲気の中で赤と白の色のコントラストがきれいに映えています。
ちなみに、テラス席は冬なので寒くないようにと足元に暖房やふかふか膝掛けの配慮が、冬でもテラスの開放感が味わえます。

 BGMはボサノバからアジアンミュージックまで幅広い選曲。テラス席にも2箇所にスピーカーがありますが、音量もほどよいので心地よく流れる音楽に耳を傾けることができます。

 そしてランチは、スープからはじまり、前菜盛り合わせ、パスタ(2種類から選べます)、ドルチエ、ドリンクと盛りだくさん。
立地はいいけれど、人の流れがある場所ではないので意外と穴場。ゆったりとした時間が流れ、気持ちよいカフェタイムを過ごせますよ。

 京都駅近くはここぞといったカフェがなかなかないのですが、ここはまた行きたいと思えるオススメカフェですね。

■住所     京都市下京区烏丸塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル内京都劇場7F
■電話     075-361-7939
■営業時間   11:30〜22:30
■メニュー   ランチ¥1000 ケーキセット¥800
■BGM    bossa nova、asian music・・・
■HP     公式ではありませんが、紹介記事あり コチラ 


これで、前菜・・・ボリュームもあり感激です(笑)
Centozensai.jpg地図はコチラ
posted by MusiCafe♪ at 17:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 【Shop】京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。